はじめての方はご登録ください(無料)会員登録
search

2019年9月9日(月)更新

内定者フォロー 事例

内定者フォローは、内定辞退や早期離職の防止、早期戦力化など数多くの効果を企業にもたらす重要な施策です。近年、「売り手市場」と言われて久しい新卒採用と、深刻化する人手不足、複雑化するビジネス環境など様々な背景の中、ますますその重要性は増していると言えます。当記事では、11の具体的な内定者フォロー施策と、その目的や策定ポイント、内定辞退者の減少を目指し実際の企業が行なった内定者フォローの5つの事例について分かりやすく解説します。

内定者フォロー 事例 に関するビジネス事例や製品の情報を受取る

「内定者フォロー」について、内定者が実際に何を求めているのか、また具体的にどのように進めれば良いのかについては、以下の記事を参考にしてください。
【関連】内定者フォロー、正しくできていますか?内定辞退を減らす方法とは/BizHint

内定者フォロー施策11選

内定者フォロー施策の具体例について、概要や目的、ポイントについて詳しく見ていきます。それぞれの特徴を把握し、自社の内定者フォローの目的に合わせて活用してください。

1.内定式

内定式では、内定授与式や、社長・人事部長の挨拶、事業内容の説明などが行われます。そのほかに内定者懇親会や、先輩社員への質問会、内定者研修など各企業の目的に合わせたプログラムが用意されています。

目的

企業側が「内定通知書」を交付し、内定者が「内定承諾書」を提出して企業と内定者の最終意思を確認することが目的です。

ポイント

  • 社長をはじめ役員や人事、先輩社員などの話を聞いたり、交流を通して企業理解が深まることで、入社意識が高まり不安の払拭に繋がります。
  • 内定者同士の懇親が深まることで、モチベーションアップや入社への期待感が高まります。
  • 内定式に出席することで入社することの実感が湧き、「これならやっていけそう」という安心感が入社意思を固め、入社に向けて前向きな向上心が芽生えるきっかけになります。

2.懇談会

懇親会と呼ばれることもありますが、どちらも意味合いは同じです。内定者懇談会では、内定者同士の交流を通して懇親を深めます。その他、人事担当者から企業や仕事の理解を深めるための講話や職場見学会、テーマを決めてのグループディスカッションなど、各企業の目的に合わせてプログラムが組まれます。

目的

内定者同士や先輩社員が直接コミュニケーションをとる中で、内定者が持つ不安や疑問を解決し、入社意思を固めもらうことが主な目的です。

ポイント

  • 内定者が抱える様々な疑問や不安に答える先輩社員は、部署、性別、年齢など幅広い人選で対応しましょう。
  • 相談してきた内定者に不信感を抱かせないよう、先輩社員は会社のありのままの姿を適切に伝える姿勢で向き合うことが大切です。
  • 内定者のグループ分けは志望度の高い者と低い者を組み合わせると、互いにフォローしあってグループ全体の入社意識を高める効果があります。

3.定期的な連絡、面談

定期的に連絡を取りあったり、面談をしたりして内定者をフォローします。出身大学や出身地、希望職種が同じで社歴が3~5年の先輩社員や、顔の分かる人事担当をメンターとしてアサインすると、学生との関係を深めやすいでしょう。

目的

内定者の企業理解を深め、社会人生活、人間関係、仕事やキャリアなどの不安や疑問を払拭すると同時に、内定者の志向性を確認しながら配属先決定に役立てることが主な目的です。

ポイント

  • 内定者に心を開いてもらうためには、担当者と内定者の信頼関係を築くことが大切です。そのためには就活経験者として悩みや不安の相談に乗るというスタンスで内定者と向き合い、価値観や経験、考え方などを自己開示していきましょう。
  • 連絡頻度は少なすぎると内定者は不安になり、多すぎると心理的負担になるので、適度にやり取りする配慮が必要です。
  • メンターは内定者からみて年齢が近く共通点がある人にすると、相談しやすいメリットがあります。
  • メンター制度を内定者フォローに活用する場合、採用担当者はメンター役の社員に制度の説明や内定者についての情報を共有し、定期的に両者をサポートしながら内定者とメンターの良好な関係構築をサポートしましょう。

4.メールマガジン

企業に関する様々な情報を、内定者全員に一括で配信します。内定者は自分の好きなタイミングで何度でも確認できるため、企業理解を十分に深めることが可能です。コンテンツの一例として以下のようなものが挙げられます。

  • 社内報からの抜粋記事
  • 社内イベントの様子や参加者の感想
  • 内定者同士の自己紹介や近況報告
  • 入社に向けた上司や先輩社員からのアドバイス
  • 内定者の疑問に応える質問コーナー

目的

企業の日常風景や既存社員の声をコンテンツに含めることで会社のリアルな姿を伝え、内定者と定期的な接触を図るとともに、内定者が抱えている様々な不安や疑問を払拭することが主な目的です。

ポイント

  • 初回配信時に今後の配信ペースやコンテンツ内容について記載しておくことで、メールマガジンに対する興味関心や開封率を高めることができるでしょう。
  • 配信頻度を高め過ぎたり、人材育成系の内容に偏るなど、押し付けがましいものにならないように注意しましょう。
  • 給与体系や福利厚生など踏み込んだ内容についても曖昧な表現は使用せず、企業の現況を伝えることを意識しながら内定者の不安や疑問に対して真正面から向き合うことが大切です。

5.職場見学

入社後に配属予定の職場見学を行います。先輩社員が同行して説明したり、内定者からの質問に答えます。また、テーマを決めてグループワークとして職場体験を実施する企業もあります。

目的

企業や業務内容についての理解を深めることで、仕事に対する不安や疑問の払拭に役立つほか、配属後のギャップを軽減して早期離職を防ぐことが主な目的です。

ポイント

  • ただの見学会にならないように、同行する社員が積極的にコミュニケーションを取って内定者が質問しやすいよう配慮することが大切です。
  • あらかじめ決めたテーマについて、職場見学後にグループディスカッションをしてその内容をレポートにまとめて提出してもらうなど、仕事への理解を深める工夫をするといいでしょう。

6.社内イベントへの参加

忘年会や新年会、社内のスポーツ大会、クリスマスパーティなどに内定者を招待します。自主参加にして内定者が気楽に参加できるようにします。

目的

社風や社内の雰囲気について知ってもらうことで、人間関係や職場にまつわる不安を解消してもらうことが主な目的です。

ポイント

  • 招待し、歓迎ムードで迎えることで、企業が内定者を大切にしていることを伝えます。
  • 自主参加にすることで、参加を強制しないスタンスにしましょう。
  • イベントを通して社員と交流することは、内定者が気楽な気持ちで会社の雰囲気を感じることができるため、企業への信頼感やモチベーションが高まります。

7.社内報の送付

社内報や会社案内、社史、PR 誌など、クライアント用に用意されたパンフレットを活用して内定者の企業理解に役立つ情報をピックアップして送付します。

目的

内定者に対して企業理念や事業内容、業務内容の理解を促進することが主な目的です。

ポイント

  • 送付する資料は、内定者の企業への理解を深める内容であるかを検討した上で送りましょう。
  • 定期的に社内報を送付することで、内定者を大切な人材と捉えていることを伝えられるほか、内定者のモチベーション維持に繋がります。

8.SNSの活用

内定者がコミュニケーションツールとして慣れ親しんでいるSNSを、内定者フォローや企業からの連絡、イベントスケジュールの共有などに活用します。

LINEやFacebookなどの大手SNSを利用する場合と、企業内の社員のみで運用する社内SNSの、大きく二種類があります。

目的

企業と内定者、内定者同士、両方の関係性を深めることが主な目的です。

ポイント

  • 内定者フォローSNSサービスを活用することで、コミュニケーションの促進や企業の情報提供で不安を取り除き理解を深めることができます。
  • やり取りを通して内定者の心理的状況を把握しやすく、効率的にフォローができます。 内定者フォローSNSにはコミュニケーションだけでなく、eラーニングや研修機能を備えたサービスもあり、コスト削減が可能です。
  • LINEやFacebookでは仕事とプライベートを分けたい内定者にとって抵抗があるだけでなく、設定ミスで誰でも情報が見られたり、投稿先を間違えて機密情報が漏れてしまったりなど、情報漏えいのリスクがあるため、管理、運営には注意が必要です。

【関連】内定者フォローSNS総まとめ!/BizHint

9.内定者研修・勉強会

集合研修でのグループワークや合宿、eラーニングや通信教育、課題図書の配布などを活用して研修を行います。内定者の要望が高いフォローの1つでもあります。

目的

入社後の導入研修の軽減や仕事のスタートアップに役立てることが主な目的です。

ポイント

  • ビジネスマナーや基本的なビジネススキル、専門知識や語学など各企業の研修目的に合わせてプログラムを組むことが大切です。
  • eラーニングは、スマホやパソコンを使っていつでもどこでも学習できるため内定者が取り組みやすく、さらに達成状況を画面上で確認できるため、進捗が遅い内定者へフォローできるなどのメリットがあります。
  • 課題図書の配布は、特に企業の代表が本を出版している場合に多く行われます。配布のみのほか、学生にレポートを作成、提出させる場合もあります。企業理念や文化の理解、社内で重視される仕事術の共有に加え、内定者との共通言語づくりにも有効な方法です。
  • 集合研修では内定者同士の相互理解が進むため、入社に向けてのモチベーションを高める効果が期待できます。
  • 合宿は日常とは異なる空間と多くの時間を共有して研修を実施するため高い効果を生みます。しかしコストや手間がかかるため、内定者フォローの目的や予算などをあらかじめ検討する必要があります。

【関連】内定者研修の重要性とは?入れるべき内容、設計方法と成功ポイントまで徹底解説/BizHint

10.先輩社員へのインタビュー

先輩社員に対してあらかじめ決めたテーマや質問事項についてインタビューします。

目的

社風や仕事のやりがい、人間関係など内定者が抱える不安の解消に役立てることが主な目的です。

ポイント

  • 懇親会と比べて目的が絞られているため、内定者が質問しやすいメリットがあります。
  • インタビューした内容をレポートにまとめて提出してもらう場合、取材した内容を整理してまとめ、文章化することでより深い理解を促せます。
  • 来年度の新卒採用時の資料として活用するなど、目的を持たせてインタビューしてもらうことで、内定者が意欲的に取り組むことができます。

11.アルバイト・インターンシップ

1日~1,2週間程度の一定期間、実際の職場で働いて仕事をする就業体験を行います。

目的

主な目的は2つあります。1つ目は、就業体験を通して必要なビジネススキルが分かり自発的なスキルアップを促し、キャリアビジョンを持つきっかけとなること。2つ目は、内定者の個性や適性を見ることで配属先決定に役立てることです。

ポイント

  • 卒業前の学生期間であることを考慮し、内定者の負担になりすぎず、参加しやすい内容に工夫しましょう。
  • 業務の流れが分かるようひと通り経験してもらい、その中から本人の意向も考慮して業務を決定すると研修効果が期待できます。

【関連】インターンシップの意味とは?実施の目的やメリットをご紹介/BizHint
【関連】1dayインターンシップを企業が導入する意味と内容/BizHint

内定者フォロー施策の策定ポイント

内定者フォロー施策を策定する上で重要なことは、企業と内定者の双方にとって価値のある施策にすることです。ここでは、策定にあたって注意したい具体的なポイントをご紹介します。

内定者との相互理解を深める

内定者は皆、入社に向けて何かしらの不安や悩みを抱えています。例えばマイナビの調査では、「入社までに内々定者フォロー・研修を希望する」と答えた74%の学生が、その理由として以下の点を挙げています。

  • 内々定者同士の人間関係を深めたい …60.7%
  • 入社予定先の職場の雰囲気を知りたい …52.4%
  • 入社後の仕事内容について深く知りたい …48.9%
  • 社会人として必要な知識やスキル、マナーを身に付けたい …37.6%
  • 先輩社員や人事担当者との人間関係を深めたい …35.2%

内定者は「内定者同士・先輩社員・人事担当者などとの人間関係」「職場の雰囲気」「仕事内容」「社会人としての知識」などにについて、不安や悩みを抱えやすい事が分かります。

ただしこれはあくまで一例であり、自社の内定者が実際に何を思っているのかは分かりません。

まずは、事前の面談や、研修時、懇談会時などにコミュニケーションをとるなどして、自社と内定者の「価値観のすり合わせ」を行いましょう。学生の思い描いているキャリアや、やってみたい仕事などをざっくばらんにヒアリングし、企業側もその内定者に期待している事や、内定者が知りたいと思っている事(社風や詳しい仕事内容など)などについて可能な範囲で情報提供します。そうして相互理解を深めることにより、入社後ギャップを防いだり、結果的にエンゲージメントを高めることにもなるでしょう。

【出典】2020年卒 マイナビ学生就職モニター調査 7月の活動状況/マイナビ

内定者が抱える悩みや不安に合った施策を選ぶ

内定者との相互理解の推進で、実際に内定者の不安を知ることができたら、それを解消するための具体的な施策を模索することが重要です。そのためには、それぞれの悩みや不安に対してどのような内定者フォロー施策が有効であるかを知っておく必要があります。全ての問題を適切に解決へと導くことで、内定ブルーや内定辞退者を大幅に減少させることができるでしょう。

【一例】

  • 人間関係に関する悩み・不安
    …内定式や懇談会、社内イベントといった集団交流だけでなく、面談やSNSを活用した個人交流など、様々なスタイルの交流機会を設ける
  • 内定先企業に関する悩み・不安
    …メールマガジンや社内報、SNSを用いた情報発信施策、懇談会や職場見学、先輩へのインタビューなどの情報共有施策を上手く組み合わせる
  • キャリア形成に関する悩み・不安
    …職場見学やアルバイト、インターンシップを通じて現場の実態を正しく伝え、定期的な連絡や面談、SNSによる交流を通じてキャリアプラン形成を支援
  • 知識やスキル、マナーに関する悩み・不安
    …内定者研修や勉強会を行いつつ、個人面談などの際に進捗状況の共有やサポートを行う

時期に合わせてフォロー内容を変える

内定者の心理状況は、取り巻く周辺環境や入社までの残り期間によって大きく変化します。そのため、企業は内定者との距離感や接触頻度、内容などそれぞれのタイミングに適した内定者フォローを実施する必要があります。

選考後、内々定をもらい内定が出るまでの期間

1社に絞り切れていない学生も多く、内定を受けることを迷っている時期です。採用活動を終えていいのか悩み、「納得するまで就職活動を続けたい」と、秋採用や通年採用を実施している企業の会社説明会に改めて参加し始める学生もいます。

この時期は対面や電話などの直接的なフォローや、メールなどITツールを活用した間接的なつながりなど、適度な距離感を保ちながら悩みを解消できる情報を開示して、内定承諾の意思決定ができる判断材料を提供することが大切です。

内定から内定式までの期間

承諾はしたものの、自分の決断に対して悩みや不安で気持ちが揺れ動く、内定辞退が1番起こりやすい時期です。

そのため、定期的な連絡や面談を行い、内定者の気持ちを受け止めて共感を示しながら、面談者も自己開示をして内定者との信頼関係を築きましょう。 適切な情報を開示しながら内定者の悩みや不安を取り除き、意思決定の後押しをすることが大切です。

内定式から入社直前までの期間

入社の意思も固まり、内定辞退者は減っていきます。この時期は、社会人マナーや仕事の基本となるスキルを学ぶための研修や勉強会を開催して、入社に向けてモチベーションを高めていくことが必要です。

また、入社直前の時期は単位の取得が危うく卒業できない可能性がある学生向けに、相談室を設ける企業もあります。

スマホアプリや動画の活用も有効

近年の学生は、既にデジタルネイティブ世代。主なコミュニケーション手段はメールや電話ではなく、そもそもSNSからスタートしたという人も多いでしょう。そんな中、これまでの手法で学生に連絡を取っていたのでは、情報が見落とされたり、悪い印象を与えるなどの懸念点もあります。

そのため、近年では「内定者フォローSNS」とも呼ばれるスマホアプリや、内定者に向けた動画配信など、学生のニーズに合ったツールを使ってコミュニケーションをとる企業が増えています。

スマホアプリ(内定者フォローSNS)は、主に内定者と人事担当者との連絡や、先輩社員や内定者同士のコミュニケーション、また、懇親会や研修、その他スケジュール管理に活用できます。スムーズにコミュニケーションが取れることで、内定者との距離を縮めることもできるでしょう。

また、動画については、例えば社風を伝えるべく社内の施設などを紹介したり、先輩の実際の仕事風景やメッセージ、研修や懇親会などの自身が参加したイベントの動画など、様々なコンテンツを定期的に内定者へ配信。現代の学生に親和性の高い「動画」を使う事により、より効果的に自社理解を促す事ができます。

【関連】内定者フォローSNS総まとめ!/BizHint

企業が求めるものと内定者が求めるものを明確にし、施策のズレを減らす

多くの企業は早期離職の防止や早期戦力化などの効果を期待して内定者フォローを実施しています。しかし、内定者が内定者フォローを通じて求めているものを正しく理解し、提供しなければ企業側が望んでいる効果を得ることはできません。施策を複合的に推進することで、内定者のニーズとのズレを最小化するよう努めましょう。

以下は、2017年に株式会社ディスコが実施したアンケート調査の結果です。内定者が実際に受けたフォローと、入社意欲の向上に貢献した施策は、必ずしも一致しないことが読み取れます。

【出典】調査データで見る”内定者フォロー”2017/キャリタスリサーチ

過半数が社員との懇親会や内定式、社内や施設などの見学会、人事担当者との懇親会に参加することによって入社意欲が高まったと回答しています。逆に、定期的な連絡は入社意欲の向上への効果はそこまで高くないのかもしれません。ただし、最低限の情報提供や連絡は重要なので、適切な内容や頻度を検討するといいでしょう。

内定者フォローの企業事例

それでは、実際に行われている内定者フォローの企業事例をご紹介します。

株式会社メルカリ

ユニークな人事施策で常に話題を呼んでいる、フリマアプリ提供の「メルカリ」。2018年より内定者も対象となる、給与や評価、スキルアップ支援などに関する新しい人事制度を立ち上げました。

まず、世界各国で最新のサービスなどを体感するための出張費用の負担や、英語・中国語の習得のための語学留学の費用負担制度がスタート。社内研修や集合研修にとどまらず、海外への出張や留学をサポートするのは、非常に珍しいケースであると言えます。そもそも内定者を「プロフェッショナル」として扱い、インターン・大学での研究など様々な側面から評価し、そのスキルや経験に対して適正な年収を提示します。

これまで一般的だった「一律の初任給」に一石を投じ、「誰でも最速にスキルアップして評価される仕組み」を構築したメルカリ。内定辞退の防止だけでなく、新卒社員の早期戦力化などにも効果的な施策を打ち出しています。

【参考】メルカリ、新卒新入社員向け人事制度『Mergrads(メルグラッズ)』導入 〜個人の能力や経験に応じたオファーを提示、内定者向けにインプットを支援し、内定期間中の昇給も〜/株式会社メルカリ

サイボウズ株式会社

サイボウズでの内定者フォローは、「内定者懇親会」、「会社参観日」といったイベントの他に、自社のグループウェアを活用して人事と内定者とのコミュニケーションが活発に行なわれていました。

特にユニークなのは「会社参観日」。実際に入社予定である内定者だけでなく、その保護者も参加する会社説明会です。保護者に向け、社長・副社長から改めて会社の説明を行ったり、社員が働いている様子を見る事もできます。内定者だけでなく、その保護者の会社への理解が深まることにより、内定者の入社への心の準備が整うだけでなく、「家族も大切にする会社」というイメージを醸成することができ、エンゲージメント強化にも繋がります。

【参考】【必見!】新人による、新人インタビュー ~サポート編~/サイボウズ株式会社

MHソリューションズ株式会社

MHソリューションズ株式会社では、内定辞退者が多く出た翌年からSNSと教育機能を搭載したスマホアプリを導入し、内定者の教育研修とコミュニケーションのためのツールとして活用しています。

学習の進捗状況がランキング形式で表示されるので内定者同士のライバル意識を刺激するほか、タイムライン投稿では会社からのお知らせや内定者同士のコミュニケーションが活性化したことで同期としての仲間意識も芽生えました。これらが功を奏して内定辞退を大幅に削減することができたそうです。

【参考】教育もコミュニケーションも図れる 内定者フォローツール/株式会社ラーニングエージェンシー

株式会社武蔵野

中小企業向けのコンサルティングサービスを提供している株式会社武蔵野では、内定者の母親が、内定者に対し入社をやめるよう苦言を呈していたそうです。

そこで、株式会社武蔵野の社長は、当期の経営計画書と、その前期の経営計画書の配付先一覧をコピーしてその内定者に渡しました。その2組の経営計画書を見れば、利益計画や要員計画、期を跨いでの退職者の有無がわかります。結果として、その母親も考えを一変。武蔵野への入社を薦めることになりました。

このエピソードからは、内定辞退は本人だけではなく親も原因となりうること、経営計画書のように会社の方向性を伝えられるツールの重要性、企業の代表自ら内定者の不安に寄り添う姿勢の大切さを学ぶことができます。

【参考】いま”内定辞退ゼロ”の中小企業の裏ワザ/プレジデントオンライン

GMOペパボ株式会社

印象に残る内定式を演出することで、入社意欲の情勢や不安の払拭など、様々なプラスの効果を生み出すことができます。

GMOペパボ株式会社は、企業理念である「もっとおもしろくできる」を体現し、内定者に喜んでもらうため、ユニークな内定式を開催することで有名です。運動会やボーイスカウト風など、毎年コンセプトを変えた内定式を開いています。2017年の内定式では、「不思議の国のアリス」をイメージし、社長自らコスプレをするなど、個性あふれる会が開催されました。

このような内定式を経験した学生が入社し、またユニークな内定式を企画し、次年度以降の内定者を迎えることになります。内定式の企画と開催が、企業文化の継承や愛着の形成にも貢献しているように思えます。

【参考】GMOペパボの内定式に潜入!そこは不思議の国だった!?/採用アカデミー

まとめ

  • 内定者フォローは多くの手法があり、目的や導入ポイントも様々である。それぞれの特性を理解し、自社の内定者フォローの目的と照らし合わせ、最適な手法を選ぶ必要があります。
  • 内定者の抱えている悩みや不安、時期により異なる心理状況に配慮しながら施策を選定することで、内定者フォロー施策策定の戦略性を最大限にまで高められます。
  • 企業事例は、様々な企業規模や業種でも解決したい大きな目標は概ね同じであり、その姿勢やアイデアは学べることが多くあります。

注目のビジネス事例トピックを、逃さずチェック。

大手やベンチャー含め計190,000人以上の会員が利用しています。

BizHint の会員になるとできること

  • 事業運営のキーワードが把握できる
  • 課題解決の事例や資料が読める
  • 厳選されたニュースが毎日届く
  • アプリで効率的に情報収集できる
いますぐ無料会員登録

内定者フォロー 事例の関連コンテンツ

内定者フォロー 事例に関連する課題の解決策

提供:BizHint EXPOの詳細はこちら

内定者フォロー 事例の関連キーワードをフォロー

をクリックすると、キーワードをフォローすることができます。

キーワードフォローの使い方

ビジネス事例や製品の情報を受取る

フォローしたキーワードの最新トピックをトップページに表示します。 フォローはでいつでも変更することができます。
フォローを管理する

目次