はじめての方はご登録ください(無料)会員登録
search

2019年7月17日(水)更新

OB・OG訪問

就職、転職活動をする際に自分が志望する企業の情報を集める手段の一つとして挙げられるのがOB・OG訪問です。特に新卒者の就職活動では、就活する学生側も、採用する企業側にとっても重要なポイントになります。今回は、OB・OG訪問の意義と、訪問を受ける側のOB・OGの心構えを解説します。

OB・OG訪問 に関するビジネス事例や製品の情報を受取る

OB・OG訪問の意義

就職活動においてOB・OG訪問は、実際の就労経験などの情報を聞くことによって、志望企業や関連業種の研究が出来る貴重な経験です。現役の社員の話を聞くことで、会社説明会やホームページなどの社外用PR資料だけでは得られない情報を得ることができます。学生にとっては志望動機の明確化や、自分の働くイメージを具体的に想像できるため、その後の就職活動において有利に働くことになります。

企業側の意義

逆の立場にあるOB・OG訪問を受ける企業側にとっては、2つの意義があります。

  • 自社にマッチした母集団形成を行うこと
  • 就活生たちの自社への志望度を上げること

企業側の人事部担当者は、如何にして優秀で、自社にマッチングした人材を早期に確保できるかが新卒採用の要になります。そのためにまず必要なのは、採用規模に適した人数と、自社が求める採用基準に近いスキルの母集団を形成することです。

OB・OG訪問は、就活生の本音を知ることができるため、より自社の求める人物像の母集団を形成することができ、採用への成功率を高めます。また、内定後の辞退数を減らすことにもつながります。

また、OB・OG訪問時に会社の将来像や入社後の実務・キャリアパスなどを具体的に伝えることで、学生の自社に対する志望度を上げることにつながります。

OB・OG訪問の依頼が来た場合

それでは実際に学生からOB・OG訪問の依頼が来た場合はどのように対応をするべきでしょうか。

OB・OG訪問の依頼は、母校の就職課の名簿や、SNS、ゼミや部活などの後輩からの紹介、会社の人事部からの依頼などにより来ることが主です。しかし最近では個人情報保護の観点から名簿の閲覧などは厳しくなってきました。就職活動を行う学生は、OB・OGの人たちが思っているよりも苦労して、訪問依頼の連絡をしているケースも多いのです。

訪問依頼を受けた時は、会社の社会人の代表として真摯に対峙することが必要です。自分の経験を後輩に伝えることは、自分自身のキャリアアップにも繋がるコミュニケーションの一つと考えましょう。

基本は人事の通達に従う

自社の人事部からの紹介で受けるOB・OG訪問だけではなく、直接自分に依頼が来た場合でも、人事部への報告は行いましょう。会社によっては人事規定が設けている場合もあり、業務の一環として面談の際の食事代など経費精算を認めている企業もあります。

また、訪問依頼を受けたことが、自分自身の人事査定で評価される場合もあります。OB・OG訪問からリクルーターとして人事に携わり、最終面談へ導くことで会社への貢献度も上がり、自分のキャリアアップに繋がるかもしれません。

受けるかどうかは自由

しかし、OB・OG訪問の依頼が来たからと言って、必ずしも全て受ける必要はありません。通常業務の範囲外の活動ですから、あくまでも自分の業務に支障が出ないことが前提です。

そのため、人事部や直属の上司に相談することも重要なことです。企業側ではOB・OG訪問を早期人材確保のチャンスと捉えている場合もあります。その場合は別の社員を学生に紹介したり、業務スケジュールを考慮してくれたりすることもあります。 どうしても調整がつかない場合は、早めの断りの連絡を入れてあげましょう。学生は返事を待っている間も落ち着かないものです。受けられない理由を説明して、丁寧に断ることも社会人として学生に教える姿勢となります。

誰をマッチングするのか検討する

新卒者の採用率を高めるためには、誰がOB・OG訪問を行うかも重要です。

例えば、タレントマネジメントシステムを活用した、OB・OGと学生のマッチングが挙げられます。タレントマネジメントシステムとは、社員の個性や能力、経験値などを一元管理して戦略的な人材開発や人事配置をすることです。このデータベースを活用して企業側がターゲットにしたい大学の適切な人材を学生にマッチングします。これにより、自社への志望度を上げることを効果的に高めることができます。

【関連】タレントマネジメントシステムとは?導入メリットや注意点・お勧めシステムもご紹介 / BizHint

金融系や外資系で主にみられるリクルーター制度も、戦略のひとつとして挙げることができます。学生からのOB・OG訪問の依頼に対して、人事部で指名したリクルーターをマッチングして、就活の補助的役割を担わせます。企業側は早期に優秀な学生を確保できるメリットがあり、学生にとっても内定までの道標となる利点があります。

【関連】リクルーターの意味とは?制度と活動、導入している企業について / BizHint

OB・OG訪問は企業側にとっても戦略しだいで、メリットの高い人材確保の一環です。待ちの採用手法からダイレクトリクルーティングへ進化している昨今の企業側採用制度では、OB・OG訪問は格好の機会と言えます。

OB・OG訪問での心構え

OB・OG訪問の依頼を受けて食事会や面談に行くと、学生たちから様々な質問を受けることになります。社会人である就活の先輩として、どのような心構えで臨むべきかをまとめました。

学生にとってあなたは企業の代表者

OB・OG訪問の経験者で、学生の態度やマナーに愚痴る人たちの話を耳にします。ただ、学生にとっては就職活動の第一歩として初めて社会人に接するわけですから、当然常識やマナーが悪いのは当たり前です。あなたは、そんな世間知らずの学生の前で社会人として、また企業の代表者として対峙することになります。これから本格的に就活活動をしていく後輩に、社会のルールやマナーを伝えていくことも重要なことです。

就活生からみれば、あなたを通して企業を見るわけですから、自分の対応が企業のイメージを作ることになります。特別に飾り立てたり、見栄を張ったりする必要はありませんが、自分の態度の鏡が相手だと思うことが大事です。これはOB・OG訪問に限ったことではなく面談の基本です。せっかく企業の代表として後輩と対峙するわけですから、貴重な時間を有意義に終えるよう心がけましょう。

固くなりすぎず

OB・OG訪問は面接ではありませんので、受ける側が気負うことはありません。あまりにも堅苦しく接すると、相手も固くなってしまいます。学生も緊張して臨んでいるので、先輩として場をほぐすことも必要です。固くなりすぎず自然体で会話することで、相手が本当に聞きたい情報を質問しやすくなります。

学生に伝えること

OB・OG訪問の目的は、パンフレットなどの資料だけではわからない企業・業界の本音を知ること、志望動機の明確化やモチベーションの向上などです。一社員として機密事項などの情報漏洩や会社のマイナスイメージを持たれないように気をつけて、人に言える範囲内で就活生の質問に答えてあげましょう。

想定される質問の意図として以下の種類が挙げられます。

  • 自分が入社した時の志望動機
    就活生がこれから面接に臨む際にアピールする志望動機の模範解答になり得ます。
  • 職場で楽しいと感じる事や、やりがいを感じる業務内容
    就活生が希望している企業に入社した後の自分をイメージできます。
  • 具体的な業務内容と1日の流れ
    就活生が入社後の自分の仕事をより明確に想定することができます。
  • 会社・業界の将来ビジョンと自分の目標
    就活生が入社後のキャリアパスをイメージできます。
  • 自分が入社した時の就職活動のプロセス
    採用基準をクリアして入社した先輩ですから就活生の道標になります。
  • 給与、残業などの労務や福利厚生について
    個人情報にあたるものは答える必要はありません。社内規定に準じた回答を。

〈参考資料〉OB・OGと話をする場合知りたいことについてアンケート調査

マイナビ学生就職モニター調査17年卒就職モニター5月

できる限りアドバイスをする

OB・OG訪問は、学生の就職活動において、最初のステップになります。人生のファーストキャリアを決める重要なターニングポイントであるため、企業説明会などではわからない実際の仕事内容や内定のためのプロセスなど、できる限りのアドバイスをしてあげましょう。

一度就職活動を経験しているため、これから面接や採用試験に臨む就活生に自分の経験を伝えることは的確なアドバイスに繋がります。時には社会人としてのマナーや常識、就活生が用意しているエントリーシートや志望動機、自己PRなどへの具体的なアドバイスも有効です。

また、ネガティブにならない程度に理想と現実のギャップを埋めるアドバイスも必要です。

OB・OG訪問後

OB・OG訪問として面談が終わった後、留意しなければいけない点がいくつかあります。

まずは人事に報告

OB・OG訪問が終わった後、話しをした学生の評価や感想を会社へ報告します。企業によっては報告マニュアルなどの業務報告の規定がある場合もあります。また、企業にとってもOB・OG訪問は、優秀な人材を採用するためのリクルーティングに繋がりますから、あなたへの評価にも影響します。

他の社員を紹介

事前に人事部などに報告をした際に、採用担当などから他の社員も紹介するように指示される場合があります。またケースによっては逆の指示がある場合もあります。いずれの場合でも会社からの指示には従うようにしましょう。

また、面談の後、その就活生の希望や志望職種により別の先輩や同僚、関連業種の友人などの話を聞いた方が良いのではないかと思った時は、就活生にその旨を伝え紹介してあげてもいいでしょう。学生にとって、できるだけたくさんの社会人の先輩から話を聞くことは、就職活動で重要なメリットになります。

まとめ

就活の最前線とも言えるOB・OG訪問は、学生が最初に社会人と接する就職活動の分岐点でもあります。今回は受ける側の心構えを中心に解説しましたが、先に就職戦線を乗り切った先輩としてアドバイスをすることは、自分のキャリアを考えるうえでも初心に帰れる貴重な経験となることでしょう。

また最近では、学生と社会人OB・OGをマッチングするサポートサービスも増えてきました。

ビズリーチ・キャンパス

ジョブカレ

以上の代表的な例のほかにも、SNSやアプリを活用したものなど様々な様式のサービスが展開されています。時代と共に形式は変わっても、OB・OG訪問は就職活動を行ううえで、学生にも企業にも重要視されているということでしょう。

注目のビジネス事例トピックを、逃さずチェック。

大手やベンチャー含め計190,000人以上の会員が利用しています。

BizHint の会員になるとできること

  • 事業運営のキーワードが把握できる
  • 課題解決の事例や資料が読める
  • 厳選されたニュースが毎日届く
  • アプリで効率的に情報収集できる
いますぐ無料会員登録

OB・OG訪問の関連キーワードをフォロー

をクリックすると、キーワードをフォローすることができます。

キーワードフォローの使い方

ビジネス事例や製品の情報を受取る

フォローしたキーワードの最新トピックをトップページに表示します。 フォローはでいつでも変更することができます。
フォローを管理する

目次