close

はじめての方はご登録ください(無料)

メニュー

BizHint について

カテゴリ

最新情報はニュースレター・SNSで配信中

ハドルミーティング

2019年5月20日(月)更新

ハドルミーティングとは、ビジネスシーンで必要な時に10~30分の短時間で行う会議スタイルです。「働き方改革」で組織・社員の生産性向上が重要視されていることもあり、注目が高まっています。今回はハドルミーティングのポイントや注目されている理由、メリットから導入方法を中心にご紹介いたします。

ハドルミーティングとは

ハドルミーティングとは、もともとはアメリカンフットボールの選手たちが試合中に行うフィールド上の作戦会議を指す用語で、ビジネスシーンでは必要に応じて開催する短時間の会議スタイルを指します。

必要なタイミングと必要なメンバーでミーティングを行うことで、早期の課題解決や会議時間の短縮による生産性向上が可能です。

最近ではハドルミーティングを推進するために、最適なオフィスレイアウトの採用やハドルルームの設置を行う企業が増えています。

ハドルミーティングのポイント

ハドルミーティングの特徴として、4つのポイントをご紹介します。

必要な時に必要な人のみ

ハドルミーティングは定期開催される会議とは異なり、必要な時に必要な人のみで行います。参加者を「決裁者」「問題提起者」「関係者」と最小限に絞ることで、議論やコミュニケーションを活性化させ、迅速な意思決定を可能とします。

また、ハドルミーティングはスピード感を重視した会議でもあるため、開催時は参加者がすぐに集まり、意思決定ができたら、すぐに解散できる点が特徴的です。

アイデアの可視化・収集が目的

この動画もあなたにオススメ