はじめての方はご登録ください(無料)会員登録
search

2017年7月5日(水)更新

認知的徒弟制

職人の技がどのように継承されていくのかを考えたとき、まず“師匠”と“弟子”の関係がイメージされるのではないでしょうか。弟子は技を習得するために師匠の技を見て学ぶ、つまり“見習い修行”をしますが、この学習過程をモデル化したものが「認知的徒弟制」です。職人の世界に限らず、企業でも活用することで人材育成に役立ちます。

認知的徒弟制 に関するニュースやイベントの情報を受取る

認知的徒弟制とは?

「認知的徒弟制(にんちてきとていせい)」とは、学習モデルの1つの概念で、1980年代にアメリカの認知学者であるジョン・S・コリンズ、アラン・コリンズらによって提唱されました。職人の世界などにおける技能や知識の伝授に際し、弟子が師匠(親方)から学ぶという伝統的な学習過程を1つの理論としてモデル化したものです。

今、企業の人材育成や学校教育において、この「認知的徒弟制」を活用しようという動きが見られます。

注目される背景

学校で学んだことが実践で役に立たない、と感じている人は少なくないでしょう。つまり、学校教育における教育システムでは、“理解”と“日常生活における経験”がかけ離れすぎていて学習者が困惑する、というのが現状です。教師が一方的に話をし生徒たちがそれを聞く、といった授業スタイルも一つの要因であると言えるかもしれません。 この問題の解決策として、教育利用しようと注目されているのが「認知的徒弟制」です。

現代の社会において、企業に限らず、求められている人材は、“他者に依存せず、自ら判断・行動できる自立した人間”、“自らを律し、コントロールできる自律した人間”であると言えます。そういった人材を育てるためには、「認知的徒弟制」の考え方が欠かせません。

「認知的徒弟制」の学習理論のゴールは、最終的に学習者(弟子)が熟達者(師匠/親方)から自立することです。この学習方法を活用し、どんな場面や状況下でも自分で考え、自分の責任で行動するといったことができる人材を育成することが重要です。

認知的徒弟制のモデル

「認知的徒弟制」と表記すると少し堅苦しいイメージですが、難しく捉える必要はありません。「認知的徒弟制」は、もともと、弟子が師匠から技能や知識を伝授してもらう“見習い修行”がモデルとなっています。

見習い修行では、弟子が師匠の技を見て学び、時に師匠からのアドバイスを受けながら、技を模倣・実践します。その中で失敗することも多々あるでしょう。しかし、そういったことを繰り返すことで技が身に付き、ようやく一人前として自立することができるのです。 こういった学習過程がモデルとなっているのが「認知的徒弟制」です。

認知的徒弟制の学習過程

「認知的徒弟制」において、学習者(弟子)の学習過程には4つのステップがあります。これらの段階を順に踏んでいくことで、より効率的に且つ効果的に、技能や知識を身に付けることができると考えられているのです。

モデリング

「認知的徒弟制」の最初のステップは“モデリング(modeling)”です。学習者(弟子)が、熟達者(師匠)のやり方や仕事の技術を実際に見ることによって学習する段階となります。

コーチング

次は“コーチング(coaching)”です。学習者が、熟達者に手取り足取り基本を教えてもらう段階です。熟達者から課題を与えられることもあります。

スキャフォールディング

“スキャフォールディング(scaffolding)”とは、“足場”を意味する英語です。つまり、スキャフォールディングの段階では、学習者が自立できるような足場づくりを熟達者がしてあげるのです。学習者自身が今の段階で何ができるのかを確認し、できないことは熟達者にフォローしてもらいます。学習者が自立するために熟達者が支援を行います。

フェーディング

「認知的徒弟制」の最後のステップは、“フェーディング(fading)”です。見習い修行の目的は、最終的に学習者が自立することです。そのためには、熟達者が徐々に支援を減らしていき、学習者一人でもすべてできるようにする必要があります。

日本の認知的徒弟制と実際の認知的徒弟制

自立した人材育成を目的とした「認知的徒弟制」の根底にあるのは、“教えすぎない”という教育法です。

伝統的な日本の職人の師弟関係を見てみると、師匠が弟子に最低限の基本を教えること(コーチング)はあっても、その後あれこれ具体的に指示を出すといったことはないでしょう。つまり、そこには“技は見て盗むものである”という考え方があるためです。

師匠の技を観察し、模倣・実践し、失敗とチャレンジ・自分なりの創意工夫を繰り返すことで、いつの間にか技が身に付き、自立した一人前の職人として認められるようになるのです。

従って、“自ら判断・行動できる自立した”人材を求める日本の企業にとって、OJTなどに「認知的徒弟制」を活用するのは有効だと言えるでしょう。

実際の認知的徒弟制

ところが同じように、学校教育に「認知的徒弟制」の4つの学習ステップをそのまま取り入れて教育をしようとしても、うまく機能しません。学校教育の性質上“技は見て盗むものである”という教育方法の実践は困難です。

また、特に学校教育において、実際の学習過程は4つに留まるほど単純なものではなく、さらなるステップが必要だという考え方もあります。

認知的徒弟制の6つの学習過程

「認知的徒弟制」の学習過程である4つのステップについてご紹介しましたが、学校教育にも適用できる6つのステップについても、同学者たちにより提唱されています。

  • モデリング(modeling)
  • コーチング(coaching)
  • スキャフォールディング(scaffolding)
  • アーティキュレーション(articulation)
  • リフレクション(reflection)
  • エクスプロレーション(exploration)

最初の3つは、4つのステップと同じ項目ですが、残りの3つは以下のような意味になります。

アーティキュレーション

学習者の知識や考え方を言語化し、問題解決までの過程を明確化していくことを言います。

リフレクション

“内省”、“熟考”といった意味になります。学習者の問題解決の過程を、他のものと比較し検討します。

エクスプロレーション

「認知的徒弟制」の学習過程4つのステップの“フェーディング(fading)”にあたります。エクスプロレーションの段階では、学習者自身が問題を提起し、解決できるように熟達者(教師)が支援し、最終的に手を退きます。“エクスプロレーション”は、英語で“探求”を意味します。

日本の認知的徒弟制

この6つの過程はかなり欧米的な考え方であり、「認知的徒弟制」の根底にある“教えすぎない”という教育法という観点からすると、逆行するプロセスのようにも見えます。さらに、 “アーティキュレーション”、 “リフレクション”、 “エクスプロレーション”については、学校教育において必要なステップであるに違いありませんが、仕事や技術の習得を目的とした企業のOJTで実践するのは困難であると言えます。

従って、日本の「認知的徒弟制」では、先に述べた4つのステップが採択されたのでしょう。

マクドナルドから見る認知的徒弟制導入事例

最後に、「認知的徒弟制」を導入し、優れた人材育成に成功している企業をご紹介します。

1971年に日本に上陸したマクドナルド(日本マクドナルド株式会社)。日本国内における店舗数は2,900店余り(2016年12月末時点)で、その店舗のほとんどは、全国で10万人を超える、“クルー”と呼ばれるアルバイト従業員が切り盛りしています。

しかし、そのような大規模な組織であるにもかかわらず、全国のどこの店舗においても、ほぼ同じサービスを受けられるのです。抜かりないマニュアルとシステムが整備されているのは言うまでもないでしょう。

独自のアルバイトランク制度と教育方法

マクドナルドでは、クルーにランク制度を設けています。

ベテランクルーになると、“トレーナー”にランクアップし、トレーナーは、新人クルーに指導をする役割を担います。このときの指導に「認知的徒弟制」の手法が使われ、まさに師匠(トレーナー)と弟子(新人クルー)の関係で4つのステップを順に進み、最終的にクルーが独りで仕事をこなすことができるようになるのです。効率的な教育方法であるため、短期間でのクルー育成をも可能にしていると言えます。

作業の目的を理解させる

仕事のやり方や手順を覚え、実践するということはもちろん大切なのですが、仕事をする上で、“なぜそれをするのか?”ということを理解するのも同じように重要です。仕事の意義もわからず、淡々と作業をこなすだけではモチベーションも上がりません。

その点、マクドナルドのマニュアルでは、どんなに細かな作業内容に対しても、“なぜそうするのか”、“なぜそれが最善の方法なのか”?という理由や、そうするようになった背景がきちんと説明されています。

たとえば、ハンバーガーを作る過程において、バンズの中心にケチャップを付けるという手順があるのですが、これは、お客様がどこからハンバーガーを食べても同じ味がするようにという配慮であることをクルーは理解しています。“ルールだからやる”といった理解とは違うのです。

全国均一のサービスを維持できるのは、マクドナルドの優れた人材育成のシステムが背景にあることは言うまでもありません。

【参考】

まとめ

  • 「認知的徒弟制」とは、1980年代にアメリカの認知学者であるジョン・S・コリンズ、アラン・コリンズらによって提唱された、学習モデルの1つの概念
  • 自立/自律 した人材を育成する上で、「認知的徒弟制」の考え方が欠かせない
  • 「認知的徒弟制」は、もともと “見習い修行”がモデルとなっている
  • 「認知的徒弟制」の学習過程には、“モデリング(modeling)”、 “コーチング(coaching)” 、“スキャフォールディング(scaffolding)”、“フェーディング(fading)”の4つのステップがある
  • 「認知的徒弟制」の学習過程には、6つのステップも提唱されているが、日本では4つのステップを採択
  • マクドナルドの人材育成システムは「認知的徒弟制」を導入した成功事例

注目の人事トピックを、逃さずチェック。

大手やベンチャー含め計20,000人以上の会員が利用しています。

BizHint HRの会員になるとできること

  • 厳選されたニュースが毎日届く
  • BizHint HR限定公開の記事を読める
  • 実務に役立つイベントに申し込める
  • アプリで効率的に情報収集できる
いますぐ無料会員登録

この記事の関連キーワード

フォローボタンをクリックすると、キーワードをフォローすることができます。

キーワードについて

チーム・組織開発の記事を読む

ニュースやイベントの情報を受取る

フォローしたキーワードの最新トピックをトップページに表示します。 フォローはでいつでも変更することができます。
フォローを管理する

目次