close

はじめての方はご登録ください(無料)

メニュー

BizHint について

カテゴリ

最新情報はニュースレター・SNSで配信中

新入社員研修

2020年4月15日(水)更新

新入社員研修は、従業員エンゲージメントの向上や早期戦力化、早期離職の防止など、人材力強化を図る上で欠かすことのできない重要な施策です。そんな新入社員研修ですが、明確な目的意識を持たないまま形式的に実施している企業は決して少なくありません。当記事では、価値ある新入社員研修を実施するために必要な情報を、新入社員研修の目的、習得させるべきスキルと研修内容の一例、計画の立て方、ポイント、研修サービス提供会社などの項目に整理して解説しています。

新入社員研修を行う目的

新入社員研修は、なんのために行うのでしょうか。改めて目的を確認してみましょう。

ビジネスマナーや基本行動などの社会人スキルの習得

社会人経験のある中途新入社員と違って新卒内定者の多くは社会人の経験がありません。当然のことながら、ビジネスパーソンとして身に付けておくべきマナーや基本行動などもほとんど知らないといっていいでしょう。

会社に入ると、社内の先輩社員たちはもちろんのことですが、お客さまや取引先の方々など、たくさんの人たちと接することになります。人の印象で会社の印象が決まるといってよいほどですので、入社したばかりの新人であろうとなかろうと、ビジネスパーソンとしての常識ある立ち居振舞いが重要になってきます。

相手に失礼のないように、また、会社のイメージダウンにならないように、まず、社会人に必要とされる最低限のスキルを習得させるのが、新入社員研修の目的であるといえます。

早期離職の防止にも

新入社員に社会人スキルをしっかり習得させ、早いうちから成功体験を積ませることは、近年の大きな課題とされる早期離職の防止にもつながります。仕事ができるようになり、楽しくなり、より努力し、さらに仕事ができるようになる……といったような、好循環に乗ることができるからです。

【関連】若者の早期離職の理由と対策・防止策をご紹介/BizHint

企業や事業内容への理解を深める

この動画もあなたにオススメ

人材育成の記事を読む