close

はじめての方はご登録ください(無料)

メニュー

BizHint について

カテゴリ

最新情報はニュースレター・SNSで配信中

ポジショニング

2019年1月25日(金)更新

ポジショニングとは、顧客に対して自社の商品(製品)・サービスを差別化させるために、自社の立ち位置を明確にするマーケティング・プロセスのひとつです。マーケティング・プロセスやSTP戦略の項目としても知られており、競合他社の同一商品の中から自社の商品(製品)・サービスを選択してもらうことを目的にしています。本記事では、ポジショニングの意味や歴史、実施方法、成功させるポイントから成功事例まで解説いたします。

ポジショニングとは

マーケティング戦略のひとつであるポジショニングは、ターゲットとなる顧客に、自社の商品(製品)・サービスを選択してもらうための重要な経営戦略にもなります。ポジショングの意味や歴史、STP戦略との関連性を知ることで、理解を深められます。

ポジショニングの意味

ポジショニングとは、自社の商品(製品)・サービス、ブランドを差別化させるために、顧客の中での自社製品の立ち位置を確立し、競争優位性を確立させるマーケティング・プロセスのひとつです。セグメントされた顧客層が感じる利便性や商品ベネフィットを掘り下げ、顧客の中で自社の商品(製品)・サービスに価値を認識してもらえる立ち位置を探ります。商品の品質や機能性、サービス(購入方法から顧客の手元に届くまでのプロセス)、人材(販売スタッフ)、顧客の商品(製品)・サービス対するイメージといった切り口から対象となる商品(製品)・サービスを分析し、差別化を狙います。

ポジショニングの歴史

マーケティングの権威でもある経営学者フィリップ・コトラー氏は、マーケティングの歴史を「マーケティング1.0~4.0」と定義しています。ポジショニングは、1970年代~1980年代に主流となった消費者志向のマーケティング2.0で登場したマーケティング用語です。

1970年代のオイルショックの影響で、物価高となった日本市場は、企業の売り手市場から消費者主体の買い手市場へと変化していきました。そのため、企業は自社の商品(製品)・サービスを差別化する上で、顧客ターゲットを明確にしつつ、自社の競争優位性を確立するために適切な戦略ポジションを獲得する重要性が高まりました。

STP戦略との関連性

この動画もあなたにオススメ