close

はじめての方はご登録ください(無料)

メニュー

BizHint について

カテゴリ

最新情報はニュースレター・SNSで配信中

デマンドジェネレーション

2019年12月12日(木)更新

デマンドジェネレーションとは、企業に収益をもたらす可能性の高い見込み客を獲得・育成するマーケティング手法です。無駄に費用をかけず効率的に見込み客を獲得できる手段ということもあり、デマンドジェネレーションを実践する企業は増加しています。この記事では、デマンドジェネレーションの意味や具体的なやり方、事例などをわかりやすく解説します。

デマンドジェネレーションとは

始めに、デマンドジェネレーションという言葉の意味や注目されている背景といった、基本的な概要について解説します。

デマンドジェネレーションの意味

デマンドジェネレーションとは、「見込み客(発注や商品・サービスを利用する可能性が高い顧客)を獲得・育成するためのマーケティング活動」を意味する用語です。おもにBtoBの業種で用いられる手法であり、案件化の可能性が高い見込み客(ホットリード)のリストを営業部門に提供する目的で行います。

「デマンド(需要)」と「ジェネレーション(創出)」が合わさっていることからわかるように、デマンドジェネレーションでは、単純に顧客を増やすのではなく、顧客のニーズに適したアプローチを行うことで需要を喚起することが重要です。

デマンドジェネレーションのプロセス

デマンドジェネレーションは、「リードジェネレーション」→「リードナーチャリング」→「リードクオリフィケーション」というプロセスで進めます。

簡単にまとめると、まず見込み客を獲得し、次にその見込み客の購買意欲を高め、最後にその中からとくに高い購買意欲を持つ顧客を選定する、というのがデマンドジェネレーションの大まかなプロセスです。

デマンドジェネレーションが注目されている背景

この動画もあなたにオススメ