close

はじめての方はご登録ください(無料)

メニュー

BizHint について

カテゴリ

最新情報はニュースレター・SNSで配信中

在庫管理

2020年4月30日(木)更新

在庫管理とは、必要な資材を、必要なときに、必要な量を、必要な場所へ供給できるように、各種品目の在庫を好ましい水準に維持するための諸活動と定義されています(JISZ8141)。適切に在庫管理を行う事により、管理費や物流コストの現象、生産性の向上など様々なメリットがあります。今回はこの在庫管理の重要性や在庫管理で陥りがちな課題、適切な在庫管理のポイント、そして近年注目されている「在庫管理システム」の詳細と、企業規模別にマッチするシステムについて詳しくご紹介します。

在庫管理とは

在庫管理とは、JIS規格(JISZ8141)の定義によると「必要な資材を、必要なときに、必要な量を、必要な場所へ供給できるように、各種品目の在庫を好ましい水準に維持するための諸活動」とされています。

このように在庫管理といえば、保有している現品を適正に管理することをイメージしやすいですが、その本質は、在庫の形で先に支出した資金を期待した利益を上乗せして効率的に回収するための一連の管理プロセスを意味します。

狭義の在庫管理は、商品などの入庫業務以降の保管や運搬などの管理業務を意味しますが、広義では、入庫業務前の業務であるの需給予測、仕入先への発注等の業務プロセスを含めて管理の対象とします。

この記事では、主に狭義の在庫管理についてご紹介します。

【出典】JIS規格詳細画面(JISZ8141)/日本産業標準調査会

在庫とは

在庫とは「品物が倉庫などにあること」また「原材料・仕掛品・製品などが企業に保有されていること」という意味の言葉です。

つまり在庫は「既に支出し、現金化を待っている資産」なのです。

在庫の種類は業種によって種類や形態が異なりますが、お客様に販売できる価値を有した「完成品」と価値を創成中の「未完成品」の2つに大別できます。

この動画もあなたにオススメ