close

はじめての方はご登録ください(無料)

メニュー

BizHint について

カテゴリ

最新情報はニュースレター・SNSで配信中

ハロー効果

2018年11月13日(火)更新

ハロー効果は心理学用語ですが、人事領域でも採用や人事評価の場面でよく生じます。本記事ではハロー効果の意味と具体例をわかりやすくご紹介していきます。

ハロー効果の意味とは

ハロー効果とは社会心理学の現象で認知バイアスと呼ばれるものの一つに当たる、心理学用語です。ある対象を評価する際、対象者が持つ目立ちやすい特徴にひっぱられ、その他についての評価にバイアスがかかり歪んでしまう現象の事を指し、後光効果やハローエラーとも称されます。

また、人事考課にお悩みの方は人事考課の意味とは?評価との違いと、ポイントをわかりやすく解説をご覧ください。

ハロー効果の誕生背景

心理学者エドワードソーンダイクが1920年に書いた論文の中でハロー効果という言葉が初めて用いられました。

「ハロー」とは絵画で聖人やイエスキリストの頭上や後ろに描かれる後輪のことです。つまり、その人そのものではなく後ろから輝いて見せている光、つまり他の目立つ特徴によって全体項目を評価してしまうという人間の傾向をよく示唆しているといえます。

ポジティブ・ハロー効果とは

ハロー効果の中にはポジティブ・ハロー効果というものがあります。この効果は比較的生じやすい一般的な、認知のゆがみです。ポジティブ・ハロー効果とは人の目立っている良い点を見て他の点も実際より高く評価することです。

この動画もあなたにオススメ