close

はじめての方はご登録ください(無料)

メニュー

BizHint について

カテゴリ

最新情報はニュースレター・SNSで配信中

3C分析

2018年12月21日(金)更新

企業を取り巻く環境の変化と、消費者価値観の多様化がビジネス課題を高度化・複雑化している現代において、競合他社と比べて、競合優位性を確保する重要性が高まっています。今回は顧客・市場、競合、自社の3つの観点から分析を行うフレームワークである3C分析の意味や目的、やり方から事例、テンプレートをご紹介いたします。

3C分析とは

ビジネスを行う上で欠かせない、「顧客・市場」「競合」「自社」の3つを観点から解決案を見い出す3C分析は、マーケティング手法の中でも基本的なフレームワークのひとつです。3C分析の意味を知ることで、理解を深められます。

3C分析の意味

3C分析とは、「顧客・市場(Customer)」「競合(Competitor)」「自社(Company)」の3つの観点から情報収集、自社を取り巻く環境を分析し、KSF(Key Success Factor=成功要因)を導き出すためのフレームワークです。抽出されたKSFを基にさまざまな戦略を立案・実行するための手段として用いられます。

各観点での環境は以下に挙げられます。

顧客・市場:Customer

顧客・市場の観点から市場の規模、成長性などの市場環境、顧客ニーズ、顧客の消費行動(または購買行動)といった、消費者環境と関係性の高い項目を分析します。今後の成長事業への投資や非注力商品(製品)・サービスの洗い出しなどに活用できます。

競合:Competitor

自社の商品(製品)・サービスと競合する競合他社の市場シェア、特徴、新規参入や代替品の脅威、競合他社の市場におけるポジション、注意すべき異業種の競合先の存在、対抗手段などの環境項目を分析します。

これらの環境項目は、自社が持つ強みと弱みの把握、顧客ニーズを満たす商品(製品)・サービスの明確化に活用できます。

この動画もあなたにオススメ