close

はじめての方はご登録ください(無料)

メニュー

BizHint について

カテゴリ

最新情報はニュースレター・SNSで配信中

マーケティング戦略

2018年11月21日(水)更新

資本の規模に限らず、自社の開発した商品(製品)・サービスを市場に普及させるためには、マーケティング戦略の実施が欠かせません。近年では顧客の価値観が多様化したことにより、ビジネス課題も高度化・複雑化しており、同時にマーケティングに求められる知識や技術の難易度も上がっています。今回はマーケティング戦略に必要な基礎知識やフレームワーク、代表的なマーケティング戦略からおすすめの書籍までご紹介いたします。

マーケティング戦略とは

多種多様な価値観や志向が尊重される現代において、顧客のニーズや市場動向、購買心理を把握した上でビジネス展開することは、もはや常識となりつつあります。

本章では、マーケティング戦略の定義や重要性、経済戦略の関連性を解説いたします。

マーケティング戦略の定義

マーケティング戦略とは、市場や顧客を把握・分析した上で、自社が提供する商品(製品)・サービスをどのようにアプローチするかを策定・実行するための戦略を指します。具体的なマーケティング戦略は多くの識者によって数多く提唱されており、資本規模や取り扱う商品(製品)・サービス、業界に応じて実施する内容が異なります。

また、マーケティング戦略の策定には、自社の強みや市場における競争優位性を確保するための分析や調査が欠かせません。そのため、マーケティング戦略に対応したフレームワークや、根拠となる調査データを取得するマーケティングリサーチなどの調査も重視されます。近年では、顧客の価値観や消費に対する意識の変化に加え、インターネットやSNSの発展により、マーケティング活動自体が高度化・複雑化している傾向がみられ、高度なマーケティングリサーチに基づくマーケティング戦略の立案が目立つようになってきています。

マーケティング戦略の重要性

マーケティング戦略の重要性が高まっている背景には「企業と顧客との接点の増加」と「精度の高いセグメンテーションとターゲティングの実現」が考えられます。

従来、商品(製品)・サービスを顧客に認知し、購買行動に強く影響をもたらしたのはテレビや新聞、雑誌といった媒体に限られていました。しかし、インターネットやSNSの発展に加え、スマートフォンなどの小型通信デバイスの登場により、企業と顧客の接する機会が増えることとなりました。その結果、市場細分化が進行し、広告やコンテンツのあり方も大幅に変化したため、セグメントを特定した上でマーケティング戦略を実施しなければ、企業や事業の成長につながらないという認識が広がったと考えられます。

また、顧客の価値観や消費に対する意識が変化したこともあり、マーケティング戦略が解決すべきビジネス課題が高度化・複雑化している傾向がみられます。そのため、マーケティング分析に活用されるフレームワークやツールも同時に高度化・複雑化していったこともあり、マーケティング戦略の立案には精度の高いセグメンテーション(市場細分化)やターゲティング(ターゲット顧客の選定)が可能となりました。

この動画もあなたにオススメ