はじめての方はご登録ください(無料)会員登録
search

2018年12月3日(月)更新

グローカル人材

優秀な人材を他社に先駆け確保することは、採用担当者の至上命題です。優秀な人材の定義は各企業により多少異なりますが、広い視野に立って培われた教養や思考力を持つ人材にはどの企業も関心が高いはずです。今回は、このような能力を保有することが期待される「グローカル人材」について考えてみたいと思います。

グローカル人材 に関するビジネス事例や製品の情報を受取る

グローカル人材とはなにか

あらゆる分野におけるグローバル化の流れは、日本の地域経済まで急速に広がっています。企業の競争力は人材によるところが大きく、優秀な人材の確保は日本企業全体にとって最も重要な課題のひとつと言えます。グローバル化の流れに対応可能な人材、グローバル人材という言葉を一度は耳にされたことがあるはずです。さて、今回のテーマ「グローカル人材」と「グローバル人材」の違いとはなんでしょうか。双方の定義を比較しその違いについて考えてみます。

グローバル人材

文部科学省により「グローバル人材とは、世界的な競争と共生が進む現代社会において、日本人としてのアイデンティティを持ちながら、広い視野に立って培われる教養と専門性、異なる言語、新しい価値を創造する能力、次世代までも視野に入れた社会貢献の意識などを持った人間」(産学官によるグローバル人材の育成のための戦略(平成23年4月28日産学連携によるグローバル人材育成推進会議)より抜粋)と定義されています。

好ましい人の典型が述べられているだけで、いったいどのような人物なのか正直よく分かりません。しかし、地球規模の競争と共生社会に適応し活躍している具体的な人物として思い描くとその輪郭がはっきりしてきます。

分かりやすい例をあげるとすれば、カルロス・ゴーン氏です。いわゆる世界を股にかけるカリスマ経営者、スーパーグローバルリーダーです。経営危機に陥った日産を救済するルノーの経営者として日本に乗り込み、見事に日産の再生を果たしました。

彼はブラジルで生まれ、レバノンで幼少期を過ごし、フランスで大学生活を送るという複数の文化圏で生まれ育った背景を持っています。ビジネスマンとなってからは、ミシュランを皮切りにルノー、日産などの多民族国のみならず日本のような単一民族国家の大企業で困難なプロジェクトを完遂していきます。

カルロス・ゴーン氏は、グローバルで活動するために最も大切なことは「アイデンティティを失わずに多様性を受け入れること」だと語っています。つまり、グローバル人材とは、自身のアイデンティティを見失わずに多様性を受け入れる器量があり、高度な問題や困難な局面で強力なリーダーシップを発揮することができる人材ということが言えます。

【参考】産学連携によるグローバル人材育成推進会議資料
【参考】「産学官によるグローバル人材の育成のための戦略(平成23年4月28日産学連携によるグローバル人材育成推進会議)」
【参考】日本経済新聞「日本経済新聞「私の履歴書:カルロス・ゴーン(1)機内から」2017年1月1日掲載」

【関連】グローバル人材を育てよう!世界に通用する企業になっていくために / BizHint HR

グローカル人材

グローカルという言葉は、「グローバル」と「ローカル」を合成した造語です。地理的にはグローバルだが日本的なビジネス展開をする人材、ボーダレスにローカルとローカルを結び受けるブリッジ的な人材、グローバルな視点を以って地域社会に貢献する人材など、その解釈は様々です。どのような人材かを考えるにあたり身近な事例としてビジネスモデルで確認するとわかりやすいかもしれません。

日本酒銘柄の「獺祭」を世界的に展開させたビジネスモデルは、まさにグローバルな視点を以って地域社会に貢献した事例と言えます。日本酒製造業界の縮小均衡するマーケットにおいて一度は経営危機を迎えた山口県の酒造メーカー、旭酒造株式会社は、「獺祭」というワンブランドで純米吟醸酒をリーズナブルに安定的にマーケットに供給するブランディング戦略を選択しました。さらに、コーシャライセンス(ユダヤ教で定める食品基準)の取得や、グローバル企業がかかわるイベントのオフィシャルスポンサーを務めるなど、巧みなマーケティング戦略で、従来の日本酒造の特徴である地産地消のビジネスモデルを転換し世界のマーケットへ打って出たのです。今では欧米諸国で日本酒と言えば「獺祭」と言われるほどの成功を収めています。

このように、一地方企業で一定水準以上の語学力や他国の文化を理解し、グローバルにビジネスの交渉ができるコミュニケーション能力を持ち、地域経済に貢献できるビジネスを構築、支援できる人材がグローカル人材の一例と言えます。

【参考】BUSINESS NOMAD JOURNAL「厳しい経営環境の中で躍進する酒蔵ビジネス:旭酒造 ~日本酒製造の新たな仕組みの構築とブランド戦略~」2015年6月24日

グローバル人材とグローカル人材の違いとは

グローバル人材とグローカル人材の違いは、ボーダレスなのか、限定されたローカルなのか、その活躍の場という地理的な側面がまず挙げられます。しかし、保有する能力的な差ももちろんあるように思われます。一定水準の語学力や異文化コミュニケーション能力は共通する能力ですが、それらに加えて、より高度で複雑かつ困難な課題、問題を解決へ導く強力なリーダーシップ力を持った人材がグローバル人材と考えられます。

カルロス・ゴーン氏は、30代で故郷のブラジル・ミシュランの社長に抜擢されます。そして、激しいインフレの中倒産寸前だったブラジル・ミシュランを、あらゆる企業努力により1年で再生させました。彼はまさにグローカルなプロジェクトを体験しているのです。その後さらにハードルの高いグローバルビジネスにその体験を活かし、強力なリーダーシップを発揮していきます。

つまりグローカル人材のうち、その成長過程において高度な課題問題へ対処するための強力なリーダーシップ力を獲得したものが、グローバル人材といえるのかもしれません。

トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム

2014年から文部科学省や大学、企業などが連携して人材育成プロジェクト「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」を推進しています。同プロジェクトでは、世界を実地で体験し、他国から見える日本を体感することで、日本が抱える固有の問題や地球規模の問題に自律的に取り組み、産業界を中心に世界であるいは世界を視野に入れて活躍できる人材の育成を目標に掲げています。

官民協働で立ち上げた返済不要の奨学金制度により資金面でサポートするだけでなく、支援団体と留学生がコミュニティを組成し情報交換することで、留学プランの自律的な設計や現地の宗教、習慣などのリサーチによりローカルコミュニティへの円滑な参加を促します。

このプロジェクトでは2020年までに1万人の大学生と高校生を送り出すことを目指し、将来の日本を担う若者が日本のアイデンティティを持ったグローバル人材へと成長するための歩みを後押ししています。

【参考】トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム

地域人材コース

同プロジェクトには様々なコースがありますが、インターンシップ、フィールドワーク、ボランティアなど、学校での教育に限定せず多様な活動を認めています。

その中でも地域人材コースは、インターンシップと留学を組み合わせた制度です。インターンシップは日本国内の地域企業等とされ、留学生の募集・選考、プログラムの企画・運営を地域の産学官が担います。

都道府県の行政機関と産業団体、大学が連携し様々なプロジェクトを立ち上げ、未来の地元のリーダーとして世界に繋がり地域経済に貢献する人材の育成に励んでいます。

【参考】トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム 地域人材コースとは

グローカル人材に関する取り組み

グローカル人材育成への取り組みについて、事例を下記にご紹介いたします。

グローカル人材開発センター

グローカル人材開発センターは、京都の行政機関、経済界、大学がオール京都体制で設立したグローカル人材育成コミュニティセンターです。「産学公連携によるグローカル人材の育成と地域資格制度の開発」をメインテーマに掲げ平成24年に始動しました。

京漬物を食べる習慣を持たない者たちに広くPRするなど、地元企業の具体的な課題をメインテーマに、地元学生が自律的にリサーチし企画立案を行い、企画の実行を地元企業と連携して行うプロジェクトを、グローカル人材育成事業として支援しています。

このようなプロジェクトに参加し一定のプログラムを終了した学生には「グローカル人材能力」資格の認定を行い、成果報告会などを通してその学生の京都企業における認知度をあげるしくみづくりを行っています。京都という地域経済に属するものが一体となって、地元の未来を担う地域経済に貢献するビジネスマインドを持った人材の育成に努めています。

http://glocalcenter.jp/

グローカル戦略推進センター

小樽商科大学は、グローバルな視点から北海道経済に貢献するグローカル人材の育成を主目的に、平成27年にグローカル戦略推進センターを設立しました。同校が従来担ってきた教育開発、国際交流、ビジネス創造機能を同センターに集約し、人材育成から地域のビジネス振興まで一元的に担う取り組みを行っています。

国内きっての観光ブランド力と、様々な文化的背景を持った観光客が多く訪れる地の利を活かし、同校の学生に対し異文化コミュニケーションを促しています。そして、交換留学制度やグローカルマネジメントなどの教育プログラム新設、グローカル人材評価型入試を行うなど、グローカル人材育成に値する学生の募集に努めています。また、行政機関や地元金融機関と連携し、道内企業の海外進出プロジェクトを後押しするビジネスセンターとして同校が機能することで、地元企業の発展を促しています。同校が育成したグローカル人材が就業を希望するような地域企業の育成にも力を入れています。

http://www.otaru-uc.ac.jp/cgs/

まとめ

世界に類を見ない速さで進む少子高齢化により、日本産業界はマーケットの縮小や人材不足など深刻な経営課題を突き付けられています。このような環境において、日本社会に貢献するマインドを持ち国際的なビジネスに対応できるグローカル人材は、あらゆる事業から必要とされる人材であることは疑いようがありません。

このような環境にあって、すでに、グローカル人材育成の取り組みが様々な分野で推進されています。このような動きに先んじた行動が企業の成否を左右するものと思われ、人事に携わる我々は、人材育成に関する知見を一層磨かなければならないのです。

注目のビジネス事例トピックを、逃さずチェック。

大手やベンチャー含め計60,000人以上の会員が利用しています。

BizHint の会員になるとできること

  • 厳選されたビジネス事例が毎日届く
  • BizHint 限定公開の記事を読める
  • 実務に役立つイベントに申し込める
  • アプリで効率的に情報収集できる
いますぐ無料会員登録

この記事の関連キーワード

フォローボタンをクリックすると、キーワードをフォローすることができます。

キーワードについて

人材育成の記事を読む

ビジネス事例や製品の情報を受取る

フォローしたキーワードの最新トピックをトップページに表示します。 フォローはでいつでも変更することができます。
フォローを管理する

目次