close

はじめての方はご登録ください(無料)

メニュー

BizHint について

カテゴリ

最新情報はニュースレター・SNSで配信中

生産性向上

2020年10月7日(水)更新

生産性向上とは、組織が保有する経営資源を最大限に有効活用し、最小限の投資で最大限の成果を生み出すことを指す言葉です。少子高齢化による労働人口の減少や国際競争力の低下など、数多くの問題を抱える日本にとって生産性向上は国全体で取り組むべき重要課題となっています。当記事では、生産性向上に関する知識を深め、組織内における生産性向上を実現させるために必要となる情報やノウハウを分かりやすくまとめて解説致します。

「生産性向上」とは

生産性向上とは、組織が保有する経営資源を最大限に有効活用し、より小さな投資でより大きな成果を生み出すための取り組みを指す言葉です。

働き方改革の推進や生産性向上国民運動推進協議会の開催など、日本では政府主導による国全体を対象とした、大規模な生産性向上施策が進められています。

さらに、新型コロナウイルスの影響により、従来の働き方が難しくなった企業、経営危機に陥っている企業なども多いことでしょう。今後、企業は今まで以上に生産性を向上させる取り組みを行っていかなければならないのです。


生産性向上に役立つツールは、こちらの記事で詳しくご紹介しています。
【関連】【用途別】生産性向上ツール14選!製品のポイントを7つの用途別に詳しくご紹介/BizHint


「生産性」の意味と種類

まずは、「生産性」の言葉の意味を改めて確認していきましょう。

生産性とは、生み出された成果・価値と、その成果物を生み出すために投入された資源量の比率のことです。「 投入資源からどれだけの価値が生み出されるか 」の効率とも言え、「アウトプット」÷「インプット」として表現することができます。

この動画もあなたにオススメ