close

はじめての方はご登録ください(無料)

メニュー

BizHint について

カテゴリ

最新情報はニュースレター・SNSで配信中

マーケティング

2019年12月13日(金)更新

マーケティングとは、効率的に企業の商品(製品)・サービスを消費者に広める手法、または活動を指します。近年では、インターネットの発達やAI(人工知能)・ビッグデータ活用の動きが広がる中、マーケティング活動も高度化・複雑化しています。本記事では、マーケティングの定義や役割をはじめ、具体的な手法やフレームワーク、マーケティング戦略の立案プロセスから事例、書籍まで、マーケティングの基本を徹底解説いたします。

マーケティングとは

企業活動に欠かせない経営戦略であるマーケティング。その定義や役割と重要性の他、マーケティングの変遷や活動プロセス、ブランディングとの違いを知り、理解を深めましょう。

「マーケティング」の意味を一言で言うと

業界や職種によって、マーケティングの定義や理解は異なります。これはマーケティングが幅広い分野で活用され、経営陣から現場担当者まで広く実践されているからと考えられます。

そのため、マーケティングとは

企業および他の組織がグローバルな視野に立ち、顧客との相互理解を得ながら、公正な競争を通じて行う市場創造のための総合的活動

と理解しておくと、職場での役職や業務内容が変わったとしても柔軟に応用できます。

【参考】公益社団法人 日本マーケティング協会 公益社団法人日本マーケティング協会について

「マーケティング」の定義

マーケティング活動は「 消費者や市場(マーケット)の求めるニーズを分析・調査する 」、「 自社の商品(製品)・サービスに適した広告戦略を打ち出す 」、「 ニーズに合わせた新商品(新製品)・サービスを開発する 」など多岐に渡り、マーケティングの目的や解釈はさまざまです。

この動画もあなたにオススメ