close

はじめての方はご登録ください(無料)

メニュー

BizHint について

カテゴリ

最新情報はニュースレター・SNSで配信中

キャリアパス

2018年11月14日(水)更新

人材マネージメントの現場で、最近耳にすることが多くなった“キャリアパス”。企業にとってキャリアパスはどのような意味を持ち、個人に対しては何がもたらされるのでしょうか。人材を育てる上での有益性が認められ、各企業ともキャリアパス活用が進められる今、キャリアパスについての基本的な考え方を確認し、優秀な人材の確保・育成を目指しましょう。

キャリアパスとは何か?

「キャリアパス」とは、会社や団体などで働く従業員が、組織内でどのようなキャリアを積み、それぞれが目指す目標やポストまでたどり着く道筋のことです。

新卒採用であれば目標に向けて、何をどのように強化すれば良いかを明確にすることができ、中途採用であれば強みや経験を生かして企業や団体への貢献度を高めることや、自身のやりがいにもつながっていきます。会社側が道筋をはっきりと提示する、キャリアパス制度も注目されています。

キャリアパスが企業に与えるもの

キャリアパスはその企業内において、それぞれのポストに就くために必要な業務経験や知識を明らかにするものです。社員に対し、経験・年次によってたどる理想的な道筋を示します。

企業活動を安定させる上で欠かせないのが、一定水準を有する社員の雇用と、その定着。人材確保をする際にキャリアパスを提示することは、企業が真に必要とする戦力として社員を登用する強い姿勢を示します。社員の専門性を高め、個々の能力と意欲を最大限に引き上げるためにも、キャリアパスの策定は今や企業の必須要件ともいえるでしょう。

個人にとってのキャリアパス

キャリアパスは、将来予想図と人生設計を描く上での指針となるものです。これにより新入社員は、今後その会社内で自分がどのようなステップで、どんな役割を果たしていけるのかを具体的にイメージすることができます。

キャリアアップを目指す時々においては、職位を得るためにその時点で必要となる専門的知識やスキルが把握できます。目標とするポジションの獲得に際し、不足する要素への準備に前もって取り掛かれば、実現はさらに容易なものとなります。

キャリアパスは現実的なキャリアアップの参考となり、また転職にあたっては自身の市場価値判断の基盤ともなり得ます。個人が現時点における能力を客観的に見極めようとするとき、ひとつのスケールとして利用が可能です。

この動画もあなたにオススメ