close

はじめての方はご登録ください(無料)

メニュー

BizHint について

カテゴリ

最新情報はニュースレター・SNSで配信中

SWOT分析

2018年11月21日(水)更新

SWOT分析は、経営戦略や事業戦略を分析・評価するために有効な戦略フレームワークの一つです。ビジネスの構成要素を「強み」「弱み」「機会」「脅威」の4つのカテゴリーに分類して整理・分析することによって、自社の競争優位性や、重大なリスクの存在を明確にすることが可能です。その実践方法をわかりやすく解説し、参考となる事例をご紹介します。

SWOT分析とは

「SWOT分析」とは、 企業の経営戦略策定や戦略目標の設定、ビジネスのマーケティング分析や評価を行うための手法として知られる、ビジネスフレームワークの一つ です。SWOTの読み方は「スウォット」もしくは「スワット」です。

ビジネスを構成するファクターを、自社の内部環境である「強み(Strengths)」と「弱み(Weaknesses)」、そして自社を取り巻く外部環境である「機会(Opportunities)」と「脅威(Threats)」、以上4つのカテゴリーに大別して整理します。

SWOT分析の目的は、分析することによって、市場におけるアドバンテージやリスクマネジメントの必要性、つまり 自社ビジネスを成功させるための要因(KSF=Key Factor for Success)を明確にすること です。

内部環境

内部環境とは、自社内でコントロールが可能な環境・要因のことを指します。

S:強み(Strengths)

SWOT分析の「S」とは、強み(Strengths)のことで、目標達成に貢献しうる組織の特長を意味します。強みを活かした戦略を検討する上での参考情報となります。

W:弱み(Weaknesses)

この動画もあなたにオススメ