close

はじめての方はご登録ください(無料)

メニュー

BizHint について

カテゴリ

最新情報はニュースレター・SNSで配信中

リードジェネレーション

2019年12月15日(日)更新

リードジェネレーションとは、見込み客を獲得する目的で行うマーケティング活動です。リードジェネレーションにはコンテンツマーケティングや展示会への出展など、さまざまな手法がありますが、ビジネスの内容によって最適な手法は異なります。この記事では、リードジェネレーションの意味や手法ごとのメリット・デメリット、成功させる上で意識すべきポイントを徹底解説します。

リードジェネレーションとは

まずはじめに、リードジェネレーションがどのようなものかを、わかりやすく説明します。

そもそも「リード」とは?

リードジェネレーションの「リード」は、英単語の”Lead”を意味します。この単語には、「先導」や「先頭」、「手がかり」という意味があります。

そこから派生してマーケティングでは、「将来的に商品やサービスを利用してくれる可能性のある見込み客」をリードと呼んでいます。

リードジェネレーションの意味

リードジェネレーションは、前項で説明した「リード(見込み客)」と「ジェネレーション(生み出す)」を組み合わせた用語です。つまりリードジェネレーションとは、自社の商品やサービスに関心を持つ見込み客を獲得するマーケティング活動を意味します。具体的には、個人や企業のメールアドレス、電話番号といった個人情報を獲得します。こうした見込み客の情報を獲得することで、その先のマーケティングや営業活動を行い、収益化につなげていくのです。

質の高いリードを多く獲得するほど、その後の売上も増加します。そのためリードジェネレーションは、主にBtoBビジネスのマーケティングにおいて非常に重要な活動です。

リードジェネレーションから収益化までの流れ

では実際のビジネスでは、リードジェネレーションから収益化に至るまで、どのような流れを経るのでしょうか?

この動画もあなたにオススメ