close

はじめての方はご登録ください(無料)

メニュー

BizHint について

カテゴリ

最新情報はニュースレター・SNSで配信中

アイスブレイク

2019年7月28日(日)更新

アイスブレイクとは、その場の緊張感を解いて雰囲気を和ませるために用いる手法です。成功のポイントは、その場にいる全員が手軽に参加できる手法を選択し、コミュニケーションの中で緊張を解きほぐせるような内容にすることです。本記事では、アイスブレイクの概要や注意点に加え、会議や研修、採用面接など、シーン別に明日から使えるネタ集をご紹介します。

アイスブレイクとは

アイスブレイクとは、初対面の人同士や普段交流の少ない人たちと集う場で、緊張や不安をほぐして場を和ませ、コミュニケーションしやすい雰囲気をつくる手法です。

アイスブレイクの言葉には、場の緊張感を「氷」と表現して、「氷を壊す、打ち破る、溶かす」という意味があります。

海外の著名なビジネスパーソンは、プレゼンテーションを行う際に冒頭で軽いジョークで笑いを誘うことがありますが、これもアイスブレイクの一例です。場の雰囲気がほぐれて、話し手も聞き手もリラックスかつ集中できる状態になります。

ビジネスにおけるアイスブレイクは冒頭の5~10分で行います。上記のようなトークの他、自己紹介や簡単なゲームなどを交えて、話しやすい場の雰囲気を醸成するのが一般的です。

アイスブレイクが有効なシーン

アイスブレイクはビジネスのさまざまなシーンで活用できます。中でも以下のようなシーンではアイスブレイクがとても有効です。

  • 研修・ワークショップ
  • 社内会議
  • 初対面同士の自己紹介・他己紹介
  • 採用活動(面接・面談)
  • 取引先との会議や商談、営業

アイスブレイクは研修や会議など、人が集まる場所で高い効果を発揮しますが、1対1で行う採用面接や、取引先との商談前などにも有効です。

アイスブレイクをビジネスシーンで利用する目的

この動画もあなたにオススメ