close

はじめての方はご登録ください(無料)

メニュー

BizHint について

カテゴリ

最新情報はニュースレター・SNSで配信中

採用 意味

2018年6月20日(水)更新

採用は経営資源の中で最も重要な人材の新規獲得に必要不可欠な企業活動であり、その意味を正しく理解して行う採用活動ほど効果的だといわれています。より強固な採用戦略の構築を実現させるため、様々な採用方法の種類や目的と採用に関連する用語について分かりやすく解説致します。

採用を行う意味とは?

採用は企業の将来を担う次世代リーダー候補者や困難課題達成に欠かすことのできない人物など、数々の組織戦略におけるキーパーソンを企業外から探し出して自社へと招き入れる重要度の高い企業活動です。また、求職者と組織内人材のファーストコンタクトとなる採用現場でのコミュニケーションには、組織や既存従業員とのエンゲージメント構築という大切な役割も秘められています。

【関連】エンゲージメント / BizHint HR

人材採用戦略の効果を高めるコツ

人材は成長戦略や人事戦略、人材育成戦略など全ての組織戦略の成否に直結する重要な要素です。しかし、組織力を高めてくれる人材を獲得するためには自社の現状を十分に分析し、適切な人材採用戦略を組まなければなりません。

採用活動を行う意味(理由)を明確にする

効果的な人材採用戦略を構築する上で最も大切なことは、「なぜ採用活動を行うのか」という部分を明確にすることです。

  • 企業目標や将来ビジョンと現状との差異を埋めたい
  • 目の前に立ちふさがる課題を解決してくれる力を求めている
  • 新規分野への進出に向けて関連業種における経験者のサポートが必要
  • 創業者や経営者の想いを引き継いでくれる後継者候補を探している
  • 長年勤めていたベテラン従業員の穴を埋められる即戦力を求めている

このように、企業が新規の人材を必要とする状況は数多く存在します。 現状分析から採用活動を実施する理由を明確にすることにより、今必要としている人物像が明らかとなっていくでしょう。

この動画もあなたにオススメ