close

はじめての方はご登録ください(無料)

メニュー

BizHint について

カテゴリ

最新情報はニュースレター・SNSで配信中

KSF

2018年12月18日(火)更新

KSFとは事業における成功要因のことです。多様化する顧客ニーズの変化に対応しながら事業成功のための優位性を獲得していくためには、フレームワークを活用して分析を行い、KSFを抽出して様々な経営戦略に活用することが重要になってきます。本記事では、KSFの意味とその必要性、KPIやKBFなどとの関連性や分析手法などについてご紹介します。

KSFとは

KSFはどのような時に用いるのでしょうか?ここでは、その意味と必要性についてご紹介します。

KSFの意味

KSFはKey Success Factorの頭文字で、訳すと「カギとなる成功因子」となります。つまりKSFとは、事業成功のカギとなる要因のことで、戦略目標達成の成否に関わる重要な要素となります。

経営戦略や販売戦略、マーケティングなど事業における様々な戦略立案に活用するために、市場などの外部環境や自社の内部環境を分析して抽出を行います。これとほぼ同義の意味合いで使われる他の用語には、KFS(Key Factor for Success)やCSF(Critical Success Factor)があります。

KSFの必要性

昨今、これまでになく企業経営における戦略の重要性が高まっています。

その理由として、大量生産大量消費の時代を経て市場には商品やサービスが常にあるのが日常化したため、多様化する顧客ニーズへの柔軟に対応することが消費者の購買を左右する時代へと変化しています。また、インターネットやSNS の普及など情報技術の発達や規制緩和などによる市場の発達により、競争優位の獲得にはスピードが求められています。

こうした変化により、経営戦略における判断材料は複雑化しつつも迅速化が求められるため、分析からKSFを抽出して戦略策定に活用することが事業成功の有効な手段となっています。

KSFの関連用語

この動画もあなたにオススメ