close

はじめての方はご登録ください(無料)

メニュー

BizHint について

カテゴリ

最新情報はニュースレター・SNSで配信中

商圏

2018年11月28日(水)更新

商圏とは店舗経営で重視される集客の地理的な範囲のことです。飲食店など店舗を持つ業態は周辺環境に影響されるため、商圏への正しい理解が欠かせません。この記事では、商圏の意味や商圏分析の方法、調査目的のほか、飲食店経営に活用できるおすすめのツールについてご紹介します。

商圏とは

商圏とは、店舗に集客できる範囲のことです。飲食店など店舗に集客する業態では消費者が来店できる地理的な限界がありますが、一般的に商圏は消費者が日常的に来店可能な範囲を指します。

用語の意味はシンプルですが、消費者が来店可能かどうかは、移動手段や来店時間帯、来店動機などによって変わるため、商圏の使い方としては距離で区切る、移動時間で区切るなど様々な方法があります。

詳細は後述しますが、店舗経営ではこの商圏の中身を正しく理解して商圏の特性やデータを活用できるかどうかが、集客や業績に直結します。

エリアマーケティングとの関連性

商圏と近い意味で、エリアマーケティングという用語があります。

エリアマーケティングとは、マーケティング活動をエリアごとに細分化(セグメンテーション)し、エリア特性に応じてマーケティングの施策を変えることを指します。

商圏は集客の範囲を指す便利な用語ですが、必ずしも商圏内の消費者全員が同じような来店条件というわけではありません。

店舗からの距離は同じ1kmであっても交通機関や地理的な理由で店舗へのアクセスの良さは異なるほか、年齢や家族構成によって消費者ニーズは異なります。そこで商圏を地域の個別の事情で細分化し、その特性に応じて的確なアプローチを実施するのがエリアマーケティングです。

商圏は地理的な意味が強いのに対し、エリアマーケティングは実際の店舗開発など戦略策定の際に必要になる考え方です。

この動画もあなたにオススメ