close

はじめての方はご登録ください(無料)

メニュー

BizHint について

カテゴリ

最新情報はニュースレター・SNSで配信中

連載:第2回 「幸福経営」の先駆者ネッツトヨタ南国 「社員が幸せだから業績が上がる」

社長の器以上に会社は成長しない。ではどうするか?

BizHint 編集部 2022年9月1日(木)掲載
メインビジュアル

「人財の質」が会社の盛衰を左右すると言われます。では、いい会社にするには、どういう採用をすればいいのか。ネッツトヨタ南国創業オーナーの横田英毅相談役は、自分よりもレベルの高い人財を採用すれば、その人たちが会社を発展へと導いてくれる、と考えました。ところが、自動車ディーラー業界は学生の不人気業種の一つ。それを克服するために、自ら採用を担当し、同業他社の5倍以上の費用と3倍以上の労力をかけて、「学生に選んでもらう」道筋をつくりあげたのです。横田英毅相談役と、相談役が社長時代に採用した伊藤俊人社長(写真下)、採用スタッフの方に、独自の採用戦略について話を聞きました。

メインビジュアル

ネッツトヨタ南国相談役/ビスタワークス研究所顧問
横田英毅(よこた ひでき)さん
1943年生まれ。日本大学理工学部卒業後、カルフォニアシティカレッジに留学。西山グループ系列の宇治電化学工業、四国車体工業を経て、1980年トヨタビスタ高知発足と同時に副社長に就任、87年代表取締役社長。2007年代表取締役会長、10年取締役相談役。愛媛トヨタ自動車の代表取締役も務める。著書『会社の目的は利益じゃない』。また、横田さんの経営哲学を解説した著書に『「教えないから人が育つ」横田英毅のリーダー学』(天外伺朗著)がある。

ネッツトヨタ南国代表取締役社長
伊藤俊人(いとう としひと)さん
立命館大学法学部卒業。1988年トヨタビスタ高知(2004年ネッツトヨタ南国に改称)入社。営業担当(中古車営業、その後新車営業)として経歴を重ねる。2005年にネッツトヨタ南国初の営業所「あさくら太陽店」の店長に就任。2013年取締役、2016年常務取締役、2017年より代表取締役社長。


社長の器以上に会社は成長しない。ではどうするか?

――「企業は人なり」とも、「人財が会社の盛衰を左右する」、とも言われます。横田相談役は、社長時代自ら採用を担当し、新卒の人材採用には力を入れて取り組んできました。多くの時間と労力をかけています。まずはその経緯について聞かせてください。

横田英毅さん(以下、横田): 西山グループというオーナー家の一員だったことから、トヨタビスタ高知を創業するにあたり、トップの座(当初は副社長)に就きました。しかし、ディーラーの経験もない、経営者としてずば抜けた能力もない、そんな私がどうすれば、いい会社がつくれるのだろうか、と思いを巡らしたのが事の始まりです。そんなときに 「社長の器以上に会社は成長しない」という話を聞いて、その通りだと思いました。

では、どうすればいいか。

この記事についてコメント({{ getTotalCommentCount() }})

close

{{selectedUser.name}}

{{selectedUser.company_name}} {{selectedUser.position_name}}

{{selectedUser.comment}}

{{selectedUser.introduction}}

この動画もあなたにオススメ