close

はじめての方はご登録ください(無料)

メニュー

BizHint について

カテゴリ

最新情報はニュースレター・SNSで配信中

連載:第32回 組織作り その要諦

「それってただの綺麗事ですよね?」と言われても信念を曲げず、7年連続離職者ゼロへ。人に愛される組織づくりの秘訣

BizHint 編集部 2021年10月6日(水)掲載
メインビジュアル

離職率が高いと言われがちな飲食業界において、7年連続で離職者ゼロ、今でも高い定着率を誇る企業があります。千葉県で「とりのごん助」をはじめとした居酒屋チェーンを展開する有限会社ライト・ライズです。代表取締役の寺本幸司さんは、バラバラになりかけた組織を目の当たりにし、「価値観の共有」の重要性を痛感。そこから大きく舵を切り、今ではスタッフ全員が一丸となって成長できる組織へ変貌を遂げました。コロナ禍でも進み続ける同社の成長の秘訣について伺いました。

メインビジュアル

有限会社ライト・ライズ
代表取締役 寺本 幸司さん

1977年生まれ。千葉県出身。千葉県内で「ひょっこりごん助」「とりのごん助」など飲食店7店舗を運営。離職率が高い飲食業において7年連続離職者ゼロという偉業を成し遂げる。整合性のある経営と、スタッフとのコミュニケーションを大事にし、社員育成に情熱的に取り組んでいる。


組織がバラバラで売上も低迷…。組織が変わるきっかけは「価値観の共有」

──厚生労働省の調査によると、「飲食・サービス業」の離職率は33.6%と、他業種に比べても高い数値となっている中、御社では高い定着率を誇っているそうですね。

寺本幸司さん(以下、寺本): 我々は千葉県印西市を中心に、居酒屋「とりのごん助」や「ひょっこりごん助」などの居酒屋を運営している企業です。2005年に1号店をオープンし、現在は全部で7店舗を展開しています。社員数は現在約20名、アルバイトを含めると約80名で、2011年から7年間、社員の離職者はゼロでした。その後、前向きな理由で離職を選択した社員もいますが、今でも離職率は10%にも満たないくらいです。

――先ほど拝見した週一回の全社員ミーティング。皆、楽しそうにディスカッションされていました。毎週このような雰囲気なのですか?


週に一回行われる、社員全員が集まるミーティング。各店舗の状況報告や、課題の共有などを行っている。賞賛すべき結果や行動には「よっ!」という掛け声と共に拍手が贈られる

寺本: たしかに毎週、ミーティングは盛り上がっていますね(笑)。しかし以前は、今からは想像できないほど…それはもうひどい状態だったんです。

10年ほど前のことです。店舗の出店が重なり多忙を極め、店舗間の交流は皆無でした。 社員が他の店舗に興味をもつことはなく、店舗ごとで運営方法はバラバラ… という状態だったんです。

――店舗ごとに運営方法が違うことで、何か問題があったのでしょうか?

寺本: 他の店舗に比べて明らかに売上が悪かったり、その店舗だけなぜか売上が落ちていく…といった現象が見られました。

この記事についてコメント({{ getTotalCommentCount() }})

close

{{selectedUser.name}}

{{selectedUser.company_name}} {{selectedUser.position_name}}

{{selectedUser.comment}}

{{selectedUser.introduction}}

この動画もあなたにオススメ