close

はじめての方はご登録ください(無料)

メニュー

BizHint について

カテゴリ

最新情報はニュースレター・SNSで配信中

中途採用

2019年5月13日(月)更新

日本では新卒一括採用からの育成が長い間、採用活動の中心でしたが、近年は中途採用の市場(転職市場)が急激に成長しつつあり、企業間の採用競争が激化しています。この記事では、採用計画の立て方から様々な手法による母集団形成、選考方法まで、中途採用の具体的なプロセスを詳しくご説明します。

企業の採用力が問われる時代です。

中小企業が採用戦線で苦戦を強いられがちなのは、いまに始まったことではありませんが、大手企業も中途採用へ本格的に取り組むようになった昨今、優秀な人材の確保はますます困難になっているのです。

一方で、IT環境が整ったことにより 低コストで効果的な人材採用サービス新しい採用方法 も確立されてきています。

スタートアップ、中小企業や地方企業などの 採用弱者 こそ、積極的に優秀な人材を獲得する 肉食採用 に取り組む必要があり、新しい手段は貪欲に活用すべきでしょう。

事業は人なり。人材こそ会社における最大の資産です。最近の採用市場をふまえた、ベーシックかつ戦略的な中途採用マニュアルをご紹介します。

1章 中途採用とは?

まずは中途採用の基本をおさらいしておきましょう。

新卒採用と中途採用の違い

中途採用は「新卒採用以外の、不定期におこなう人材採用」のこと。主に次の3つが該当します。

  • 若手人材……第二新卒(大学卒業後3年以内)、および、社会人経験3~5年くらい
  • 即戦力人材……社会人経験5~10年くらい
  • 管理職人材……社会人経験15年以上

この動画もあなたにオススメ