close

はじめての方はご登録ください(無料)

メニュー

BizHint について

カテゴリ

最新情報はニュースレター・SNSで配信中

売上予測

2019年3月28日(木)更新

あらゆる事業を展開する上で営業活動は必ず必要であり、営業活動を展開した結果、売上を計上することになります。今後の事業戦略を立案する上で売上予測は極めて重要な活動であるものの、売上予測の計算は簡単ではありません。ここでは、売上予測の計算方法やそのポイントまで詳しく解説します。

売上予測とは

売上予測とは、文字通り今後の売上の動向を様々な角度から分析し、売上の予測を立てることです。

業種に関係なく、全ての事業を展開する上で営業活動の管理が必要となります。営業活動の結果として計上できる今後の売上を予測することは、企業として今後の事業活動を管理するために非常に重要な要素です。

経営戦略を立案するうえでの最初の一歩、それが売上予測であるともいえるのです。

しかし、精度の高い売上予測を立てることは簡単なことではありません。顧客動向や経済情勢から需要予測が必要になることもあります。また、統計的な分析も必要になるかもしれません。

売上予測の定義

売上予測とは、様々な分析値から今後の売上額の予測値を算出することと定義されます。しかし、その分析方法は多岐にわたるため、売上予測の計算方法までを定義することは出来ないことを抑えておきましょう。

例えば、売上予測の方法は業種によって異なります。

製造業の場合、売上予測を立てるうえでは製品ごとの需要を把握する必要がありますが、小売業で重視されるのはその地域における顧客ユーザの嗜好や人口動静です。また、創業時の売上予測では、市場動向から売上予測せざるを得ませんが、創業後は過去の実績を重視します。

このように、業種やその企業のライフサイクルなどによって売上予測の方法は変わるため、最適な方法を選択する必要があるのです。

この動画もあなたにオススメ