close

はじめての方はご登録ください(無料)

メニュー

BizHint について

カテゴリ

  • Icon mailmaga
  • Icon facebook
  • Icon twitter

最新情報はメールマガジン・SNSで配信中

連載:第42回 総合

AI時代におけるグローバル人財の獲得・育成・維持、もっとも期待される国は「スイス」

Logo markBizHint 編集部 2020年1月29日(水)掲載
メインビジュアル

「人財」をいかに育成・獲得・維持するかは、国や主要都市にとっては大きな課題だと言えます。このテーマに対して、アデコグループ、INSEADビジネススクール、Googleの3者は、年次で国際調査「GTCI」(Global Talent Competitiveness Index:人財競争力に関する国際調査)を実施しています。最新調査では、世界132か国および155都市が対象となりました。

メインビジュアル

「GTCI 2020」国別ランキング(上位20か国)

「AI時代におけるグローバル人財」に強い国は? アデコとGoogleが調査

「GTCI」は、 人財を獲得・育成・維持する能力 を、国別に年1度ランク付けする調査で、今回で7回目。アデコグループの協力のもとINSEADが開発しており、70の変数をもとに国や組織をランク付けします。最新調査である「GTCI 2020」は、「AI時代におけるグローバル人財」をテーマに、 変革的なテクノロジーから価値を得るために、適切な人財 を摸索。2020年1月22日にダボスで開催された「World Economic Forum」(世界経済フォーラム)で発表されました。

その結果、「GTCI 2020」では、「スイス」が前年に続き1位。2位「米国」、3位「シンガポール」は前年から入れ替わっています。以下、「スウェーデン」「デンマーク」「オランダ」など、同じ顔ぶれが続きました。基本的には 高収入の経済国 が、生涯学習やリスキル/スキルアップ、グローバル人財の獲得・維持などに投資しており、安定してランクインしています。なお最下位についても、前年と同じで「イエメン」が132位でした。また日本は、前年の22位から3つ順位を上げ19位に入っています。


「GTCI 2020」都市別ランキング(上位10都市)

続いて都市別ランキングを見ると、前年から大きく変動。今回の1位は前回8位の「ニューヨーク」。「Enable(活用)」「Attract(魅力)」「Grow(育成)」といった評価において高い評価を得たとのことです。日本からは「東京」が前回19位からジャンプアップして8位に入りました。

いずれの国・都市もAIを積極的に採り入れており、Fintech(金融技術)やMedTech(医療技術)分野での活動も活発化しています。ある意味、これらの世界都市は、AIやビッグデータ技術の実証実験場となりつつあり、それが人財の確保や活用にも好影響を与えています。ただし、こうした動向が長期的にどうなるかは、注視する必要があるでしょう。

調査方法

調査対象:世界132か国および155都市

プレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000578.000001264.html

この記事についてコメント({{ getTotalCommentCount() }})

close

{{selectedUser.name}}

{{selectedUser.company_name}} {{selectedUser.position_name}}

{{selectedUser.comment}}

{{selectedUser.introduction}}

おすすめ記事・資料

仮登録メール確認