はじめての方はご登録ください(無料)会員登録
search

2018年11月21日(水)更新

ワークスタイル

ワークスタイル変革とは、組織の「ワークスタイル(働き方)」を変えて新しくする事を言い、近年では国を挙げて取り組んでいる課題です。これは、主に優秀な人材の維持や確保、そして組織の生産性の向上やイノベーションの創出を目的に実施されます。ただ、一言に「変革」と言ってもスムーズに進まない現状もあります。今回は、「ワークスタイル変革は、なぜ進まないのか」という視点も含めて「ワークスタイル変革」についてご紹介します。

ワークスタイル に関するビジネス事例や製品の情報を受取る

1.ワークスタイルとは?

そもそも「ワークスタイル」とは、直訳すると「働き方」という意味の言葉ですが、その捉え方は使われるシーンや受け取る人によって様々です。

例えば、個人の「働き方」である場合、その人がどのように仕事を進めるのか、仕事の仕方にフォーカスした意味となります。しかし、広義の「働き方」となると、経営視点から見る組織の働き方に関する仕組みや、企業風土・労働環境などの幅広い意味を持ちます。

この「ワークスタイル」を変えて新しくする事を「ワークスタイル変革」と言います。働き方改革の推進もあり、近年では国を挙げて取り組んでいる課題のひとつです。

ただ、一言に「変革」と言ってもスムーズには進まない現状もあります。今回は、「ワークスタイル変革は、なぜ進まないのか」という視点も含めて「ワークスタイル変革」について見てみましょう。

【関連】BizHint HR「働き方改革とは?必要となった背景や実現会議と実行計画、事例まで徹底解説」

ワークスタイル変革が注目される背景

ワークスタイル変革という言葉が注目されるようになったきっかけには、日本の企業をとりまく環境の著しい変化が挙げられます。

労働力人口の減少

まず挙げられるのが、少子高齢化による人口の減少から生じる労働力不足の問題です。

厚生労働省が発表した最新の有効求人倍率(2017年9月分)を見てみると、「25年ぶりの高水準」と言われた昨年の平均1.36倍を上回る1.52倍となっています。そんな中、いかに優秀な人材を獲得し、また離職を防ぐのかが注目されており、その施策の一つとして「ワークスタイル変革」が注目されているのです。

【出典】厚生労働省「一般職業紹介状況(平成29年9月分)について」
【関連】BizHint HR「労働力人口とは?労働力人口の減少に企業はどう立ち向かうべきか?」

グローバル化の進行

近年、企業のグローバル化は急速に進行しています。グローバル化が進行することで、企業間の競争が激化するだけでなく、これまでとは違う価値観を持つグローバル人材の獲得や、様々な異文化の企業との提携、増加する拠点との連携など、企業構造も複雑となります。

そんな中、外国人社員の受け入れや、各拠点との連携の時間帯への対応などから、柔軟な働き方やワーク・ライフ・バランスの確保が求められています。また、企業間の競争の激化による生産性の向上の必要性などの視点から見ても、ワークスタイル変革は必要不可欠な施策となっています。

【関連】BizHint HR「グローバル経営とは?グローバル経営管理の課題も合わせてご紹介」

ダイバーシティの推進

「ダイバーシティ」とは、人材の多様性を受け入れ、それを企業の成長に活用しようという考え方です。各々の社員が持つ性別や性格、能力、経験、生活環境や思想を否定することなく、受け入れた上で各々に応じた働き方を推奨することは、社員のモチベーションアップにもつながります。

併せて、近年は労働者の価値観の変化により自分の生活スタイルに合わせた働き方を望む傾向が強くなっています。多様化した社員の抱く価値観に合致した勤務スタイルを築き上げることが、各企業に課された課題の一つとされています。

【関連】BizHint HR「ダイバーシティとは?意味や経営を推進するためのポイント」

2.ワークスタイル変革の目的

ワークスタイル変革の最大の目的は、「企業価値の最大化」です。ここでは、さらに具体的な目的について見てみましょう。

生産性の向上

そもそも「生産性」とは、「生産のために投入される労働・資本などの生産要素が生産に貢献する程度」という意味です。これを向上させるには、長時間労働など非効率な労働環境の是正、無駄な作業の排除や適切なマニュアル化などの業務フロー改善、そして人材マネジメントの適正な実施などが挙げられます。

ワークスタイル変革を実施し、勤務場所や時間、仕事の進め方を見直し、効率良く行うことができる対策を取ることで、社員はより仕事に集中することが可能となり、生産性が向上する結果へとつながります。

【出典】コトバンク「生産性」
【関連】BizHint HR「”生産性向上”は日本経済の課題!知っておきたい法律や改善方法、導入事例をご紹介」

イノベーションの創出

ワークスタイルの変革は、「企業価値の源」とも言われる「イノベーションの創出」にも繋がります。イノベーションの創出のためには、新しく斬新なアイデアを考える時間的余裕や環境、また「アイデアの社内公募」や「社内ベンチャー」等のユニークな制度、時にはイノベーション創出のための組織の結成など様々な方法があります。

ワークスタイル変革を実現する事により、社員が通常業務に忙殺されず、比較的余裕のある状態でインプット・アウトプットが可能な環境や風土作りが可能となります。それにより、イノベーションの創出に繋がるのです。

【関連】BizHint HR「”イノベーション”の意味とは?種類や必要性、イノベーションの興し方から課題・事例をご紹介」

優秀な人材の確保

企業の持つ経営資源の中で最も重要だと言われる「人材」の維持・確保です。

ワークスタイル変革を実現する事で、結果的にワーク・ライフ・バランスの最適化が可能となります。「ワーク・ライフ・バランス」とはその名の通り仕事と生活のバランスを保ち、社員が働きやすい環境を作るための施策の事です。

ワークスタイル変革の推進により、社員の働き方に柔軟性を持たせることで、社員自身の生活スタイルや希望に合わせた働き方をすることができるようになります。その結果、社員は無理なく仕事を続けることが可能となり、職場に対する満足度がアップします。

これらの要因により、快適な職場環境を維持している会社には、優秀な人材が集まりやすい、また離職率の低い傾向がみられます。

【関連】BizHint HR「ワーク・ライフ・バランスとは?メリットや推進ポイント・問題点や取組事例もご紹介」

3.ワークスタイル変革に求められる施策

それでは、ワークスタイル変革のための具体的な施策について見てみましょう。

組織改革

ワークスタイル変革には、組織マネジメントから意思決定のプロセスに至るまで、組織自体が変わる事が必要不可欠です。そのためには、まず組織の現状を知る事が必要です。

具体的な課題を洗い出すには、現場の声を聞く事から始めます。ワークスタイルについてどのような不安や不満を持っているのか。また、各部署でいまどのような業務にどのような作業が発生していて、その一つ一つの業務は必要なのか、効率化できないのかなど、仕事の棚卸しが重要となります。その上で課題を見つけ、それを一つ一つ改善しながら組織改革をはかります。

社内の意識改革

次に、社内の意識改革です。古くからの日本企業の風習で、「長時間働く事に価値がある」「休暇は悪」という様な「企業戦士」的風土が根付いている企業も未だ多くあります。しかし、これからは多様性の重視や、それぞれの個性を尊重し合う事など、ダイバーシティの考え方も取り入れた柔軟性の高い風土が必要です。

まずは経営者がこの「ワークスタイル変革」について十分に理解し、推進力を持つ事が重要です。その上で、この施策を「経営戦略」の一つとして、実行する意味や社員にとってのメリットなどを理解しやすいように周知します。そして、まずは経営者含め管理職からその姿勢を変え、少しずつ社内の意識を改善していく必要があります。

【関連】BizHint HR「「意識改革」の意味とは?社員の意識を変える目的や方法、リーダーの役割を解説」

ICT環境の導入

ワークスタイル変革には、ICT技術の導入や環境の整備が必要不可欠です。ワークスタイル変革が現在のように広まったのも、ICTの目覚ましい発展があったからと言っても過言ではありません。

ICTの発展により、ネットワークはスピードアップし、クラウドサービスの進展によりあらゆる場所でデータや情報共有ができるようになりました。また、デバイスの多様化などもあり、業務や会議などが時間や場所に左右されず、どこでも行える環境を整備する事ができます。

つまり、これらのICTを最大限に活用する事で、ワークスタイル変革の選択肢は広がり、より自社にマッチした改革を実現する事ができるのです。

雇用形態の多様化

これまでのように、組織は基本的に「正社員」が動かすという考え方ではなく、社員の希望や環境に柔軟に対応できるような雇用形態を導入し、社員に選択肢を与える事が求められています。

「契約社員」「パート・アルバイト」「派遣社員」などはこれまでも多くの企業で導入されていますが、今後は「短時間正社員」や「嘱託社員」など、働く人にとって柔軟な対応ができる雇用形態を導入する必要があるでしょう。それにより、特に家庭環境によって労働時間が制限されやすい女性や、定年退職した社員など、優秀な人材の流出を食い止める事ができ、結果的に企業価値を向上させる事に繋がります。

また、外部に委託できる部分については「業務委託」や「在宅ワーカー」等を上手く活用し、業務効率をアップさせる事も必要な施策の一つです。

【関連】BizHint HR「”雇用形態”とは?正社員・契約・派遣などの種類、変更方法を解説」

オフィス改革

オフィス改革とは、社員の職場であるオフィスのデザインやレイアウト、場所や持つ機能など、働く環境としてのオフィスを見直し、改革することを意味します。

具体的にはフリーアドレス化、ペーパーレス化、リフレッシュできる空間の設置などが挙げられます。

【関連】BizHint HR「オフィス改革の効果、成功のポイントや事例について紹介」
【関連】BizHint HR「フリーアドレスとは?メリット・デメリットや成功事例などをご紹介」

制度の導入

最後に、様々な制度の導入・整備です。主な例についてご紹介します。

テレワーク制度

テレワークとは、ICT技術を用いて社員が時間や場所の制限なく働くことができる環境を提供することで、通勤時間の削減、子育てや介護等との両立、業務の生産性向上など様々なメリットがあります。

テレワークには、ビジネスを展開する場所によって、「在宅勤務」「モバイルワーク」「サテライトオフィス勤務」などがあります。

【関連】BizHint HR「テレワークとは?意味やデメリット、導入企業事例、助成金制度を紹介」

ファミリー・フレンドリー施策

ファミリー・フレンドリー施策とは、特に育児や介護をしながら働く社員やその家族をサポートするための対策を指します。

具体的には、育児・介護休業制度やそれに準ずる休暇制度、短時間勤務制度や限定正社員制度、育児・介護費用の一部負担、育児・介護サービスの情報提供などが挙げられます。法律による定められた内容を職場制度として取り入れることや、社員が安心して育児・介護との両立をしながら勤務を続けることができるような情報や支援を、企業が行うことをいいます。

【関連】BizHint HR「育児短時間勤務とは?給与、残業、賞与、時間などの制度について」
【関連】BizHint HR「「短時間正社員」とは?制度の概要やメリット、導入手順まで徹底解説」

柔軟な人事評価制度

最後に、柔軟な人事評価制度です。ワークスタイル変革を実行するにあたり、様々な働き方を導入するケースが多くありますが、そこにはこれまでの人事評価制度が当てはまらない場合も多いでしょう。労働環境や雇用形態が多様化すれば、人事評価もそれに伴って柔軟であるべきです。

新しい施策を利用する人としない人が、同じ基準で適正に評価され、かつ社員の納得性の高い評価制度が必要です。これを策定する際には、社員の声を吸い上げる事も重要でしょう。

【関連】BizHint HR「人事評価制度とは?評価対象や評価手法、企業事例などもご紹介」

4.ワークスタイル変革を阻む課題

冒頭でも触れたように、ワークスタイル変革を推進すると言っても、なかなか前に進まない、上手くいかないという声が多いのも現状です。それでは、なぜワークスタイル変革が進まないのか、その変革を阻む要因について見てみましょう。

変革の進め方が不明瞭

まず、「そもそも、何から始めれば良いのか分からない」という事です。自社のワークスタイルに問題がある、もしくは時代にそぐわないという事は分かっているが、どのような施策を取り入れて良いのか不明瞭なケースです。

このような場合は、自社のワークスタイルのどこに課題があるのか、まずは現状をヒアリングして把握した上で洗い出し、そこから目的を設定する事が重要です。目的が定まれば、そのために何をすべきかという手段が見えてきます。

社内での意識統一が難しい

次に、社内での意識統一です。例えば、人事部では現在のワークスタイルの課題を把握しているにも関わらず、経営者や上層部が理解しておらず、なかなか変革まで進められないケースです。

ただし、社内の意識統一や風土の醸成には、経営トップの理解と発信力が必要不可欠です。トップの理解を得るには、現場の調査結果など、より具体的な情報を示した上で「経営課題」として現状を説明。その上で、具体的な施策を提案し、それを進める事によって企業にとってどのようなメリットがあるのか、という事をプレゼンテーションする必要があるでしょう。

ツールや制度の導入が目的となっている

ワークスタイル変革において、よく導入される傾向にある「時短勤務」「在宅勤務」等の制度面や「グループウェア」などのICTツールなどの導入だけに終わってしまい、実態は全く利用されず形だけで終わってしまう例です。

これは冒頭でも触れましたが、まず自社にとってのワークスタイル変革の目的とゴールが明確化されていない状態です。今一度社内のニーズを洗い出し、その制度やツールがどの課題を解決するために必要なのか、そのためには、社内でどのように周知すれば利用されワークスタイル変革に繋がるのかを、綿密に計画する必要があります。

ICT部門との連携不足

次に、ICTを扱う情報部門などとの連携不足です。ワークスタイル変革には、ICTツールの導入や環境の整備が必要不可欠です。しかし、人事部など人材マネジメントを扱う部署と外部のICT技術の提供企業だけで完結してしまい、社内にある情報部門との連携が取れていないケースも多くあります。

「ワークスタイル変革」は、企業をあげて取り組むべき課題であり、人事部門だけで完結するものではありません。社内のプロも巻き込んで、自社で柔軟に対応できるベースの環境を整えましょう。

情報管理のリスク

最後に、情報管理のリスクです。ワークスタイル変革というと、時間や場所を選ばずに仕事ができる「リモートワーク」等が導入されるケースが多くあります。そのような制度を導入するにあたっては、専用デバイスを持ち歩き、クラウドであらゆる場所から社内データへアクセスする必要があります。そのため、経営者としては情報漏洩などの情報管理のリスクを懸念し、なかなか導入に踏み切れないという実態もあります。しかし、現在のICT化の流れの中で、例えば「生体認証」など本人がその場に居なければデータを抽出できない等のサービスを提供する企業もあります。

ワークスタイル変革と情報セキュリティは切っても切れない関係にあります。ICT環境を導入する際には、しっかりとした「セキュリティマネジメント」に関する知識、そして技術を持った社内外のパートナーとの環境整備が重要です。

5.ワークスタイル変革の企業事例

最後に、実際にワークスタイルの変革に成功している事例をご紹介します。

サイボウズ株式会社

中小企業シェアNO.1(2017年11月掲載情報)と言われるグループウェア「サイボウズOffice10」などのシステムの開発・提供を行うサイボウズ株式会社。

サイボウズでは、2005年に離職率が28%を記録した事をきっかけとして、ワークスタイル変革を実施。「制度」「ツール」「風土」をワークスタイル変革の3つの要件として掲げ、ワーク・ライフ・バランスを考慮した制度の見直し、組織改革、社内コミュニケーションの活性化などの施策を実施しました。結果、2015年には離職率が4%まで低下しています。

具体的には、育児・介護などライフステージの変化に合わせ、勤務時間および場所など9種類の働き方が選べる「選択型人事制度」などを展開。他にも、副業許可や、緊急時の子連れ出勤制度など、ユニークな取り組みで話題を呼んでいます。

2017年にはGreat Place to Work® Institute Japanが発表した「働きがいのある会社ランキング(従業員100-999人)」に4年連続で選ばれています。

【参考】サイボウズ株式会社「ワークスタイル」
【出典】Great Place to Work® Institute Japan「”働きがいのある会社”ランキング:2017年」

株式会社スタートトゥデイ

日本最大級のファッションショッピングサイト「ZOZOTOWN」、そして、ファッションコーディネートアプリ「WEAR」を開発・運営する同社でも、ユニークなワークスタイル変革で生産性の向上に成功しています。

近年話題を呼んだのは「ろくじろう」という制度。一般的な労働時間が8時間とされる中、6時間労働制を導入したもので、「生産性を落とさず効率よく働く事」を条件に、チーム単位で取り組んでいます。これは、チーム全員が6時間で仕事を終えれば全員15時に帰宅し、1人でも終えられなければ、他のメンバーで助け合う仕組みです。

結果、労働生産性はかなりアップし、前年比25%を記録(2015年9月掲載情報)。平均労働時間も7時間となり、効率の良い働き方を実現していると言えます。

【参考】株式会社スタートトゥデイ「福利厚生・制度」
【参考】株式会社 Branding Engineer「ZOZOTOWN運営のスタートトゥデイ。6時間労働制の”ろくじろう”」

Sansan株式会社

名刺管理サービス「Sansan」「Eight」を展開する、Sansan株式会社では、CWO(チーフ・ワークスタイル・オフィサー)という肩書きの取締役を中心に、ユニークなワークスタイル変革が行われています。

同社では、在宅勤務などの制度面だけではなく、営業部門へのオンライン営業ツールの導入や、社内のコミュニケーションを「社内メール一切禁止」とした上でのSNSやWeb会議などの積極的利用などを用いて、総合的なワークスタイル変革を実施しています。

「オンライン営業」では、これまで訪問できなかった遠隔地の顧客にもアプローチできるようになったり、電話と画面で商談を進める事で、移動時間や商談自体の時間短縮にもなっています。結果、商談機会は2倍(2015年11月掲載情報)に増加していると言います。

また、生産性向上のため徳島県の古民家を利用したサテライトオフィスも設置。開発者が常駐したり、プロジェクト単位での合宿などに使われています。通勤時間が無いこと、自然豊かでリフレッシュできる事などから、仕事に集中できるようになり、創造性や生産性が高まったそうです。

【参考】ITmedia エンタープライズ「今や国家戦略――ワークスタイル変革の“賢い”進め方」
【参考】CNET Japan「世界唯一の”CWO”が語るワークスタイル変革–Sansan角川氏」

6.まとめ

  • 少子高齢化による労働力不足や育児・介護との両立、グローバル化、ダイバーシティ推進の流れを受け、企業におけるワークスタイルは改革の必要に迫られている
  • ワークスタイル変革は、優秀な人材の維持・確保に繋がるだけではなく、企業の生産性の向上やイノベーションの創出にも大きな影響がある
  • ワークスタイル変革を促す施策としては、ICT機器の有効活用や、様々な雇用形態の導入、テレワークや柔軟な人事制度の導入などが挙げられる

注目のビジネス事例トピックを、逃さずチェック。

大手やベンチャー含め計160,000人以上の会員が利用しています。

BizHint の会員になるとできること

  • 事業運営のキーワードが把握できる
  • 課題解決の事例や資料が読める
  • 厳選されたニュースが毎日届く
  • アプリで効率的に情報収集できる
いますぐ無料会員登録

ワークスタイルの関連コンテンツ

ワークスタイルに関連する課題の解決策

提供:BizHint EXPOの詳細はこちら

ワークスタイルの関連キーワードをフォロー

をクリックすると、キーワードをフォローすることができます。

キーワードフォローの使い方

ビジネス事例や製品の情報を受取る

フォローしたキーワードの最新トピックをトップページに表示します。 フォローはでいつでも変更することができます。
フォローを管理する

目次