close

はじめての方はご登録ください(無料)

メニュー

BizHint について

カテゴリ

最新情報はニュースレター・SNSで配信中

9ブロック

2019年4月9日(火)更新

9ブロックは企業内人材の持つ様々な魅力を可視化させることで相対的評価を可能にする優れた人材評価ツールです。9ブロックを自社に導入することで生まれるメリットや導入方法、効果を最大化させるためのポイントについて分かりやすく解説致します。

目次

9ブロックとは

9ブロックとは数多く存在する人材評価ツールの中で最もシンプルかつ合理的に企業内人材の評価管理を実施することができる優れたツールです。

General Electric社が生み出した最高の人材評価ツール

9ブロックは人材育成に多くの人材と予算を当てて取り組んでいるアメリカのGeneral Electric社(ゼネラル・エレクトリック社:以下GE社)によって生み出されました。

当時まだ革新的なツールが存在していなかった人材評価という分野に突如姿を現した9ブロックは、組織が求めている人材像の明確化や現状とのギャップの把握、それに対する対処方法の検討を行うことによって組織に所属する全従業員のパフォーマンス向上と次世代リーダーの育成を目指すGE社独自の人事制度『セッションC』を完璧にサポートしたことで多くの注目を集めることになったのです。

9ブロックは様々な企業やシステムで活用されている

9ブロックはポテンシャル(潜在意識)という先天的要素を正しく評価することのできる人事評価制度として大きな話題となり、日本でも多くの経営者や人事担当者たちが9ブロックを自社の人材評価ツールとして活用することができないか検討しました。

その結果、『9ボックス』や『ファイブボックス』といった類似ツールや9ブロックの考え方を組み込んだタレントマネジメントシステムが次々に登場していったのです。

GE社による突然の9ブロック廃止発表

1999年にGE社日本法人であるGEジャパン・ホールディングス株式会社(2008年に日本GE株式会社へ改称、2016年4月以降はコーポレート等関連事業のみGEジャパン株式会社として継続)が発足したことによって9ブロックはこれまで以上に身近なものとなり、人材評価や人材育成の成功事例として全ての日本企業に大きな影響を与えることになりました。 世界中で人材評価変革を起こした9ブロックを超える人材評価ツールは存在しないと考えていた経営者や人事担当者も多く、その絶大なる効果を疑う者は誰もいませんでした。 しかし、2016年にGE社は突如9ブロックの廃止を発表したのです。

この動画もあなたにオススメ