はじめての方はご登録ください(無料)会員登録
search

2018年11月17日(土)更新

新入社員研修

新入社員研修を行うのは何のためでしょうか? 会社の“慣習”、“決まり”という理由では、思ったような研修の効果は得られないでしょう。すでに新入社員研修を導入している会社は、今一度その意義や内容について見直すことも必要です。また、新たに導入を検討している会社は、目的を明確にし、内容をよく吟味した上で計画を立てるようにしましょう。新入社員の中でも、高校や大学卒業後に社会人未経験で入社する「新卒新入社員」と、他社での就業経験があり、転職などの理由で入社する「中途新入社員」がいます。今回は、特に「新卒新入社員」を対象とした研修に焦点を当て、その目的や内容などについて紹介していきます。

新入社員研修 に関するビジネス事例や製品の情報を受取る

新入社員研修の目的

新入社員研修は、なんのために行うのでしょうか。改めて目的を確認してみましょう。

ビジネスマナーや基本行動などの社会人スキルの習得

社会人経験のある中途新入社員とは違って、新卒内定者の多くは社会人の経験がありません。当然のことながら、ビジネスパーソンとして身に付けておくべきマナーや基本行動などもほとんど知らないといっていいでしょう。

会社に入ると、社内の先輩社員たちはもちろんのことですが、お客さまや取引先の方々など、たくさんの人たちと接することになります。人の印象で会社の印象が決まるといってよいほどですので、入社したばかりの新人であろうとなかろうと、ビジネスパーソンとしての常識ある立ち居振舞いが重要になってきます。

相手に失礼のないように、また、会社のイメージダウンにならないように、まず、社会人に必要とされる最低限のスキルを習得させるのが、新入社員研修の目的であるといえます。

早期離職の防止にも

新入社員に社会人スキルをしっかり習得させ、早いうちから成功体験を積ませることは、近年の大きな課題とされる早期離職の防止にもつながります。仕事ができるようになり、楽しくなり、より努力し、さらに仕事ができるようになる……といったような、好循環に乗ることができるからです。

【関連】若者の早期離職の理由と対策・防止策をご紹介 / BizHint

企業や事業内容への理解を深める

企業理念、事業目的など、会社自体への理解を深め、それを実現するために会社の一員として何をするべきか、自分の役割を認識し、目標を設定してもらうということは非常に重要です。 “何のために働くのか”ということを、研修を通じて新入社員に理解してもらえるようにしましょう。

自分が働く会社のことをよく理解していなかったり、仕事をする上での目標がなかったりすると、労働意欲が薄れ、新入社員の早期離職につながってしまう恐れがあります。

横のつながりづくりにも

社内に同じような立場の人間がいるというのは、心強いものです。新卒であれば、同期はほぼ同年代。学校でいえばクラスメイトのようなものですから、先輩社員にはいいづらいことでも、同期であれば話しやすいこともありますし、悩みを共有できるといったこともあるでしょう。

また、異なる部署間での情報交換や連携ができることもあります。研修は、新入社員が同期同士でコミュニケーションをとり、横のつながりを作ることができる場でもあるのです。

新人の早期戦力化

社会人としてのビジネス基礎力を身に付けることはもちろんですが、新入社員には、組織の一員として、一日も早く会社の戦力になってもらわなければなりません。

新入社員といっても、実際に配属される部署や職種は多岐にわたっています。配属された現場で活躍できるようになるためには、現場での実践的な教育も必要です。

社会人としての自覚の醸成

新卒新入社員に対して、“まだ学生気分が抜けていなくて困る”という声が聞かれることがあります。社会人未経験、且つ入社したばかりで勝手がわからない新入社員は、社会人経験の長い先輩社員たちからは、“常識外れ”に見えることもあるかもしれません。

研修を通して、新入社員が常識的に行動できるように、つまり、社会人としての自覚を持てるように意識を変えていくことも必要です。

新入社員研修で習得させるべきスキルとは

企業の今後を担う新人育成を考える上で、新入社員研修は非常に重要な意味を持ちます。新人のうちに習得させるべきスキルとは、具体的にどのようなものがあるのでしょうか。

人材育成に関するサービスを提供するトーマツ・イノベーション株式会社が2017年に発表した「人材育成クイックリサーチ」「2017年新入社員アンケート」の調査結果が参考になります。

「1年目に身に付けたいスキル」について、新入社員のアンケート回答結果と、新入社員を受け入れる立場である社員(一般社員、係長・主任、管理職)の声を比較すると、次の図のようになりました。

【図表】新入社員のうちに身につけておくべきスキル(入社1年目のうちに身につけたいスキル)の項目別割合(複数回答可)

【出典】新入社員のうちは、まずは“汎用的なスキル”を身に付けるべき!?/トーマツ イノベーション

大きな傾向としては、「汎用的なスキル」に該当する項目では受け入れる社員の方が高くなる一方、「プレゼンテーション力」や「語学力」、営業や会計など各課で求められる「専門スキル」といった「特定の仕事で求められるスキル」に該当する項目では新入社員の方が高くなっています。

この結果は、汎用スキルに関し、新入社員の自己認識よりも、受け入れ先社員から見て「できていない」ことが多い、と解釈できます。そして人事担当者としては、このようなギャップを意識しつつ、「ビジネスマナー」「傾聴力」「タイムマネジメント力」「論理的思考力」といった、汎用的なスキルの習得にフォーカスしたほうがよさそうです。

【参考】新入社員のうちは、まずは“汎用的なスキル”を身に付けるべき!?/トーマツ イノベーション

新入社員研修の基本的な流れ

新入社員研修は、全体的な新人育成フローの中の一部として位置づけられることが一般的です。また、内定者研修を実施し、入社前から一連の流れとして新人を育成する会社も多くあります。

ここからは、新入社員研修全体の基本的な流れについて解説します。

内定者研修

内定者研修とは、内定式後から入社までの期間に、内定者を対象に実施される研修のことです。内定者との関係維持による内定辞退の防止、同期や先輩社員との人間関係づくり、ビジネスマナーの習得などを目的として行われます。

【関連】内定者研修における内容・時期などの企画ポイントを解説/BizHint

新入社員向けの導入研修(Off-JT)

新入社員研修では一般的に、入社後一定の期間中、職場に属さない状態で実施されます。配属に向け、社会人としての基礎知識やスキルの習得を目的とした研修が行われます。

Off-JTとは

Off-JTとは、「Off The Job Training」の略称です。集合研修やセミナー、座学などのトレーニングを、仕事から離れた場所にて行う教育訓練のことを意味します。訓練に集中できる環境で、体系立った内容を参加者全員に学習させたい場合に適しています。

【関連】Off-JTとは?メリット・デメリット、OJDとの違いとは/BizHint

配属とOJT

カリキュラムの終了後、新入社員は各課へ配属されます。実務も始まりますが、新人育成が終了したわけではありません。先輩社員に付きながら、実践的な仕事の進め方などをOJT形式で学んでいきます。

OJTとは

OJTとは「On-The-Job Training」の略称で、実際の職務現場において、業務を通して行う教育訓練のことを意味します。Off-JTで学習した理論や技術、Off-JTでは教えきれないより実践的な内容を、学習者自身の試行錯誤を通じ血肉となるように習得させたい場合に適しています。

【関連】OJTとは?いまさら聞けないOJTの意味や基礎知識とは/BizHint

フォローアップ研修(Off-JT)

フォローアップ研修は、新入社員研修が一通り終わってから一定期間経過した後で行う研修です。“フォローアップ”という言葉の意味通り、研修終了後の新入社員を継続的に追いかけ、実際に業務を経験してみてどうか、などといったことを振り返り、研修の成果を確認します。

このとき、新入社員が抱えている悩みや不安を聞いたり、さらなるスキルアップのための計画を話し合ったりするようにもしましょう。

【関連】フォローアップ研修とは?目的・対象者やタイミング・実施内容例や研修会社までご紹介/BizHint

期間について

新入社員研修の期間については、1日のみ、数日、2~3週間、1~3カ月、といったように、企業により異なります。

どのくらいの期間が妥当なのか? という疑問が出てきますが、業種や職種、人手不足が深刻かどうか、などによって、適正な期間を定める必要があるといえるでしょう。同時に、効果が十分に得られるような研修内容にすることも大切です。

研修内容一例

それでは、具体的にはどのような新入社員研修が行われているのでしょうか。研修内容の例をいくつかご紹介します。

ビジネスマナー研修

あいさつ、言葉づかい、電話応対、名刺交換、接客などにおける、ビジネスマナーの基本を学びます。座学、グループワーク、ロールプレイなど、研修を行う方法はさまざまです。

コミュニケーションスキル研修

新入社員一人一人のコミュニケーションスキルを向上させることを目的に行う研修です。 仕事をしていく上で、お客さま、取引先、上司、後輩など、さまざまな人たちと円滑にコミュニケーションできる能力は不可欠です。このスキルを高めることで、交渉やプレゼンテーションなどのビジネススキルも高まる可能性が期待できます。

コミュニケーションスキル研修は、座学、グループワーク、ロールプレイのほか、ディスカッション形式で行われることがあります。

ビジネスシミュレーション研修

シミュレーションとは“模擬実験”や“模擬訓練”のことです。

ビジネスシミュレーション研修では、現実的に起こり得るビジネスシーンを想定して、企業活動を模擬体験します。商品の製造から販売までの一連の企画・運営、貿易、会社経営、財務・会計など、体験する内容もさまざまです。

ビジネスシミュレーションゲーム研修とも呼ばれ、ゲーム感覚で業務の疑似体験ができたり、主体的に研修に参加できたりすることから、実際に参加した新入社員の評判はよいようです。

受け入れる現場側の研修も

新入社員は研修が終了すると、いよいよ各部署に配属となりますが、どんなによい研修プログラムであったとしても、配属先が人材を育てる環境でなければ、せっかく研修で学んだことが無意味になってしまいます。

研修の内容と配属先の環境にギャップがあり過ぎると、新入社員の早期離職にもつながりかねません。新入社員の配属先、つまり受け入れ側の先輩社員たちと新入社員研修の内容を共有したり、場合によっては、受け入れ側の心構えなどについての研修を実施したりすることも必要でしょう。

新入社員研修を成功させるポイント

新入社員が会社への理解を深め、成果を出すことができたら、その新入社員研修は成功したといえます。そのために、おさえておくべきポイントを見ていきましょう。

目的を明確に

まずは、研修が終了した段階で、新入社員にどのレベルまで達成していてほしいのかを考えましょう

基本的なビジネスマナーが身に付いていれば大丈夫ということであれば、ビジネスマナー研修を重点的に行ったり、実務のスキルまで身に付けてほしいのであれば、ビジネスシミュレーション研修を取り入れたり、OJTを中心としたプログラムにするなど、目的に応じた内容が見えてきます。

ただ漠然と新入社員研修を行っても、思ったような効果を得ることはできません。ゴールを見据えて、目的を明確にした上で計画を立てるようにしましょう。

現場との連携

新入社員を受け入れる側の先輩社員たちにも研修が必要であると述べたように、新入社員教育を成功させるには、現場である配属先の協力も不可欠です。新人育成は、OJTやフォローアップ研修など、現場と研修を行き来して成り立つからです。

連携が失敗すると、例えば「新入社員の研修満足度は高くても、現場ではあまり役に立たない研修が実施され、現場から不満が募る」「新人育成の全体像や内容が現場に伝わっておらず、育成に必要なOJTが行われない」といった問題が発生します。

また、配属後の教育係を選んでおくのはもちろん、手取り足取りばかりの指導にならないよう、新入社員が将来的に業務を自立して行えるような教え方の工夫が必要です。

目的にあった研修形態を選択する

一口に新入社員研修といっても、その種類はさまざまです。目的にあった形態で研修を行うことがより効果を高めるためのポイントです。

座学

受講者(新入社員)が座り、講師の話を聞くという講義形式のスタイルです。新入社員研修に限らず、いわゆる“研修”によく見られる知識詰め込み型の形態です。講師は社内の人事教育担当者や研修担当者などであることが多いですが、外部に講師派遣を依頼し、研修を行うこともあります。

説明しなければならないことが山ほどあると、座学による研修を行いがちですが、講師の話を一方的に聞くだけになってしまう受講者からは、「眠い」「長い」「退屈」などといった声が聞かれます。

座学は最低限で済ませ、研修参加者が興味を持ったり、積極的に参加したりできるような形態の研修に時間をかける方がベターでしょう。

グループワーク

受講者をいくつかのグループに分け、課題を与えて、チームで取り組ませます。グループワークでは、チームのメンバーとともに課題の趣旨をすばやく的確にとらえ、役割分担し、有用な結論または結果を導き出して、説得力のあるプレゼンテーションをするということが大切なポイントとなります。

実際に働く場面を考えてみると、チームとして仕事をすることが多く、グループワークのような研修は、本番前のよい予行演習となるでしょう。また、実務に沿った内容の課題にすることで、即戦力となる人材育成も可能になります。

こうしたことから、近年、研修にグループワークを取り入れる企業が増えてきています。

ロールプレイ

ロールプレイとは“役割演技”のことです。オフィスでの電話応対、お客さまの訪問、名刺交換などの場面を想定して、参加者(新入社員)がそれぞれの登場人物の役を演じ、シミュレーションすることで、実際の場面に活かせるように訓練します。

座学同様、ロールプレイもオーソドックスな研修の形態です。

合宿

企業により、泊りがけの新入社員研修を実施する場合があります。研修内容はもちろんですが、宿泊期間もそれぞれ異なり、数日から2週間などとさまざまです。

合宿形態で研修を行うメリットは、参加者(新入社員)が研修に集中できること、規則正しい生活ができること、寝食をともにすることで連帯意識が生まれること、などがあげられます。

企業によっては、合宿形態の研修で、“30キロマラソン”、“ひたすら掃除”などという課題を与えるところもあるとのこと。研修中にリタイアしてしまう新入社員もいるようなので、実際の業務とかけ離れた、あまりにも過酷な研修内容にするべきではありません。

研修会社の活用

自社に人材育成のノウハウがない場合、外部の専門家に研修を依頼するというのも一つの手です。研修プログラムの一部を依頼することもできますし、すべての内容の企画から運営まで一括して任せることも可能です。

外部機関に研修を依頼する際は、実績と定評のある委託先を選択するようにしましょう。

研修会社の選び方と研修会社紹介

新入社員研修サービスを提供している企業の選び方と例を紹介します。

研修会社を選ぶポイント

よい研修会社を選ぶためには、企業の提示する研修の参加者満足度や感想のみで判断するのは危険です。研修の参加者満足度は講師のスキルや場の作り方次第でコントロール可能だからです。ドラマティックで感動的な研修プログラムを提供してくれる会社は、総じて参加者満足度が高くなりがちですが、配属先でのOJTや業務に連動することは難しいといわざるをえません。

内容に関しても「新入社員研修で習得させるべきスキルとは」の項で触れた通り、新入社員は専門的なスキルの習得を好みますが、現場ではより汎用的なスキルの習得を期待しています。新入社員にとって受けのよい専門スキルに関する研修を提供すれば、研修参加者の満足度も高まりますが、現場ニーズとのミスマッチの発生にもつながってしまいます。

すぐれた新入社員研修には、その企業で本当に必要とされる汎用スキルの習得につながり、現場からも支持され、連携もとれるような配慮があります。そのようなプログラムを提供してくれる会社を選びましょう。

インソース

2002年に設立され、講師派遣型の研修や公開講座のほか、ITサービスやeラーニング・映像制作などの事業を行っています。テーマ別、階層別、業種や職種別などの多彩な研修プログラムを展開し、総受講者数が年間38万人を超えるという実績があります。

新入社員研修プログラムの例

  • プロジェクト型新人研修 挑戦し続ける人材になるために(8日間)
  • 新人のためのロジカルシンキング研修 
  • 体験型人材育成プログラム~The 社会人道 など

導入実績

  • 新入社員研修の年間総受講者数:42,342名(2016年4月~2017年3月)

【参考】株式会社 インソース:「研修一覧」

リクルートマネジメントソリューションズ

1989年に設立され、人材開発、組織開発、制度構築の3事業の領域から、人事や経営のソリューションを支援しています。

新人や若手層の早期戦力化を目的としたリクルートマネジメントソリューションズの研修プログラムは、多数の大手企業に採用されています。また、1名から受講可能な公開型研修を提供する“リクルートマネジメントスクール”も、全国主要都市で開催されています。

新入社員研修プログラムの例

  • 新入社員のためのコンプライアンス・メンタルヘルス
  • データ思考力強化研修シリーズ
  • 自立英語学習法 など

導入実績

  • 株式会社 日立製作所
  • ホクト株式会社
  • 株式会社 荏原製作所 など

【参考】株式会社 リクルートマネジメントソリューションズ:「新人・若手層の早期戦略化サービス」

シェイク

2000年に設立され、社員育成や人事組織コンサルティング事業を行っています。新入社員が将来的に若手社員、中堅社員に成長し、活躍することを視野に入れ、自分で考え、行動し、成果を出せる自律型の人材育成を目的とした新入社員研修プログラムを提供しています。

新入社員研修プログラムの例

  • 新入社員のリーダーシップ開発プログラム など

導入実績

  • キヤノンマーケティングジャパン 株式会社
  • 株式会社 テレビ東京
  • 株式会社 ワコール など

【参考】株式会社 シェイク:「研修プログラム」

産業能率大学総合研究所

1925年に設立され、人材開発プログラムの開発及び実施、経営コンサルティング・ソリューションサービスなどを提供しています。

マネジメント研究と教育の分野で90年以上の伝統と歴史があり、新入社員がいずれ若手社員へとステップを踏んでいくことを見据え、それぞれの段階に応じた研修プログラムを用意しています。

新入社員研修プログラムの例

  • 新入社員「仕事道・入門」研修
  • 自律型新入社員研修
  • 研修効果をあげる研修ゲーム など

導入実績

  • アネスト岩田株式会社
  • トピー実業株式会社
  • 株式会社日立ハイテクソリューションズ など

【参考】学校法人 産業能率大学総合研究所:「SANNOのソリューション」

マイナビ

1973年に毎日新聞社の関連会社として設立されましたが、現在は出版事業にとどまらず、進学や就職関連の情報提供のほか、人材育成や企業経営のコンサルティングなど、教育関連の分野にも事業展開しています。

そのマイナビが提供する新入社員研修サービスは、研修がその場だけで終わるのではなく、フォローアップ講座も用意されており、受講者が自分の成長を確かめられるプログラムが提供されています。

新入社員研修プログラムの例

  • 育成力強化シリーズ 新入社員研修ムビケーション(ビジネスシミュレーション型学習)
  • 育成力強化シリーズ 新入社員研修 2日~4日コース など

導入実績

  • 新入社員研修の年間案件総数:443件・総受講企業数:277社(2014年10月~2015年9月)

【参考】株式会社 マイナビ:「マイナビ研修サービス」

リンクアンドモチベーション

2000年に設立され、企業コンサルティング、採用・人事支援などの事業を手がけています。

“教育”と“エンターテインメント”を融合させ、楽しみながら学ぶことを通じて、どんな業界や職種にも通用する“ポータブルスキル”の強化をはかる内容のプログラムが提供されています。新人研修にはグループワークやビジネスシミュレーションが取り入れられ、ビジネスシーンを疑似体験することで、理解を深めることを目標にしています。

新入社員研修プログラムの例

  • ビジネススタンス開発プログラム「ダーウィン・ベーシック」
  • ビジネススタンス実践プログラム「ダーウィン・アドバンス」
  • ビジネススタンスフィードバックプログラム「ダーウィン・フィードバック」 など

導入実績

  • ヤフー株式会社
  • コクヨ株式会社
  • 日産自動車株式会社 など

【参考】株式会社 リンクアンドモチベーション:「人材育成 新人・若手層ビジネススタンス強化」

まとめ

  • 新入社員研修の目的は、ビジネスマナーや基本行動などの社会人スキルを習得させる、社会人としての自覚を持たせる、仕事の目的を明確にし、目標設定させる、早期に戦力となってもらう、横のつながりを作らせること。
  • 新入社員と現場社員では、新入社員時に習得すべきスキルの認識に差があることに注意。新入社員は専門的なスキルの習得を期待しているが、現場社員は汎用的なスキルの習得を期待している
  • 新入社員研修の種類には、座学、グループワーク、ロールプレイ、合宿などがあり、研修期間は企業により異なる
  • 具体的な研修の例として、ビジネスマナー研修、コミュニケーションスキル研修、ビジネスシミュレーション研修などがある
  • 新入社員研修終了後のフォローアップ研修、新入社員を受け入れる側の研修も必要
  • 新入社員研修を成功させるポイントは、目的を明確にすること、現場と協力すること、場合により外部機関も活用すること

注目のビジネス事例トピックを、逃さずチェック。

大手やベンチャー含め計90,000人以上の会員が利用しています。

BizHint の会員になるとできること

  • 事業運営のキーワードが把握できる
  • 課題解決の事例や資料が読める
  • 厳選されたニュースが毎日届く
  • アプリで効率的に情報収集できる
いますぐ無料会員登録

この記事の関連キーワード

フォローボタンをクリックすると、キーワードをフォローすることができます。

キーワードについて

人材育成の記事を読む

ビジネス事例や製品の情報を受取る

フォローしたキーワードの最新トピックをトップページに表示します。 フォローはでいつでも変更することができます。
フォローを管理する

目次