close

はじめての方はご登録ください(無料)

メニュー

BizHint について

カテゴリ

最新情報はニュースレター・SNSで配信中

テクニカルスキル

2018年11月7日(水)更新

テクニカルスキルとは、特定分野の職務を遂行するために必要な専門知識や技術の総称です。ヒューマンスキルやコンセプチュアルスキルとの違いやテクニカルスキルの具体例、効率的な高め方について学び、組織の職務遂行能力を最大限まで高めましょう。

テクニカルスキルとは

テクニカルスキル(Technical Skills)とは自分に与えられた職務を遂行するために欠かせない知識や技術、技術熟練度のことを指すビジネス用語です。ハーバード大学のロバート・カッツ教授(Robert L. Katz)が1955年に発表した論文『スキル・アプローチによる優秀な管理者への道(Skills of an Effective Administrator)』の中で、管理者に必要なビジネススキル(仕事力)の1つとして提唱したことにより、世界的に大きな注目を集めることになりました。

テクニカルスキルの意味と定義

カッツ教授は論文の中で管理者が持っておくべきスキルとして、テクニカルスキルの他にヒューマンスキルとコンセプチュアルスキルの2つを提唱しています。

  • テクニカルスキル…仕事や業務を適切にこなす能力(業務遂行能力)
  • ヒューマンスキル…人間関係を円滑にし、人との繋がりを最大限に活用する能力(対人関係能力)
  • コンセプチュアルスキル…物事の本質を捉える能力(概念化能力)

これら3つの定義を見比べることによって、数多く存在するビジネススキルの中でもテクニカルスキルが業務遂行に特化したスキルだけを指していることが分かるでしょう。

ヒューマンスキルやコンセプチュアルスキルとの違い

概念上では『コミュニケーション力』や『プレゼンテーションスキル』はヒューマンスキル、『理解力』や『分析力』はコンセプチュアルスキルに分類されますが、営業職や研究員など職種や職務によってはテクニカルスキルとして扱われることもあります。

このように書くと難しく感じますが、その見極めは定義に当てはめることによって誰にでも容易に行うことができるため心配する必要はありません。その能力が業務の遂行に欠かせないものであればテクニカルスキル、社内連絡や課題解決など自らの業務と直接関係ない部分で活用するものであればノンテクニカルスキル(ヒューマンスキル、コンセプチュアルスキル)に分類することができるでしょう。

【関連】ヒュ−マンスキルの意味とは?種類と向上の方法を例を交えご紹介/ BizHint HR
【関連】コンセプチュアルスキル向上を図る意味とは?研修具体例や書籍を紹介 / BizHint HR

この動画もあなたにオススメ

人材育成の記事を読む