close

はじめての方はご登録ください(無料)

メニュー

BizHint について

カテゴリ

最新情報はニュースレター・SNSで配信中

PPM分析

2019年2月8日(金)更新

PPM分析とは、自社の製品・サービスや事業を、市場の成長率、占有率という視点で4つのポジションに分類するフレームワークです。経営資源の効率的な投資配分や長期的な利益を生み出す製品・サービス、事業の見極めに役立つ分析手法でもあります。今回はPPM分析の定義や分析方法、分析結果への対応からPPM分析の具体例も含めて、ご紹介いたします。

PPM分析とは

企業が中長期的かつ持続的な成長を遂げる上では、成長性(利益率)の高い事業を選定し、効率的に投資を行うことが不可欠です。PPM分析の定義やメリット・デメリットを知ることで、理解を深めることができます。

PPM分析とは何か

PPM分析(プロダクト・ポートフォリオ・マネジメント分析)とは、「市場成長率」と「市場占有率(マーケットシェア)」の2軸から自社の製品・サービスや事業を4つの枠組みに分類した上で、経営資源の投資配分を決定し、それぞれの事業に見合った投資を検討する分析手法です。

米大手コンサルティング企業のボストン・コンサルティング・グループが発案したといわれるフレームワークであり、コンサルティング企業をはじめ、自社の事業価値の分析やマーケティングに活用されています。

※市場占有率は、「相対的市場占有率(相対的マーケットシェア):トップ企業と比べた場合のシェア率」が対象となります。

それでは、4つの枠組みについて解説していきます。

PPM分析における4つの枠組み

PPM分析では、自社の事業を「花形(スター)」、「金のなる木」、「問題児」、「負け犬」という4つの枠組みに分類し、分析が行われます。

新規事業を展開する際も、「問題児→花形(スター)→金のなる木→負け犬という順で移行させていく」と考えると、適切な投資配分を検討し、適切な経営判断を行えます。

この動画もあなたにオススメ