close

はじめての方はご登録ください(無料)

メニュー

BizHint について

カテゴリ

最新情報はニュースレター・SNSで配信中

オフィス改革

2018年11月14日(水)更新

オフィス改革とは、社員の職場であるオフィスのデザインやレイアウト変更など、働く環境としてのオフィスを見直し、改革することです。昨今ではワークスタイル変革の文脈で語られることが多くなってきています。コミュニケーション促進や生産性の向上などが主目的として実施されますが、導入に失敗すると、かえって社員のストレス増加や生産性の低下にもつながります。この記事では、オフィス改革成功のポイントや、事例もあわせて紹介します。

オフィス改革とは

オフィス改革とは、社員の職場であるオフィスのデザインやレイアウト、場所や持つ機能など、働く環境としてのオフィスを見直し、改革することを意味します。昨今ではフリーアドレス制によるコミュニケーションの活性化や、ワークスタイル変革の文脈で語られることが多くなってきている言葉です。

【関連】ワークスタイル変革とは?その目的や具体的な施策・変革を阻む課題までご紹介 / BizHint HR

オフィス改革の目的や効果

オフィス改革の目的や効果には、どのようなものがあるのでしょうか。

生産性の向上

オフィス改革により、生産性の向上が期待できます。例えば、ペーパーレス化を実現することで書類の管理に必要としていた時間を削減したり、簡単な会議が思い立った時に開催できるようにしたり、個人の業務に集中できるソロワーク環境を整備することなどが挙げられます。

【関連】「生産性向上」は日本経済の課題!知っておきたい法律や改善方法、導入事例をご紹介 / BizHint HR

コミュニケーション促進

この動画もあなたにオススメ