close

はじめての方はご登録ください(無料)

メニュー

BizHint について

カテゴリ

最新情報はニュースレター・SNSで配信中

人材 募集 方法

2018年10月8日(月)更新

一口に求人と言ってもその手法は多岐に亘り、効果的に人材を募集するコツも目的によって様々です。特に近年ではインターネットやソーシャルメディアの普及によって求職者の情報接触機会も多様化し、企業の採用活動そのものが大きな変化を遂げています。そこで今回は、あらゆる求人手法の中から最適な手法を見付けるためのポイントをご紹介したいと思います。

人材募集で注意すべき3つのポイント

まずは具体的な求人方法をご紹介する前に、人材募集で気を付けるべき3つの重要なポイントをご紹介しましょう。

必要とする人材のターゲット像を明確にする

人材を募集する目的に合わせて、年齢や性別はもちろん、どのようなスキルや経験、知識を持っているのか、どのような人間性を重視するのか、といった人物像を明確にしておく必要があります。また、企業の経営方針や経営戦略は日々変化しながら成長してきますので、一度決めた人物像の再検討や、前回の採用実績の検証といった見直し作業も重要です。

企業として普遍的に重視したいポイントと、求人のタイミングで必要となるポイントを合わせた、現状に即した採用ターゲットを明確にしておくことで、効果的な求人を実施することが可能となります。

必要とする人材に届く手法を選定する

数多くの求人媒体がありますが、新卒採用や中途採用、正社員とアルバイトといった雇用形態、営業職や管理職といった職種、またはIT産業や医療・看護業界、飲食業といった業種など、それぞれに得意としている「強み」があります。

これらの求人媒体を選定する最も重要なポイントが「採用ターゲットに、その求人媒体でどのくらいアプローチできるのか」という点になります。様々な求人媒体の特性を把握し、自社の採用ターゲットに応じて使い分ける必要があるでしょう。有名だから、大手だから、安いから、無料だから・・・といった理由が先に来ることはあってはなりません。

必要とする人材に響く情報を提供する

必要とする人材像が明確になり、そのような人材にアプローチできる求人媒体を選定できても、実際の求人情報が求職者の求めるものとマッチしなければ、応募には至りません。また、提供する情報が求職者にとって聞こえの良いことばかりでも、採用後のミスマッチにつながる可能性があります。

この動画もあなたにオススメ