close

はじめての方はご登録ください(無料)

メニュー

BizHint について

カテゴリ

最新情報はニュースレター・SNSで配信中

OODAループ

2020年1月31日(金)更新

OODAループとは、アメリカ空軍で大佐を務めていたジョン・ボイド氏が提唱した、あらゆる分野に適用することができる戦略の一般理論です。「Observe(観察)」「Orient(情勢への適応)」「Decide(意思決定)」「Act(実行)」「ループ」という5つの構成要素からその名がつきました。当記事では、OODAループのビジネス分野への適用を支援するため、注目されている理由やPDCAサイクルとの違い、5つの構成要素、適用する際のポイント、ビジネス書籍などの項目に整理して分かりやすく解説します。

OODAループとは

OODAループとは、 リアルタイムで起きている環境変化に合わせて、現場レベルで判断・実行し、組織全体で目的を達成していくための意思決定プロセス です。

見た目の通り、「観察(Observe)」、「状況判断(Orient)」、「意思決定(Decide)」、「実行(Act)」という4つのステップと「 ループ 」で構成されています。

OODAループの特徴として、計画や上司からの指示に従って動くのではなく、 ビジョンの実現や目標の達成に向けた優位性の獲得を目的 に、個々の意思決定者が その場でデータの収集や分析、意思決定を行い、実行に移す 点です。

このように現場レベルでOODAループを実施することは、目の前の原因や結果に対して、素早く対応し、競合他社と比べて競争優位性を高める効果もあります。

そのためビジネス分野では、営業やマーケティング、新しいビジネスモデルの開発、イノベーションの創出など、柔軟性や適応力、機動力が求められる場面でのフレームワークとしてOODAループが活用されています。

一方でOODAループは、現場レベルでの実行や4つのステップの内容によりPDCAサイクルと混同されやすいプロセスです。しかし、この2つは全く異なる概念です。詳しくは「OODAループとPDCAサイクルの違い」で後述します。

OODAループの提唱者

OODAループは、アメリカ空軍で大佐を務めていたジョン・ボイド(John Richard Boyd)氏が常に変化する戦況に合わせて、臨機応変に対応するために提唱した戦略といわれています。

この動画もあなたにオススメ