close

はじめての方はご登録ください(無料)

メニュー

BizHint について

カテゴリ

最新情報はニュースレター・SNSで配信中

優秀な人材

2019年9月2日(月)更新

「優秀だ」「仕事が良くできる」。転職市場でよく言われる優秀な人材とは具体的にどのような人なのでしょうか。仕事において優秀な人材とはいくつかの共通点が存在しています。今回は、この共通点と、これらを有する人材との出会い方、こうした人材が辞めていく会社の特徴を解説します。

優秀な人材とは?

企業が採用活動を行う第一段階が、自身の企業にとってどんな人物像が優秀な人材となるかを策定することです。優秀な人材の定義は会社により異なるため、一般的な優秀な人材の定義をここで掻くことはできません。会社それぞれが順調に経営を行っていくうえで必要な人材の基準を自ら設定し、それに見合った人材を求めていく必要があります。

会社の実績や現場の声を参考にしながら人物像の要素を整理し、現時点のニーズと将来の会社の展開を見据えたうえで必要な知識や技術などを含めた人物像を作ることが大切です。そのようにして、企業に合った優秀な人材を具体的に定めることが出来れば、採用活動の際は求める人物像を探すことに主に注意を集中することができますし、その後も今後の採用計画や情報発信、育成計画において多くの利点を産むことになるでしょう。

しかし、「優秀な人材」へのイメージは企業の求める人物像のみで定まるわけではありません。採用される側である一人一人のイメージする「優秀さ」もバックグラウンドにより異なるといえるでしょう。

その上で、「自身も優秀と思い、客観的に見ても優秀と思われる人材」を採用することが出来れば、人事として申し分のない仕事が出来たといえるのではないでしょうか。では、自分自身から見ても客観的に見ても優秀な人材の共通点をご紹介していきます。

【関連】求める人物像を定めるためのポイント/BizHint

優秀な人材の見分け方・共通点

仕事が出来る人は優秀な人材である、とよく言われますが、そのような貴社の中でもひときわ目立ち多くの実績を上げていく人材とはどのようなものなのでしょうか。

「優秀な人材」といわれる人たちには多くの共通点が存在しています。その共通点をいくつも持ち合わせている人ほどより良い人材であると識別できます。

この動画もあなたにオススメ