close

はじめての方はご登録ください(無料)

メニュー

BizHint について

カテゴリ

最新情報はニュースレター・SNSで配信中

グローバルリーダー

2018年11月16日(金)更新

グローバルリーダーとは、国や地域、文化を跨ぐような多様性のある環境で、ビジネスリーダーとして活躍できる人材のことです。経済のグローバル化により必要性は増してきていますが、日本においては国際経験や語学力、マネジメント力不足など育成に遅れがあります。この記事では、グローバルリーダー育成のポイントや事例もあわせて解説します。

グローバルリーダーとは

グローバルリーダーとは何かについて解説します。

言葉の意味

グローバルリーダーとは、国や地域、文化を跨ぐような多様性のある環境で、ビジネスリーダーとして活躍できる人材のことを指します。

グローバルリーダーの特徴

グローバルリーダーの特徴は何でしょうか。

世界的な経営コンサルタントの大前研一氏は、グローバルリーダーとして必要とされる資質や特徴について、著書「グローバルリーダーの条件」において次のように説明しています。

少なくとも私の経験でも、船川さんの経験でも、その答えは『先天的なもの』ではない。また帰国子女とか、海外で生まれ育っているとか、アメリカンスクールに行った、というような問題ではない。

【引用】大前 研一、船川 淳志『グローバルリーダーの条件』(PHP研究所、2009年)まえがき

グローバルリーダーとは、生まれながらに決まっている資質があるものではなく、また、単なる海外経験、語学力を指す言葉でもないようです。本書の主張も含めて、グローバルリーダーのビジネスパーソンとしての特長をまとめると、大きく以下のようになります。

  • 個としての思考力、仕事力があること
  • 語学力のみならず、文化や背景の違いによるミスコミュニケーションを避け、真に意思疎通ができる能力があること
  • コラボレーションを生み、チームとして成果を発揮できること
  • 世界の歴史や今起こっていること、今後起きることに関する優れた理解や知見があり、常に学び続けていること

この動画もあなたにオススメ