close

はじめての方はご登録ください(無料)

メニュー

BizHint について

カテゴリ

最新情報はニュースレター・SNSで配信中

スペシャリスト

2020年1月21日(火)更新

スペシャリストとは、ある特定の業務範囲に特化し仕事をする人のことです。仕事の領域を限定し、専門性を上げることで、特定の分野に関する知識や技術の習得、向上を狙うことができます。会社としてスペシャリスト育成に取り組むことで、より技術的に難易度が高い業務に関しても遂行することが可能になるでしょう。この記事では、ゼネラリスト(ジェネラリスト)との違いや、スペシャリスト育成のポイントもあわせて解説します。

スペシャリストとは?

この項では、スペシャリストとは何かについて説明します。

言葉の意味

スペシャリストとは、ビジネスにおいて、ある特定領域に特化して仕事をする人材を指します。この際の特定領域とは、担当する分野や技術領域、資格に関するものまで、様々なものが挙げられます。

スペシャリストの特徴

仕事の領域を限定し専門性を上げることで、特定領域に関する知識や技術の習得、向上を狙うことができます。組織的にスペシャリスト育成に取り組むことで、より難易度の高い業務に関しても遂行することが可能になるでしょう。

ゼネラリストとの違い

「スペシャリストとは何か」について、「ゼネラリスト」との違いを比較すると理解しやすいです。ゼネラリストとは何か、その違いについて解説します。

ゼネラリスト(ジェネラリスト)とは

ゼネラリストとは、ビジネスにおける広範囲の知識や技術、経験を有する人材を指します。転籍や転勤などを想定した大企業の総合職に多く見られる職能の一つです。

この動画もあなたにオススメ

人材育成の記事を読む