close

はじめての方はご登録ください(無料)

メニュー

BizHint について

カテゴリ

最新情報はニュースレター・SNSで配信中

ポテンシャル採用

2020年1月27日(月)更新

ポテンシャル採用とは、担当する業務内容におけるスキルや経験を問わず、人材の将来性や潜在能力(ポテンシャル)を評価する採用手法のことです。本来は新卒採用もポテンシャル採用に含まれますが、近年は中途採用市場における採用スタイルとしても注目されています。この記事では、求人や選考のポイントもあわせてご紹介します。

ポテンシャル採用とは

ポテンシャル採用とは、募集している職種におけるスキルや経験を問わず、人材の将来性や潜在能力(ポテンシャル)を評価する採用手法のことです。特に中途採用や転職市場において、転職希望者向けに「未経験であっても採用対象とする」というメッセージを発信するために多く使われる言葉でもあります。

これと対になるのが、今までの経験やスキルをもとに採用される「即戦力採用」や「キャリア採用」が該当します。

【関連】中途採用とは?意味や母集団形成、面接のポイント総まとめ / BizHint

「ポテンシャル採用」が注目される理由

ポテンシャル採用が注目されている理由は大きく2つ、「若手社員不足」と「人材獲得競争の激化」にあります。

就職氷河期を経て、20-30代の若手社員が不足し、社員の年齢構成がいびつになっている企業が増加してきました。このような年齢構成の歪みは、コミュニケーションミスや指揮系統機能の不全を引き起こしたり、次世代リーダー・経営幹部となる候補者の不足といった、様々な障害をもたらします。そのため、年齢構成の適正化の為に若手社員を補う必要があります。

しかし、新卒採用や即戦力採用を強化したくても、この超売り手市場と言われている現在では、採用の難易度が非常に高くなっています。

このような状況下で若手社員を確保するためには、「中途採用ではあるが未経験者を歓迎する」が有効です。

これが、大学を卒業して数年の転職者を対象にした「第二新卒」をメインターゲットにした採用や、新卒以外の未経験者でも採用、育成する「ポテンシャル採用」が注目されるようになった理由です。

この動画もあなたにオススメ