close

はじめての方はご登録ください(無料)

メニュー

BizHint について

カテゴリ

最新情報はニュースレター・SNSで配信中

PEST分析

2019年11月21日(木)更新

PEST分析とは、自社を取り巻くマクロ環境に潜んでいるビジネスチャンスとピンチを明確にすることができるマーケティングフレームワークです。PEST分析を活用することにより、組織や企業はより効果的な戦略や施策を構築することが可能となります。当記事ではPEST分析に関する理解を深め、その効果を最大化するために必要となる情報やノウハウを PEST分析の実施目的、4つの環境要因の具体的要素と重要性、やり方とテンプレートなどの項目に整理して分かりやすく解説いたします。

PEST分析とは

PEST分析とは、自社を取り巻いているマクロ環境が今後どのような形で自社に対して影響を及ぼすのかを予め把握、分析しておくために用いられるマーケティングフレームワークです。

経営学者でノースウェスタン大学ケロッグ経営大学院の教授でもあるフィリップ・コトラー(Philip Kotler)氏により、提唱されました。

PEST分析は、『Politics(政治的要因)』、『Economy(経済的要因)』、『Society(社会的要因)』、『Technology(技術的要因)』という4つの環境要因を洗い出して分析することから、それぞれの英単語の頭文字を取ってPEST(ペスト)分析と呼ばれています。

PEST分析の実施目的

一般的にマーケティング戦略の立案はマーケティング・プロセス を使用して行われますが、このマーケティング・プロセスにおいて最初の手順となるのが、『市場調査(市場分析)・環境分析』です。

『環境分析』では内部環境と外部環境(ミクロ環境・マクロ環境)という2つの視点で情報を収集、分析する必要がありますが、外部環境の中でも政治的要因や社会的要因など、自社努力によって改善することが難しいマクロ環境の分析を手軽に行うことができるマーケティングフレームワークが、PEST分析なのです。

フィリップ・コトラー氏は著書『コトラーの戦略的マーケティング』において「調査せずに市場参入を試みるのは、目が見えないのに市場に参入しようとするようなものだ 」と綴っています。マクロ環境に潜むビジネスチャンスやピンチをいち早く見つけ出すことのできるPEST分析を活用することにより、市場環境の環境変化に適した対応を取ることでより望ましい結果を手に入れる『市場適応型マーケティング』を実施することができるでしょう。

【関連】マーケティング戦略とは?基礎知識やフレームワーク、代表的な戦略をご紹介/ BizHint

PEST分析の4つの環境要因

この動画もあなたにオススメ