はじめての方はご登録ください(無料)会員登録
search

2018年11月15日(木)更新

階層別研修

人材マネジメントに必要な「階層別研修」とは、会社運営に適切な人材を育成する為のカリキュラムで「役割遂行に必要な能力を」育て上げることを目的とした研修となります。 役員や中堅社員・若手社員など階層別に合わせて課題を取り組み、「階層ごとに期待される役割を自覚する」ということから、各階層での人事能力を上げるためには重要な集合研修で、様々な企業が取り組んでいます。

階層別研修 に関するビジネス事例や製品の情報を受取る

1.「階層別研修」とは

人材マネジメントに必要な「階層別研修」とは、会社運営に適切な人材を育成する為のカリキュラムで「役割遂行に必要な能力を」育て上げることを目的とした研修となります。

役員や中堅社員・若手社員など階層別に合わせて課題を取り組み、「階層ごとに期待される役割を自覚する」ということから、各階層での人事能力を上げるためには重要な集合研修で、様々な企業が取り組んでいます。

階層別研修とは何か?

階層ごとに求められる役割を理解した上で、社員一人一人の成長を育成し組織の成果を上げるために欠かせないのが「階層別研修」です。

現在「階層別研修」を取り組んでいる企業も増えてきていますが、より多くの社員によるステップアップを目指すために様々な視点での取り組みが行われています。

階層別研修における定義とコンセプト

時代や企業の歴史により、階層別研修も変化を遂げてきました。今では研修の改定や研修方法を改善しながら、企業をバックアップする人材を育成するため様々な研究が行われています。

「階層別研修」のコンセプトは「レベルに合った知識や能力を育成し、役割の意義を把握したことで学ぶ姿勢を造る」ことです。

昇格や昇任など立場が変わると「必要な能力を取得するために学ぶこと」を「階層別研修」の定義として企画されます。

優秀な人材を育成するためには

では、企業が求める「優秀な人材とは」何なのか……一般論で述べるなら「役職に合った知識と能力を持ち、企業にとって成果を上げてくれる人材」となります。

ですが、いくら高い知識や能力を持っていても、仕事において独り相撲ではなかなか成果も上がりません。そこにはやはり「チームワークの重要度」や「信頼性」が欠かせず、環境づくりも必要です。

「優秀な人材が育ち、それを受け継ぐ人が育つ」を最大のテーマにカリキュラムを組んで職場や部署にとって良い環境を造ることの必要性を再認識することで「優秀な人材確保」にも繋がると思います。

2. 「階層別研修の新規導入が注目されている」

人材育成を目的とした「階層別研修」ですが、開催しても現状は厳しく多くの問題点を残したままとなっています。

しかし、その問題点を改善するために階層別研修での「新規導入」が注目されています。

「階層別研修の新規導入」とは

まずセミナーの不参加が大きな問題点となっていて、もちろん参加が無ければ階層別研修の成果は期待できません。

特に新人社員向けの研修で、企業の過半数を受けさせるのは困難だと言われています。

その理由は「時間が合わない・まだ組織に対する意識が薄い」など様々な点で空席が目立つようです。

その他に、「研修内容が分かりづらい」や「内容が長すぎて、頭に入ってこない」などが新人社員の不参加を多くする原因ともなっています。

そこで、従来は研修日程が決定して告知していたものを「個人の日程に合わせて研修を受けるシステム」などが導入され、ネットワークを通じてコンテンツを使用した研修で、「各個人で受ける」といったスタイルでも導入されてきています。

中間企業での部署ごとの研修でもこのシステムを取り組む企業も多く、大手企業など大人数で研修を行う場合にも活用されています。

理解よりいかに「実践」できるかが重要

研修内容は理解できても、いざ実践するとなると思った以上に効果が出ないという事態は階層別研修の終了後、多くの社員やチームリーダーが感じている問題点の一つです。

「実践」できるかどうかのポイントはいかに「モチベーション」を上げるかが重要となるようです。

「役職や若手社員の立場になって研修内容を組む」ことで、知りたかった情報があると内容も理解しやすくなり、業務における目的意識の向上にも繋がることで「モチベーションアップ」も起こりやすくなるそうです。

モチベーションが上がると「不安」を「自信」に変える思考が生まれ、社員や上司とのコミュニケーションも取れやすくなるという利点も含まれます。

それには、「ロジカルコミュニケーション」で伝えたい事を明確にして、研修を受ける方が知りたいことを中心にプログラムを組むと「理解と実践」の向上アップも期待できます。

職務遂行能力を上げるためのカリキュラムを組む

業務を進めるために必要な「職務遂行能力」は、知識や技能・企画力と判断力を含み、これらを発展させて担当職務に関連する能力を上げることで、さらに発展を目指すことを目的としてカリキュラムを組みます。

遂行能力は、経験の積み重ねや職務の流れを把握して取得するので役職・中堅社員や新任管理職向けのカリキュラムとなります。

そのためには「チームワーク・ロジカルコミュニケーション・タイムマネジメント」や「シュミレーション能力」などの能力開発がポイントで、可能性を引き出し仕事の質の向上を高め「仕事にこだわりを持つ」という意識を求めます。

3.「階層別研修」のメリット・デメリット

階層別で行われる研修でのメリット・デメリットについてまとめてみました。研修で気を付けるポイントや組織に広めるためのポイントを交えてご紹介します。

階層別研修を実行するメリット

  • 階層別に合わせた能力や技術を身に付けるための環境の場を提供できる
  • 研修を受ける方が、新たな視線で現場を見つめ直すことが出来る
  • 視野を広げ本来の仕事に対する「目的意識」を再認識する

など、それぞれのポジションに合った研修を受ける事で、プロジェクトマネジメントの能力をアップさせることが出来ます。

階層別研修を実行するデメリット

  • 各キャリアに合わせたプログラム構成で時間と会場を確保するための費用が掛かる
  • 個人による時間の都合で参加者が少ない
  • 研修後、その内容が実践や結果に繋がりにくい

といったデメリットがあり、本来受けるべきチームリーダーや管理職側が受けられない・参加不足であるなど、企画した研修で効果が出ないことが多いと言われています。

その結果、1回限りの研修になってしまったり、野放しになるといったケースもあります。

「階層別研修」を組織に広めていくために

「階層別研修」を組織に広めていくには、現場の中心である「中堅社員」に存在意義の重要さを再認識し、事業戦略や企業の発展と成長など、高い成果を実現する為「中堅社員の成長」に力を入れていくプログラム構成で、OJTだけではなくOff-JTの両面から攻めていく研修内容も必要となります。

「階層別研修」で気を付けるべきポイント

階層別研修で気を付けるポイントは「目的を明確にする事」で、シニア向けの管理職や女性の中間管理職など、種類も性別もキャリアも各個人で変わります。

「何をポイントに置いてどこに力を入れて進めていくか」という明確さと、ゆとり世代を流れてきた若手社員の「企業での適度な緊張感と戦略に対するイメージ」など、伝えるポイントを押えてプログラムを組んでいかなければならないのが、現在の「階層別研修」の在り方です

4.施策を実行している企業

経営環境が変わる企業で、新しい取り組みを入れた「階層別研修」を実行している中間企業や大手企業が増えています。また、チームリーダーや役員研修を行う方の研修内容を改善するためには、どのような取り組みが効果的かその具体例を幾つかまとめてみました。

「階層別研修」の具体例

「OJT研修」は主に新人社員や若手社員を中心に取り組まれていますが、チームリーダーや中堅社員の方にも実行されている階層別のOJT研修も有効です。また、現場で「人を教える立場」となる管理職が「自分の習得した知識を相手に教える事が出来るか・習得した知識が自分の物になっているか」を再確認するための、管理者に向けた「OJT研修」もあります。

その他に「OFF-JT研修」として、「管理職や役職の方が知識の整理とOTJ研修では取得できない知識と技術を学ぶ場を提供する」「現場を離れて研修を行うことで、外部からの刺激を受け、組織外部とのコミュニケーション能力をスキルアップさせる」といった目的で、2泊3日の宿泊研修を行う「階層別研修」を実行している企業も増えています。 外部からの刺激は向上心を高めるには最高のポイントで、ただ研修を受けるよりはOFF-JTで行う方が実践に繋がる効果も期待が高いと言われています。

階層別研修も新しいスタイルで取り組んでみると、伸び悩んでいた研修効果の改善にも期待が出来そうです。

「階層別研修」の活用術

階層別研修は年に1回のみだけだと、スキルアップや人材育成の効果は薄いようで毎年継続することが重要です。

内容が参加者に伝わりやすくするためには、研修自体がイベントにならないようなプログラムを考えましょう。

例えば、以下のような内容が考えられます。

  • 「経営力実行力の強化」を上げるための「階層別研修」で、組織の中心部分にある中堅社員の実務能力を上げる
  • 企業にとって利益となる経営力の強化(目的意識)など、次の人材育成に繋がる能力を鍛える内容
  • 「各階層に必要なスキル」を知り人材を育てるため、各キャリアに必要なスキルは何か、そのスキルをレべルアップするためには、まず何を基本に学ぶかといった再確認の場を提供

このことから、組織に必要な人材・スキル・目的・能力などハードワークの業務で確認できない部分を補うことが出来ます。

5.まとめ

「階層別研修」についてご紹介しましたが、いかかでしたでしょうか。目まぐるしく変わる企業で、研修自体も姿・形を変えていかなくてはいけない時代となっています。

もし、研修プログラムで伸び悩んでいると感じたら、思い切って別の角度から攻めてみるのも良いかもしれません。

注目のビジネス事例トピックを、逃さずチェック。

大手やベンチャー含め計190,000人以上の会員が利用しています。

BizHint の会員になるとできること

  • 事業運営のキーワードが把握できる
  • 課題解決の事例や資料が読める
  • 厳選されたニュースが毎日届く
  • アプリで効率的に情報収集できる
いますぐ無料会員登録

階層別研修の関連キーワードをフォロー

をクリックすると、キーワードをフォローすることができます。

キーワードフォローの使い方

人材育成の記事を読む

ビジネス事例や製品の情報を受取る

フォローしたキーワードの最新トピックをトップページに表示します。 フォローはでいつでも変更することができます。
フォローを管理する

目次