close

はじめての方はご登録ください(無料)

メニュー

BizHint について

カテゴリ

最新情報はニュースレター・SNSで配信中

HRテック

2020年7月1日(水)更新

「HRテック(HR Tech)」とはテクノロジーの活用によって人材育成や採用活動、人事評価などの人事領域の業務の改善を行うソリューション群を指す言葉で、HR(Human Resources)とテクノロジー(Technology)を組み合わせた造語です。スタートアップ企業が市場の成長を牽引しており、アメリカでは数十億円規模の資金調達に成功する企業も数多く現れるなど注目の集まっている分野です。

~この記事でわかること~

  1. HRテックが世界中で注目されている理由
  2. HRテックが現場でどのような業務効率化や変化をもたらしているのか
  3. これからの人事担当者が経営の戦略パートナー「戦略人事」が担うべき役割

HRテックの定義

金融とテクノロジーを掛け合わせたFinTech(フィンテック)、教育とテクノロジーを組み合わせたEdTech(エドテック)のように、この数年で「○○テック」と冠したサービスが著しい発展を遂げています。

この背景には、古くからある領域に規制や常識にとらわれずにテクノロジーを応用し、新たな価値をもたらそうとする考え方があり、これは人事領域でのテクノロジー活用「 HRテック 」も同様です。

HRテックとは、 クラウドや人工知能(AI)、ビッグデータ解析といった先端テクノロジーを駆使し、採用・育成・評価・配置など人事業務の効率化と質の向上を目指すサービス全般 を指します。

カバーする領域は、給与計算などの労務処理の効率化や業務改善から、採用管理、従業員情報の一元管理と分析によって、戦略的な人材育成と配置を実現しようとするタレントマネジメントなど、多岐にわたります。

今までの人事システムとの違い

人事業務の効率化を狙ったツールが登場したのは、ここ最近というわけではありません。 HR領域におけるテクノロジー先進国 アメリカを筆頭に、 SAPOracle といった大手のベンダーが提供する大企業向け 人事管理システム(HRMS) は一定の市民権を得ていました。

それらに比べ、HRテックは ビッグデータAIクラウド といった最先端技術を活用している点が特徴です。少し前の人事システムと比べ、初期コストを抑えられるのも大きな利点でしょう。

この動画もあなたにオススメ