close

はじめての方はご登録ください(無料)

メニュー

BizHint について

カテゴリ

最新情報はニュースレター・SNSで配信中

人材採用

2018年11月18日(日)更新

人材採用戦略とは、新規雇用を単なる労働力の穴埋めとして実施するのではなく、人材育成戦略や人材配置戦略といった他のビジネス戦略との一貫性を意識しながら長期ビジョンで計画的に実施することで企業に大きな利益をもたらす優秀な人材を獲得できる重要戦略の一つです。どのような規模や形態の企業であっても人材採用戦略のメリットをしっかりと享受し、長期戦略として継続的に実施していくことができるよう、成功率を高めるポイントと効果を最大化させるためのコツを紹介致します。

人材採用戦略を立案する上でのポイント

経営者や人事担当者の多くが人材採用戦略の本格的導入によって企業が享受することのできる数々のメリットや企業戦略としての重要性を認識しているものの、実際に効果的な人材採用戦略を構築し、継続して実施している企業はそう多くありません。

このような矛盾が生まれている背景には、人材採用戦略を成功させるために抑えておくべきポイントに対する理解不足や、優秀な人材を採用するために本当に必要なものがタイミングや相性といった偶発的要素ではなく、人材の見極めやコミュニケーション力といったテクニカルな部分や綿密に計算されたシステムの構築であるという成功要素に対する認識不足があるのです。

すでに構築している人材採用戦略を活性化させようと考えた場合、ただ闇雲に対策を講じることは得策とはいえません。 成功へと繋がるポイントを正しく理解し、適切に改善することによって、良質な人材採用戦略の再構築を目指しましょう。

企業が求める人材像を明確にする

日本経済の長期低迷と少子化の影響によって多くの企業で人材不足が深刻化しており、経営者や人事担当者は新規人材の獲得と早期戦力化に日々頭を悩ませています。しかし、人材が不足しているからといって人材補充という目先の目標だけを見据えて採用活動を実施してしまうと、雇用後のミスマッチや短期離職といったリスクが急激に上昇し、結果として人材不足期間を長期化させることにもなりかねません。

このような失敗を回避するためにも、人材採用戦略は企業成長戦略や人材育成戦略と一貫性を持たせて扱わなければなりません。なぜなら、人材採用戦略は新規人材を雇用すれば終了というものではなく、企業が求める人材像へと育成し、企業目標を達成するための戦力となった時に初めて成功したといえるからです。

企業が目指すビジョンとそれを実現させるために必要な人材像を明らかにしなければ、戦略的な人材採用を実施することはできません。現在、自社ではどのようなスキルや個性を持った人材を求めているのか。そして、その人材にどのような活躍を期待しているのか。社交性や協調性、積極性など出来る限り具体的にイメージをすることが大切です。

  • 事業拡大のために即戦力となる人材を追加募集したい
  • 新たな分野へ事業進出するため、知識や経験によって導いてくれる有識者や経験者を獲得したい
  • ライバル企業に大きな差をつけるため、多くのイノベーションを生み出してくれる独創的な発想力を持った人材を雇用したい

上記のように明確な人物像を作り上げることで採用判断を行う際の評価スケールの作成も容易となります。 「自社に入社してくれるのであれば誰でも構わない」という受動的発想を捨て去り、「自社の目指す目標に向けて一緒に努力を重ねてくれる人を見つけ出そう」という能動的発想で採用活動を行うことで、自社に多くの利益と刺激を与えてくれる魅力的な人材を獲得することが可能となるでしょう。

この動画もあなたにオススメ