close

はじめての方はご登録ください(無料)

メニュー

BizHint について

カテゴリ

最新情報はニュースレター・SNSで配信中

プロジェクトアリストテレス

2019年9月3日(火)更新

プロジェクトアリストテレスとは、米グーグル社が2012年に開始した労働改革プロジェクトの通称です。このプロジェクトアリストテレスの実施により、米グーグル社は成功し続けるチームを構築するために必要不可欠な5つの鍵を発見しました。ハーバード・ビジネス・レビューで紹介されて大きな話題となったプロジェクトアリストテレスの全容を分かりやすく整理し、解説致します。

プロジェクトアリストテレスとは

プロジェクトアリストテレス(Project Aristotle)とは、多国籍テクノロジー企業であるGoogle Inc.(以下、グーグル社)が2012年に開始した労働生産性向上計画に与えられたコードネームであり、この計画を語る上での通称として扱われています。プロジェクトアリストテレスでは、生産性の高いチームが持つ共通点の洗い出しと成功因子の見極めを行うため、グーグル社内に数多く存在するプロジェクトチームの活動成果と所属メンバーの言動を細部に至るまで調査分析しました。

何百万ドルもの資金と約4年の歳月を費やして実施したプロジェクトアリストテレスですが、成功因子の特定に成功したことを受け、実行メンバーの1人として大きな関わりを持ってきたジュリア・ロゾフスキ(Julia Rozovsky)氏が、2016年1月にアメリカの経営学誌であるハーバード・ビジネス・レビュー(Harvard Business Review、HBR)の誌面を通じてプロジェクトアリストテレスの全貌を明かしたことにより、多くの人の注目を集めることになりました。

【参考】What Google Learned From Its Quest to Build the Perfect Team - The New York Times

プロジェクトアリストテレスの実行メンバー

グーグル社内の人材をあらゆる角度から調査分析するため、統計学者やエンジニア、組織心理学者、社会学者など様々な分野の専門家が、プロジェクトアリストテレスの研究チームであるGoogle People Operations(人員分析部)のチームメンバーとして召集されました。

プロジェクトアリストテレスのプロセス

グーグル社はプロジェクトアリストテレスにおいて数多くの取り組みを実施しましたが、それらは『仮説設定』、『モニタリング』、『分析と仮説検証』、『追加検証』の4つに大別することができます。

仮説設定

この動画もあなたにオススメ