close

はじめての方はご登録ください(無料)

メニュー

BizHint について

カテゴリ

最新情報はニュースレター・SNSで配信中

業務効率化

2019年6月26日(水)更新

業務効率化とは、会社の仕事を進めるためのプロセスから無駄なものを省き、よりスムーズに業務ができるような状態にすることで、生産性を高めていく作業のことです。今回は、業務効率化の定義やその目的、実施によるメリットや生産性向上との違いについて解説をします。また、業務効率化の進め方や実施した企業の成功事例についても紹介します。

業務効率化とは

業務効率化とは、その名の通り既存の業務をより効率的に実施するため、業務の「ムリ」「ムダ」「ムラ」を省くことで、時間的・費用的なコスト削減を目指すことです。

具体的には、

  • ムリ:仕事量やスケジュール など
  • ムダ:必要以上に時間をかけてしまっていたり、本来必要のない業務 など
  • ムラ:一定の人や部署のみに負荷にかかっている業務、閑散期と繁忙期 など

このようなものを改善していくことが業務効率化へつながります。

経営資源や時間には限りがあります。その限られた状況の中で企業は高いパフォーマンスを出し、業績につなげていかなければなりません。そのためには、指揮を執る経営者から現場に携わる従業員までが一丸となり、業務効率化を実施することが必要不可欠です。

業務効率化に取り組むメリット

業務効率化を実施することは、会社にとってさまざまなメリットがあります。しかも、経営者側、従業員側がともに恩恵を受けることができます。具体的には、次のような内容です。

コスト削減

一番わかりやすいものとして「コスト削減」が挙げられます。作業時間を短縮することで人件費が削減され、その分は企業の利益に直結します。

この動画もあなたにオススメ