close

はじめての方はご登録ください(無料)

メニュー

BizHint について

カテゴリ

最新情報はニュースレター・SNSで配信中

マトリックス組織

2019年10月31日(木)更新

「マトリックス組織」とは、「職能」「エリア」「事業部」など様々な構成要素を組み合わせ、複数の指揮命令系統により組織を管理する形態のことを言います。2016年にトヨタ自動車が導入したことで大きな注目を浴びました。では、マトリックス組織とはどのような特徴を持つ組織構造なのでしょうか。他の組織構造との違いや、そのメリット・デメリット、三つの類型や導入ポイント、そして実例まで詳しく解説します。

マトリックス組織とは?

「マトリックス組織(マトリクス組織)」とは、例えば「職能」「エリア」「事業部」などの構成要素を組み合わせて組織を作る方式です。従来のような一元管理ではなく、複数の指揮命令系統により組織を管理する形態のことを言います。

マトリックス組織のメリット

マトリックス組織をつくることで、どのようなメリットがあるのでしょうか。

メリット①複数の組織構造の組み合わせで、柔軟な対応が可能に

様々な組織構造のメリットを持ち合わせているため、市場の変化やクライアントの希望に柔軟に対応しながらも、一貫して管理しやすいのが魅力です。

多角的な経営を行っている企業では、例えば国別、製品別、機能別など3つの組織構造を組み合わせた「三次元マトリックス」なども導入されています。

メリット②複雑な管理が必要なグローバル展開にも有効

グローバル展開を進める際、エリアごとの市場特性を見抜くためのマネジメントが必要であると同時に、各種製品別の管理も重要となります。製品部門は、各エリア部門からの情報を吸い上げながら改良や機能追加を進めることで、地域特性に合った製品の提供を可能とします。

この動画もあなたにオススメ