close

はじめての方はご登録ください(無料)

メニュー

BizHint について

カテゴリ

最新情報はニュースレター・SNSで配信中

採用ブランディング

2020年7月30日(木)更新

採用ブランディングとは、戦略的な情報発信によって採用市場における自社ブランドの認知度向上と価値向上を図るマーケティング手法です。当記事では、採用ブランディングを成功させるために必要な情報やノウハウを、言葉の意味や必要性、導入メリット、導入方法、採用ブランディングに成功した企業事例などの項目に整理して分かりやすく解説します。

採用ブランディングとは

採用ブランディングとは、 戦略的な情報発信によって採用市場における自社ブランドの認知度向上と価値向上を図るマーケティング手法 です。

自社の立ち位置や強み、社内の雰囲気、求めている人材特性など、自社に対する理解を十分に深めてもらうことで、同業他社との差別化や採用マッチングの精度向上を実現し、内定辞退や早期離職を防止することができます。

採用ブランディングと消費者向けのブランディングは別物

消費者向けの強いブランドを複数持っているような「 企業ブランド 」が確立した企業は、採用においても強い傾向にあります。しかし、どれだけ多くの応募があったとしても、その中に自社にマッチした人材がいなければ何の意味もありません。

一方、ブランド力や認知度などの面で不利な戦いを強いられることが多い中小企業や創業間もないスタートアップ企業であっても、 適切な採用ブランディングを行えば理想通りの人材を獲得することが可能 です。

採用ブランディングは消費者向けのブランディングとは全くの別物であり、 企業規模を問わず全ての企業が積極的に取り組むべき施策である ことを正しく理解しておきましょう。

採用ブランディングの必要性と目的

採用ブランディングは全ての企業に対して有益ですが、人手不足の解消が急務の課題である中小企業などにとっては、特に重要度の高い施策となっています。

この動画もあなたにオススメ