はじめての方はご登録ください(無料)会員登録
search

2018年8月24日(金)更新

トップマネジメント

トップマネジメントとは基本方針の決定をはじめ、経営計画の策定や組織管理、調整、統制など経営に関する総合的役割と最終責任を担う人物や機関のことを指す経営用語です。組織の明るい未来を切り開くことができるトップマネジメントを作り上げるため、トップマネジメントという言葉の意味やISO規格による定義、求められている役割やスキル、課題や問題点、チームとして機能するための条件について分かりやすく解説致します。

トップマネジメント に関するビジネス事例や製品の情報を受取る

目次[表示]

トップマネジメントとは

トップマネジメントは組織の成長と繁栄に大きな影響を及ぼす重要な役割を担っています。戦略的にトップマネジメントを扱うため、基礎知識から正しく身に付けていきましょう。

トップマネジメントという言葉の意味

トップマネジメント(top management)は『頂点』や『最上位』、『主要な』という意味を持つ『top』と、『経営』や『管理』、『経営学』という意味を持つ『management』を組み合わせた言葉であることから、日本語では『最高経営者層(最高経営層)』や『最高管理者層(最高管理層)』と訳されています。

トップマネジメントの定義

組織における品質マネジメントシステム(QMS: Quality Management System)の確立と、国際規格の普及を目指すスイスの国際標準化機構(International Organization for Standardization、ISO)は、その規格においてトップマネジメントを『最高位で組織を指揮し、管理する個人又はグループ』と定義しています。

トップマネジメントはチームで行うもの

ISOが定義している通り、一般的にトップマネジメントという言葉は組織の指揮管理に関わる個人とグループの両方に対して使用されます。

しかし、『現代経営学』や『マネジメント』の生みの親でありビジネス界に大きな影響を与えた思想家として有名なピーター・ファーディナンド・ドラッカー(Peter Ferdinand Drucker)氏は、著書マネジメント(原題:Management)において『トップマネジメントとは一人ではなくチームによる仕事である』と綴っています。

トップマネジメントは多岐に渡る仕事をスピーディーかつ的確にこなさなくてはなりません。与えられた多くの役割と責任を十分に果たし、組織の更なる繁栄を実現させるため、ドラッカー氏はトップマネジメントチームを結成するべきであると説いているのです。

組織内マネジメントの3つの階層

組織内に存在するマネジメントはその役割と権限から、『トップマネジメント層』と『ミドルマネジメント層』、『ロワーマネジメント層』という3つの経営管理階層に大別することができます。

それぞれのマネジメント層が持つ特徴や違いを把握しておくことによって、トップマネジメントに与えられた役割や責任、重要性を理解していくことが容易となるでしょう。

トップマネジメント層

トップマネジメントには会長、社長、取締役員、支社長、CEOなどの経営幹部が含まれており、組織の根幹に関わる業務や総合的判断、組織の現状把握と評価などの役割を担っています。トップマネジメントはシンプルに経営者層と呼ばれることもあります。

ミドルマネジメント層

ミドルマネジメントには支店長、工場長、本部長、部長、課長などの管理職が含まれており、上層部からの指示命令や戦略的判断、組織運営に対する想いなどを下層部へ正しく伝える役割を担っています。ミドルマネジメントは管理者層や中間管理者層(中間管理層)と呼ばれることもあります。

【関連】ミドルマネジメントとは?意味や役割、課題や育成のポイントをご紹介 / BizHint HR

ロワーマネジメント層

ロワーマネジメントには係長、主任、現場リーダー、チーフなどが含まれており、上層部が描いたビジョンの実現を目指し、様々な組織戦略や施策を現場の活動へ反映させる役割を担っています。ロワーマネジメントは監督者層や下級管理者層(下級管理層)と呼ばれることもあります。

トップマネジメントの役割と責任

ドラッカー氏は著書マネジメントの中で『問題はトップマネジメントとは何かではない。組織の成功と存続に致命的に重要な意味を持ち、かつトップマネジメントだけが行いうる仕事は何かである。」と述べています。

組織が長期にわたって存続し、多くの成功を収めるため、トップマネジメントが担うべき役割と責任について正しく把握しましょう。

事業目的や組織戦略の検討

トップマネジメントは事業目的や経営理念という形で組織の存在理由を明確に示し、厳しいビジネス社会を生き残るためにはどのような組織戦略や事業戦略が必要であるかを検討する役割を担っています。

  • 自社の基幹活動は何か
  • 他企業との差異や優位性はあるか
  • 創業者の想いや願いは活動内容に反映されているか
  • 今後参入するべき市場や技術にはどのようなものがあるか
  • 現在設定している経営目標の達成度はどの程度か
  • 描いていた将来ビジョンに近付くことができているか
  • 目標の見直しや修正の必要性はないか
  • 現在行っている事業の中で廃止するべきものはあるか
  • 各部門への資金配分や人材配置は適切であるか

明確化された事業目的や経営理念、組織戦略により組織への理解を深めた従業員たちはエンゲージメントを高め、日々の業務に対してこれまで以上に高いモチベーションを持って取り組んでくれるようになります。

組織内における規範や基準の設定と評価

トップマネジメントは組織全体に対する規範や基準を設定し、それが正しく扱われているかどうか評価する役割を担っています。

  • 企業行動規範の設定と評価
  • 基幹活動における価値基準やビジョンの設定と評価
  • 従業員が持っている評価基準や価値基準のチェック
  • 基準と実績との差異の見極め

トップマネジメントが組織としての価値観や信条、方向性を示すことによって、従業員たちは実行優先順位に対する共有認識を持ち、不安を抱えることなく自身に与えられた職務の達成に向けて邁進することができるようになります。

組織の構築と維持

トップマネジメントは組織の成功と存続のため、健全な組織を構築し、次世代を担うトップマネジメント人材を育成するという役割を担っています。

  • 経営理念や組織精神と一貫性のある組織構造の設計
  • 組織目標を達成することができる組織の構築
  • 組織目標や意思決定の現場への周知
  • 製品別部門と機能別部門との関係の調整
  • 人事に関する総合的な方針決定
  • 次世代リーダー候補の確保や育成への取り組み

組織と人材が相互刺激を与え合いながら共に成長できる組織環境の開発は、トップマネジメントに与えられた重要な責務であるといえるでしょう。

渉外活動の実施

トップマネジメントは組織の運営管理や事業活動に対して、特に大きな影響を及ぼす外部関係者との渉外を行う役割を担っています。

  • 顧客や取引先、労働組合、金融機関、政府機関などとの渉外活動
  • 市場の現状把握や顧客ニーズの確認などのマーケティング活動
  • 新聞記者や業界誌のライターなどメディアとの連携

組織の方向性や現状を正しく把握した経営幹部が渉外担当者となることで、深く踏み込んだ交渉の実施や対外的な信頼度の向上を実現することができます。

公的行事や交流会への出席

トップマネジメントは組織の顔です。そのため、直接的な関係の少ない公的行事や交流会、食事会などにも積極的に参加し、組織の代表者として恥じない行動を取らなくてはなりません。

このようなイベントは組織規模や活動範囲に比例して増えていくため、儀礼的な役割を担うトップマネジメントを個別に設定しておく必要があるのです。

重大な危機への対応

トップマネジメントには重大な危機に自ら率先して対応するという大切な役割があります。どれだけリスクマネジメントを行っていたとしても、その可能性を完全にゼロにすることはできません。

そのため、組織に大きな損失を与えうる危機が発生した際には、トップマネジメントが全従業員の先頭に立ち、問題の早期解決と損失の最小化に向けて最善手を選択、実行しなければならないのです。

  • 現状把握と問題解決に向けた施策の検討
  • 損失を与えてしまった相手側への対応の検討
  • メディアへの報告内容と対応の検討
  • 現状と各方面への対応を含めた問題解決プロセスの全体周知
  • 組織全体に対する指揮命令と各方面への対応
  • 重大な危機を招いた真因の追究とリスクファクター(危険因子)の洗い出し
  • 再発防止に向けた施策の検討と提案

全従業員の危機意識を高めつつも問題解決までのプロセスを明確に示すことで安心感を与え、最高のパフォーマンスを持って問題解決に当たるため、指揮命令系統の統括者には豊富な経験と冷静な判断力、そして従業員からの厚い人望を持った人物が就くことが望ましいでしょう。

トップマネジメントに求められるスキル

与えられた多くの役割と責任を果たし、組織の成功と存続を実現させるため、トップマネジメントは多種多様なスキルを求められることになります。

トップマネジメントに求められるスキルはその効果や性質によって『コンセプチュアルスキル』、『ヒューマンスキル』、『テクニカルスキル』という3つに分類することができます。

コンセプチュアルスキル

コンセプチュアルスキルは物事を概念化することによって本質を捉えるための力で、概念化能力とも呼ばれます。

コンセプチュアルスキルには次のようなスキルが含まれます。

  • ロジカルシンキング(理論的思考力、論理思考力)
  • ラテラルシンキング(水平思考)
  • クリティカルシンキング(批判的思考)
  • 経営知識やビジネスセンス
  • 多面的視野
  • 先見性
  • 状況分析力
  • 洞察力
  • 変革力
  • 直感力(ひらめき力)
  • 俯瞰力

【関連】コンセプチュアルスキル向上を図る意味とは?研修具体例や書籍を紹介 / BizHint HR

ヒューマンスキル

ヒューマンスキルは人間関係を良好な状態で維持し、組織内人材のパフォーマンス最大化による組織力向上を図る力で、対人関係能力とも呼ばれます。

ヒューマンスキルには次のようなスキルが含まれます。

  • ソーシャルセンシティビティ(社会的感受性)
  • コミュニケーション力
  • リーダーシップ(統率力、調整力)
  • マネージャーシップ(現場管理能力、業務管理能力)
  • ダイバーシティ(多様性)への理解
  • コーチングスキル(部下育成力)
  • ファシリテーションスキル
  • ネゴシエーションスキル(交渉力)
  • プレゼンテーションスキル(提案力、表現力)
  • カリスマ性
  • 情報伝達力

【関連】ヒューマンスキルの意味とは?種類と向上の方法を例を交えご紹介 / BizHint HR

テクニカルスキル

テクニカルスキルは自身に与えられた職務や業務を正しく遂行するための力で、業務遂行能力とも呼ばれます。

テクニカルスキルには次のようなスキルが含まれます。

  • 業務関連資格
  • 高度な専門技術
  • 専門分野に対する深い知識
  • 自社商品や独自サービスの知識
  • 組織構成員(会社員、従業員)としての自覚
  • 目標達成意識(目標達成力)
  • 巧緻性(器用さ)
  • 行動力(実行力)

【関連】テクニカルスキルとは?具体例やヒューマンスキルとの違いをご紹介 / BizHint HR

トップマネジメントがチームとして機能するための6つの条件

ドラッカー氏は自書の中で、トップマネジメントはその役割と責任を十分に果たすために『考える人』、『行動する人』、『人間的な人』、『表に立つ人』という4つの性格を持ち合わせなければならないと綴っています。そして同時に、個人ではなくチームとして補い合うことでその4つの性格をトップマネジメント内に確保することを推奨しています。

しかし、個々のメンバーがバラバラに活動してしまっては組織としての安定性が大きく損なわれてしまいます。トップマネジメントがチームとして機能するために欠かすことのできない6つの条件を正しく理解し、満たすことによって、トップマネジメントチームの活動成果を飛躍的に高めることが可能となるでしょう。

担当分野における最終的な決定権を持たなければならない

トップマネジメントの扱う仕事はいずれも責任の度合いが大きく、スピード感を求められるものばかりです。そのため、トップマネジメントのような高度な役割を担う立場であっても、責任と権利は必ず表裏一体として扱わなければなりません。

チームメンバー各自に対して役割に関する最終決定権を保有させることにより、担当者としての自覚と強い責任感を持って職務に就くことができるでしょう。

担当以外の分野についての意思決定を行ってはならない

担当以外の分野についての意思決定を安易に行ってしまうと、判断ミスによるトラブルや損失の発生だけではなく、信頼関係の崩壊やチームワークの低下、担当者の責任感の希薄化など多くのリスクを生じさせてしまうことになります。

しかし、分野外の質問や相談をただ回避するだけでは対外的な信頼を失いかねません。自身の担当する分野以外の意思決定を求められた場合、速やかに担当メンバーへと引継ぐことでこのようなトラブルや損失を防ぐことができるでしょう。

チームメンバー同士で攻撃し合ってはならない

トップマネジメントのメンバーは意識的に友好度を高める必要も尊敬し合う必要もありません。ですが、チームワークの維持は正常なチーム活動に欠かせない要素であり、いがみ合うことでスムーズな連携が取れなくなることは望ましいことではないため、チームメンバー同士で攻撃し合うようなことがあってはなりません。

明らかな批判や誹謗中傷はもちろん、特定の人物を指した発言を行うなど誤解を生む発言も極力慎むようにしましょう。

チームリーダーを設定しなければならない

トップマネジメントは話し合いや多数決によって方向性を決定する委員会のようなものではなく、メンバー一人ひとりが自身に与えられた役割を果たし、全体の成果を高めるために努め続けるチームでなければなりません。そのため、トップマネジメントにはチームリーダーの存在が必要不可欠となります。

チームメンバーに対して一方的な指示や管理を行うボスのような人物ではなく、重大な危機に陥った際には全ての責任を一手に引き受け、成功への糸口が掴めた際にはメンバーを牽引するキャプテンのような人物をリーダーにすることによって、チームメンバーは組織の成功と存続に向けて最高のパフォーマンスを発揮することができるようになるでしょう。

チーム全体で意思決定を行う課題を決めておかなければならない

チームメンバーそれぞれが自身の役割に関する最終決定を行うことが基本ですが、事業の定義や顧客(購入者、消費者、利用者)の設定、巨額資金の運用や人事などチーム全体で最終的な判断や決定を行わなければならないような重要課題も存在するため、どのような課題をチーム全体での話し合いや意思決定の対象とするのか決めておく必要があります。

初期段階で明確な線引きを行っておくことにより、自らが最終決定を行うべき課題とチーム全体で最終決定を行うべき課題の見極めが容易となるでしょう。

チーム内の意思の疎通に注力しなければならない

周囲の人間が自分の考えや方向性を正しく理解してくれていることにより、担当分野において最大限の自主性を持って行動することが可能となります。そのため、トップマネジメントチームのメンバーはチーム内の意思疎通が円滑に行えるよう精力的に取り組まなければなりません。

情報共有やコミュニケーションが円滑に行えるチーム環境を整備することによって、各自が自発的かつ積極的に活動を行う強いチームを構築することができるでしょう。

トップマネジメントの課題や問題点

組織の成功と存続に欠かすことのできないトップマネジメントですが、いくつかの課題や問題点も存在しています。

ビジネスアナリシス実行に向けた環境構築の必要性

トップマネジメントに与えられる役割の1つである『事業目的や組織戦略の検討』と関連性の高いビジネス用語にビジネスアナリシス(Business Analysis、BA)というものがあります。

ビジネスアナリシスはビジネスニーズを定義し、ステークホルダー(利害関係者)に対して価値あるソリューションを提供するための一連のプロセスを指しますが、このビジネスアナリシスを正しく実行するためにはトップマネジメントに対する知識や理解を深めるだけではなく、組織内の環境整備も必要となります。

マネジメントやリーダーシップの推進、関連組織との情報共有、必要資源の確定、障害の洗い出しと排除、計画の妥当性についての評価などビジネスアナリシスを実行しやすい環境の構築を着手前に行っておくことにより、ビジネスアナリシスの効果を十分に得られることができるでしょう。

組織内のノウハウ不足やアドバイザーの不在

どれだけトップマネジメント環境構築の知識をつけたとしても、組織内のノウハウ不足やアドバイザー不在に対する不安は拭い去ることができません。そのような場合には社外からアドバイザーを招いたり、トップマネジメント研修への参加を検討するのも良いでしょう。

トップマネジメント研修

目まぐるしく変化し続けるグローバル社会や国内構造に対応できるトップマネジメント人材を育成したいという経営幹部の要望に応えるため、トップマネジメント育成に関する数多くの研修やセミナーが開催されています。

トップマネジメント研修/一般社団法人日本能率協会(JMA)

35年の歴史と累計8500名以上の経営者や取締役、執行役員が受講済みという実績を誇る一般社団法人日本能率協会(JMA)のトップマネジメント研修は、その充実した内容と徹底集中した短期研修プランが魅力です。

現役経営者の講義からは単なる知識やノウハウだけではなく経営に対する熱意や想いを受け取ることができ、2~3日という短期間で実施する日帰りプログラムや2泊3日の合宿プログラムはまとまった時間を作りにくいトップマネジメント人材の研究参加へのハードルを大きく下げてくれることでしょう。

【参考】日本能率協会/経営者・取締役・執行役員向け研修なら、トップマネジメント研修サイト

ドラッカー塾トップマネジメントコース/ダイヤモンド社

日本国内においてドラッカー氏が執筆したほぼ全ての書籍を出版しているダイヤモンド社が実施するドラッカー塾は、ドラッカー氏のマネジメント理論やノウハウが凝縮された非常に中身の濃い学習内容となっています。

その中でも事前審査を通過したトップ経営者だけが参加することのできるトップマネジメントコースは、ドラッカー氏が教授として自らの言葉でマネジメントについて解説する動画を用いたeラーニング学習やドラッカー教授作成のケーススタディが組み込まれた教材を使用する講義が各方面から高い評価を受けており、多くの講座がキャンセル待ちの状態となるほどの大盛況となっています。

【参考】ドラッカー塾 / トップマネジメントコース

トップマネジメントの参考書籍

トップマネジメント研修に参加したいけれど、そのための時間を確保することができないという経営者は決して少なくありません。そのような場合に役立つトップマネジメントの参考書籍を紹介致します。

ドラッカーが教える 最強の経営チームのつくり方

トップマネジメント株式会社代表取締役であり『ドラッカー専門のマネジメントコンサルタント』として活躍している山下淳一郎氏が、ドラッカー氏から学んだトップマネジメントチームの必要性とチーム成果を高めるノウハウをぎっしり詰め込んだ一冊が『ドラッカーが教える 最強の経営チームのつくり方』です。

ドラッカー氏の書籍には哲学的かつ学術的な内容が多く、実務的なイメージを浮かべにくいという難点がありますが、本書ではそれを見事に克服し、丁寧かつ分かりやすくまとめられているため、企業経営力を高めたいと考える経営者が経営管理学の入門書として使用するといった活用方法も考えられるでしょう。

【書籍情報】

  • ドラッカーが教える 最強の経営チームのつくり方
  • 著者:山下淳一郎
  • 出版社:総合法令出版
  • 発売日:2016年2月9日

まとめ

  • トップマネジメントとは経営に関する総合的役割と最終責任を担う人物や機関であり、あらゆる組織にとって不可欠なものである
  • マネジメントの生みの親であるピーター・F・ドラッカー氏は著書の中で『トップマネジメントとは一人ではなくチームによる仕事である』と綴っている
  • トップマネジメントチームは『考える人』、『行動する人』、『人間的な人』、『表に立つ人』という4つの性格を持ち合わせなければならない
  • トップマネジメントがチームとして機能するためには6つの条件を全て満たす必要がある

注目のビジネス事例トピックを、逃さずチェック。

大手やベンチャー含め計60,000人以上の会員が利用しています。

BizHint の会員になるとできること

  • 厳選されたビジネス事例が毎日届く
  • BizHint 限定公開の記事を読める
  • 実務に役立つイベントに申し込める
  • アプリで効率的に情報収集できる
いますぐ無料会員登録

この記事の関連キーワード

フォローボタンをクリックすると、キーワードをフォローすることができます。

キーワードについて

戦略人事の記事を読む