はじめての方はご登録ください(無料)会員登録
search

2019年1月21日(月)更新

Webマーケティング

Webマーケティングとは、インターネットに存在するWebサイト・サービスの認知・集客を最大化し、商品(製品)・サービスの購入と利用を促進するマーケティング全般を指します。電子商取引市場が拡大する中において、Webマーケティングの重要性が増しています。今回はWebマーケティングの定義や必要性、集客方法、成功させるポイントからおすすめツールまでご紹介いたします。

Webマーケティング に関するビジネス事例や製品の情報を受取る

Webマーケティングとは

Webマーケティングとは、インターネット上で行われるマーケティング手法です。主に企業が展開するWebサイトやWebサービス上で行われます。

オンライン上のすべてのマーケティング活動を数値化できるため、オフライン(現場)で行うマーケティングに比べて、成果や改善点を把握しやすい特徴があります。

商品(製品)やサービスの認知・集客・販売全てをオンライン上で展開し、得らえた数的根拠を基にPDCAを回せるため、迅速な意思決定と改善が可能です。

●マーケティング全般について理解を深めたい方は、こちらの記事もご覧ください。
【関連】マーケティングとは?基本をわかりやすく徹底解説!事例やおすすめ本も / BizHint

Webマーケティングの目的とメリット

Webマーケティングは数あるマーケティングの中でもマーケティング活動を数値化でき、プロモーション効果を最大化できるマーケティング手法です。

Webマーケティングの主な目的は主に自社の商品(製品)・サービスの認知・購買、Webサイト・サービスの会員獲得、実店舗への来店誘導、販売促進、そしてブランディングが挙げられます。

また、Webマーケティングのメリットには「地域による制限がない」、「低コストでの運用が可能」、そして「マーケティングのほとんどを数値化ができ、効果測定しやすい」などが挙げられます。

Webマーケティングが必要とされる背景

1990年代中頃から広がり始めたインターネットは、2000年以降、ビジネスや人々の生活に大きな影響を与えるようになり、企業としても無視できない存在へと成長を遂げました。現在では、マーケティング活動の主戦場として認識されています。

ここでは、Webマーケティングが必要とされる背景をご紹介いたします。

電子商取引市場の拡大

Googleが検索サービスを提供しはじめてから、WebサイトやWebサービスが爆発的に普及し、その影響からWebマーケティングの必要性も徐々に認識されたといわれています。

近年では電子商取引市場が拡大傾向にあり、特にBtoC向けEC市場は16.5兆円に成長しており、今後も拡大傾向にあります。

【日本のBtoC-EC市場規模の推移】

【出典】経済産業省:電子商取引に関する市場調査の結果を取りまとめました~国内BtoC-EC市場規模が16.5兆円に成長。国内CtoC-EC市場も拡大~

このように電子市場取引市場が拡大する中、インターネット上の顧客獲得競争が激化し、顧客満足度の向上が企業の売上・利益に直結する時代になったことから、Webマーケティングの必要性が高まったと考えられます。

Webサイトは購入判断の重要な位置付け

従来のように「テレビや新聞などのマスメディアで認知された商品(製品)・サービスをお店に買いにいく」といった消費者の行動は劇的に変化しており、今やWebサイトやWebサービスを情報源として購入判断を行っている消費者が多数を占めています。

そのため、企業側もWebサイト・サービス上に最新情報を掲載し、インターネット検索で情報を探している見込み客を獲得しなければ、販売機会の損失につながってしまうという認識が広まりました。

カスタマーエクスペリエンスの高まり

多様な価値観を持つ消費者が増えていることから、企業は従来のマス向け商品では顧客の共感や満足度を得られにくくなっており、企業は商品(製品)・サービスの付加価値を高めなければいけません。

中でも感動や共感、驚きといった感情に訴えかける付加価値であるカスタマーエクスペリエンスの高まりは、企業にとっても無視できない重要な要素となっています。

競合他社との差別化を図るためにも、WebサイトやWebサービスに最新情報を発信することで、カスタマーエクスペリエンスを高める効果が期待できます。そのため、顧客ニーズや価値観、考え方を適切に理解できるWebマーケティングの必要性も高まっています。

【関連】カスタマーエクスペリエンスとは?意味や実施方法、成功事例などご紹介/BizHint

Webマーケティングの集客方法

消費者がインターネット上での情報獲得を重視している以上、インターネット上の集客は売上・利益に関わる重要な経営戦略です。Webマーケティングでは、さまざまな集客方法が展開されており、Webマーケティングには欠かせない手法も存在します。

ここでは、Webマーケティングで行われている主な集客方法をご紹介いたします。

SEO対策

SEO対策とは、「検索エンジン最適化」と言われ、検索サービスのアルゴリズムを理解し、自社のWebサイト・サービスを検索結果の上位に表示させる対策です。

自社の商品(製品)・サービスに関連するキーワードを特定し、Webサイトの内容を最適化することで、見込み客となる検索者に自社サイト・サービスをアピールできます。

リスティング広告

リスティング広告とは、「Google」や「Yahoo!JAPAN」といった検索サービスが提供する広告のひとつです。「検索連動型広告」ともいわれています。

自社の商品(製品)・サービスと関連性の高いキーワードに対して広告を出稿し、検索結果の上位に表示させることができます。見込み客となり得る検索者を自社のWebサイト・サービスに効率よく誘導することが手法です。

アフィリエイト広告

アフィリエイト広告とは、成果報酬型報酬を指し、依頼主が求める最終成果(購入や会員登録、支流請求など)を達成した時点で手数料が支払われるWeb広告の手法です。

リスティング広告がクリックされた数だけ広告手数料を支払う(クリック課金型広告)報酬形式と比べて、成果に対する広告手数料のみとなるため、広告宣伝費の削減につながります。

SNS広告

SNS広告とは、FacebookやTwitterといったソーシャルメディアに掲載する広告です。ユーザー属性(年齢・性別、居住地域など)を考慮し、予め見込み客を特定した上で配信できるため、優良顧客の獲得が期待できます。

SNSのタイムラインに掲載されることが多く、自然に広告アピールができるため、利用者の商品(製品)・サービスに対する印象を損ねる危険性も回避できます。

アドネットワーク広告

アドネットワーク広告とは、広告配信ネットワークを利用した広告手法のひとつで、複数のWebサイトに広告配信を行えます。

表示されるWebサイトを選択できないデメリットがある一方、複数の流入経路を確保でき、見込み客の獲得につながりやすい広告として知られています。

リターゲティング広告

リターゲティング広告とは、過去に自社のWebサイトにアクセスした見込み顧客に広告を配信する広告手法です。

かつて自社の商品(製品)・サービスに興味を示してくれた見込み客に絞った上で配信できるため、顧客の購買心理を刺激し、成果の高い集客が可能となります。

Webマーケティングを成功させるポイント

Webマーケティングの成功は、商品(製品)・サービスの認知、集客、そして販売の成功を意味します。今回はWebマーケティングを成功させるための重要なポイントをご紹介いたします。

インターネットユーザーへの理解

Webマーケティングを行うためには、インターネットユーザーに対する理解が欠かせません。一般的にインターネットユーザーは、目的を持った上でインターネットを利用しています。中でも検索サービスの利用者は明確な目的と、目的を達成するための最新情報を求めています。

また、ひとつのWebサイト・サービスのみならず、比較対象として複数のWebサイト・サービスを閲覧する傾向があります。そのため、Web上に掲載された情報は全て読み込むのではなく、速読に似た情報の収集を行っています。

Webマーケティングにおいて、商品(製品)・サービスの認知・集客においては、このようなインターネットユーザーの行動特性をしっかりと理解しておく必要があります。

再訪問施策の実施

Webマーケティングでは、集客や購買・会員登録も重要な施策のひとつですが、自社のWebサイト・サービスへの訪問履歴のある見込み客に再度訪問してもらう施策が重要となります。

一度、自社の商品(製品)・サービスに興味を持った見込み客のため、商品(製品)・サービスの再認知がしやすく、購買につながりやすいと考えられます。また、前回、購入・会員登録に至らなかった見込み客に対して、改善が施されたマーケティング施策の効果測定にもつながります。

Webマーケティングでの再訪問施策としては、リターゲティング広告やメールマーケティング(メールアドレスを登録している利用者に対して、DMやメルマガを配信するなど)が効果的です。

回遊施策の実施

Webマーケティングでは、商品(製品)・サービスの認知・集客における“受け皿”が重要となります。インターネット広告で集客した見込み客は、ランディングページ(LP)に誘導することが一般的です。

自社の商品(製品)・サービスの魅力を伝え、購入・会員登録につなげるための重要な受け皿となるため、訪問者の行動項目を整理し、KPI(クリック率や読了率、コンバージョン率など)を設定した上でPDCAを繰り返し、改善を続けなければいけません。

また、Webサイト・サービスへの訪問者がスムーズに購買・会員登録を行えるようにエントリーフォームの最適化(EFO)もWebマーケティングでは重要な施策となります。一般的に入力フォームからの離脱が多い傾向が見られるため、入力フォームをわかりやすく、記入を簡単にする必要があります。

効果測定ツールの導入

Webマーケティングでは、インターネット上のマーケティング活動を数値化しやすく、PDCAを回しやすいメリットがあります。

そのため、Webマーケティングでは、計測するためのKPIを設定し、迅速に効果の分析を行わなければいけません。そのため、Webマーケティングに特化した効果測定ツールの導入が求められます。

Webマーケティングにおすすめのツール

Webマーケティングが一般化してきたこともあり、Webマーケティングに適した効果測定ツールや分析ツールが数多く登場しています。

ここでは、Webマーケティングにおすすめしたいツールをご紹介いたします。

Googleアナリティクス

【参考】Google.inc

検索サービス大手のGoogle.incが提供するGoogleアナリティクスは、Webサイトにコードを入力するだけで、サイト訪問者のユーザー属性やアクセス数、離脱率、訪問経路を測定し、可視化することがができるアクセス解析ツールです。

無料で使えるため、Webマーケティングの費用を削減したい自営業者や中小企業にもおすすめしたいサービスです。

ヒートマップ

【参考】無料ヒートマップ解析ツール User Heat : どこが読まれているか見えるアクセス解析

ヒートマップとは、Webサイトの訪問者の行動特性をサーモグラフィー化する検証ツールを指します。ページ内で閲覧している箇所が明確となり、運用者の視覚に訴えるユーザービリティとなっているため、Webマーケティング初心者でも使いやすいツールです。

購買・会員登録につながる重要なLPOやEFOの改善や、コンテンツマーケティングのひとつであるオウンドメディアのコンテンツ改善にも効果的です。

MA(マーケティングオートメーション)

【参考】Adobe Marketing Cloudを最大限に活用:Adobe Marketing Cloud

MA(マーケティングオートメーション)とは、マーケティング活動で必要となる定型業務や煩雑かつ大量の分析処理を自動化するツールを指します。顧客関係の強化を担うCRMや営業力強化を担うSFAとともに組み込まれることも多く、関係部署と連携しながらのWebマーケティング運用を可能とします。

まとめ

  • Webマーケティングは、数あるマーケティング活動のひとつで、オンライン上のWebサイト・サービスを最適化するための販促活動です。市場の拡大によって、今後さらに重要な経営戦略として用いられる可能性が高まっています。
  • Webマーケティングでは、認知・集客・購買・会員登録・再訪問・回遊に対する施策が重視され、集客方法ではSEO対策・リスティング・アフィリエイト広告などの手法が効果的です。
  • Webマーケティングを成功させるためには、インターネットユーザーへの理解と、Webマーケティングの目的とメリットの把握、LPO(ランディングページ最適化)やEFO(入力フォーム最適化)といった回遊施策、そして効果測定が重要になります。

注目のビジネス事例トピックを、逃さずチェック。

大手やベンチャー含め計170,000人以上の会員が利用しています。

BizHint の会員になるとできること

  • 事業運営のキーワードが把握できる
  • 課題解決の事例や資料が読める
  • 厳選されたニュースが毎日届く
  • アプリで効率的に情報収集できる
いますぐ無料会員登録

Webマーケティングの関連コンテンツ

Webマーケティングに関連する課題の解決策

提供:BizHint EXPOの詳細はこちら

Webマーケティングの関連キーワードをフォロー

をクリックすると、キーワードをフォローすることができます。

キーワードフォローの使い方

ビジネス事例や製品の情報を受取る

フォローしたキーワードの最新トピックをトップページに表示します。 フォローはでいつでも変更することができます。
フォローを管理する

目次