close

はじめての方はご登録ください(無料)

メニュー

BizHint について

カテゴリ

最新情報はニュースレター・SNSで配信中

在宅勤務

2020年2月21日(金)更新

在宅勤務とは通勤せずに自宅で仕事を行うことで、IT化や雇用形態の多様化を受け注目されている働き方です。今回は在宅勤務の定義や背景を説明した上で、在宅勤務に適した会社や人の特徴を挙げていきます。さらに、実際に制度を導入した場合のメリットやデメリットと取るべき対策を解説し、最後に実際の成功事例もあますことなく紹介していきます。

在宅勤務とは?

在宅勤務とは、その名の通り自分の家で働くことで、企業と雇用契約や請負契約などを交わし、その契約の内容に沿って自宅で業務を行うことをいいます。

すべての労働日を在宅で勤務する場合もあれば、週に数日など、決められた日に在宅で勤務する場合など、働き方は企業や人に応じてさまざまです。

リモートワークの一種

在宅勤務は、いわゆる「リモートワーク」の一種です。

リモートワークとは、オフィスを離れた場所で時間や場所にこだわらない働き方のことで、具体例としては在宅勤務の他、モバイルワーク、サテライトオフィスなどが挙げられます。

在宅勤務を行うことは、自分が居住する場所で仕事をする形態を取ることであるため、時間や場所にこだわらない「リモートワーク」の概念に一致します。日々の通勤ラッシュやそれに伴う通勤時間の浪費から解放され、会社に行かずとも業務が成り立つ働き方ができることに特徴があります。

【関連】リモートワークの意味とは?メリットや注意点、事例を一挙紹介/BizHint

テレワークとの違い

リモートワークを語る際に類似する言葉として登場するものの一つに「テレワーク」が挙げられます。

この動画もあなたにオススメ