close

はじめての方はご登録ください(無料)

メニュー

BizHint について

カテゴリ

最新情報はニュースレター・SNSで配信中

従業員満足度調査

2019年11月28日(木)更新

昨今の人手不足を背景に、企業にとって従業員満足度の向上や優秀な人材の確保は急務です。そんな中、社内の現状を把握し課題を抽出するなどを目的に「従業員満足度」をはかる「従業員満足度調査(ES調査)」を導入する企業が増加しています。本記事は、従業員満足度調査の目的や調査すべき項目、調査の実施フローやポイント、さらに調査に活用できるツールや調査会社まで詳しくご紹介します。

従業員満足度調査とは

そもそも従業員満足度とは、「ES(Employee Satisfaction)」とも呼ばれ、その名の通り社員が職場環境や企業風土、人間関係、業務内容や待遇など様々な側面において、どの程度満足しているかを示す指標を言います。昨今の人手不足を背景に、従業員とのエンゲージメント向上や優秀な人材の確保、さらには生産性向上などが急務となっており、それらの鍵となる「従業員満足度」が注目されています。

「従業員満足度調査(ES調査)」は、社内においてこれを調査し、現状を把握して課題を洗い出すためのもので、近年実施する企業が増加しています。

【関連】従業員満足度とは?向上させる方法や、企業事例まで徹底解説/BizHint

従業員満足度調査の目的

従業員満足度調査は何のために実施されるのでしょうか。

従業員満足度の向上

1つ目の目的は、従業員満足度の向上です。そのためには、現状分析や施策前後の変化観測が必要で、その手段として従業員満足度調査が実施されます。従業員満足度を向上させる事により、先述したように従業員とのエンゲージメント強化や優秀な人材の確保につながります。さらに、従業員のモチベーションアップも期待でき、労働生産性にも影響します。これらのポジティブな変化により、最終的には「顧客満足度」の向上にも寄与すると言われています。

【関連】従業員満足度とは?向上させる方法や、企業事例まで徹底解説/BizHint

組織の課題を浮き彫りに

この動画もあなたにオススメ