close

はじめての方はご登録ください(無料)

メニュー

BizHint について

カテゴリ

最新情報はニュースレター・SNSで配信中

逆求人

2020年2月17日(月)更新

逆求人とは、企業が就活サイト等に掲載している募集に対して、学生が応募する一般的なスタイルとは逆で、学生が「逆求人型就活サイト」などに自己アピールを掲載し、それに対して企業側がアプローチするという、いわば「新卒版ダイレクト・リクルーティング」とも言える新卒採用の新たな手法です。今回は、この逆求人についてご紹介します。

1.逆求人とは

これまでの新卒採用では、企業が就活サイトなどに募集を出し、それに対して学生が応募するというスタイルが一般的でした。しかし逆求人では、学生が逆求人型就活サイトや逆求人イベント等で自己アピールし、それに興味を持った企業が学生にダイレクトにアプローチするという手法です。いわば、新卒版のダイレクト・リクルーティングとも言える新しい就活スタイルです。

特に、就職する企業を知名度や労働条件などではなく、「自身のやりたい事が実現できるか」「自身のスキルを活かせるか」という視点で選ぶ意欲的な学生と、規模は小さくても採用意欲の高い中小企業やベンチャー企業とのマッチングに適している手法であると言われています。

【関連】「ダイレクトリクルーティング」とは?国内サービス総まとめ【2019年最新版】/BizHint

2.逆求人が注目される背景

逆求人が注目される背景についてご紹介します。

人材不足等の理由から、新卒採用が厳しくなっている

少子高齢化により人材不足は深刻化しています。それに伴って企業側の就職活動における満足度も、量・質ともに低下しています。

株式会社リクルートキャリアの調査によると、2017年の新卒採用活動の「採用数の計画に対する充足状況」について、「計画より若干少ない」「計画よりかなり少ない」が50.2%と半数を占めています。また「計画通り」の採用が叶った企業も33.2%と年々低下しています。

この動画もあなたにオススメ